平成29年度税制改正大綱が明らかに

平成29年度税制改正大綱が明らかに

本日、平成29年税制改正大綱が明らかになりました。

税制改正大綱とは、翌年度の税制改正の法案を決定するのに先立ち、与党や政府が発表する税制改正の原案のことです。
通常、毎年12月半ばに発表されます。
政府が国会に提出する税制改正法案の元になります。

法案は、この大綱にのっとって作成されるため、会計士や税理士などの専門家が、これからの税制の流れを読み、対策を打つ上で非常に重要な位置を占めています。

参考:税制改正大綱とは

「仮想通貨の消費税非課税」が明確化

税制改正大綱の序章「基本的考え方」の「4.経済活動の国際化・ICT(情報・通信技術)化への対応と租税回避の効果的な抑制」の項目に次の一文が盛り込まれています。

(3) 仮想通貨の消費税非課税化

資金決済に関する法律の改正により仮想通貨が支払の手段として位置づけられることや、諸外国における課税関係等を踏まえ、仮想通貨の取引について、消費税を非課税とする

参考:平成29年度税制改正大綱(自民党HPより)

これまでの法改正及び議論の流れ

今年5月25日、改正資金決済法成立

マネーロンダリング防止や取引者保護の観点から、それまでただの「価値記録」でしかなかった仮想通貨が、Suicaなどと同様の「支払手段」として位置づけられました。
同時に、仮想通貨の取引所については登録制が設けられることに。

ただし、この時点では、まだ仮想通貨は「資産」としての位置づけに過ぎません。
しかしながら、それまで既存の法律では規定されていなかった仮想通貨の法的取扱いが決まったことで、仮想通貨の「貨幣」としての役割が認識され、消費税非課税化の可能性が一気に高くなったのです。

なぜ「支払手段」なのに「消費税課税」なのか

「支払手段…ってことはSuicaとか金券とか商品券と一緒でしょ?
Suicaも商品券も消費税が課税されないのに、どうして仮想通貨は課税されるの?」

そういう疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

実は、法律ごとに、取扱いが異なるからです。
そして、そのために、法律による矛盾(抵触)が生じることがあります。


本来、そういった矛盾が生じないように官公庁の担当部局で調整するのが筋です。
しかし、2014年のマウントゴックスの事件や世界的な潮流から、仮想通貨に関する犯罪防止や取引者保護の必要性が急を要していました。
だからといって、税制改正のタイミングを変えることはできません。
大綱発表は毎年12月と決まっているからです。

そのために、急ぎ資金決済法を改正し、関係者の保護や犯罪防止を行ったというわけです。

今年10月、仮想通貨の消費税非課税化に向けて調整に入る

今年10月、これまでの流れを受けて、財務省と金融庁が仮想通貨の取引に係る消費税の非課税化に向けて調整のための議論に入っていることが報道により明らかとなりました。

詳しくはコチラ↓↓↓

取引者保護のために、今年春、資金決済法が改正され、仮想通貨もプリペイドカードなどと同様の支払手段として位置づけられた。しかし、仮想通貨についての法整備が行われたのは、この資金決済法のみであり、消費税法上は相変わらず「資産」として位置付けられ、8%の消費税がかかっていた。
「支払手段なのに、なぜ、プリペイドカードや外国通貨のように売買の際の消費税が非課税とならないのか」。これは、消費税の構造上にその理由がある。
消費税は、国内において事業として行われる資産の譲渡や貸付、サービスの提供について課されるのが原則だ。通常、年間売上高が1000万円を超えると、翌々年から消費税を納めなくてはならない。

関連するまとめ

ビットコインを規制する改正資金決済法が国会にて可決【2016-05-25】

ビットコインを規制する改正資金決済法が国会にて可決しました。 今回の法案の目的の中には、 犯罪や悪用…

松本のぶよし / 2002 view

仮想通貨ビットコイン来年2,000ドル以上予想|米国の債務20兆ドルが押し上げる

仮想通貨ビットコインも今朝は一度96,000円に到達していましたね。価格はまだ変動するのでしょうが、勢いがあ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10734 view

ビットコイン採掘(マイニング)が再人気? 後押しする「利益」最新

しばらく静かに休んでいたビットコインがウオーミングアップを始めたのでしょうか。採掘(マイニング)が困難になり…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1302 view

すずきまゆこ

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は最近話題のフィンテックの一環として興味を持ちました。

プラス、海外資産を含めた課税網が年々強化されていく昨今、

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのではないかと感じています。