南米ベネズエラはこの数年間、
ハイパーインフレーションの圧力に苦しんでいます。
金融封鎖封鎖とも言われ、資金の流れをつくるためにも、
マドゥロ大統領は3日、仮想通貨「ペトロ」を導入する方針を宣言しました。

当サイトで二手に分かれた視点でご紹介しております。
こちらもよろしければご覧ください。↓↓↓

南米ベネズエラのニコラス・マデューロ大統領が3日、石油、天然ガス、ダイヤモンド等のコモディティ備蓄をベースとした官製仮想通貨「ペトロ」を発行すると発表した。

上記の意味は、恐らく「仮想通貨ペトロ」は石油、ガス、ダイヤモンドなどの
天然資源に保証された仮想通貨ではないかと思われます。
それ以上の詳しいことはわかりませんが、いずれにせよ国の鉱山などの資源資産をもとに発行できえば、信用の元(保証の元)があり、
仮想通貨べトロの価値も評価される可能性があるのではないでしょうか。

ハイパーインフレに悩まされる同国では仮想通貨の発行を歓迎する声もあるが、野党は議会の承認が必要としており、実際に実施されるかは不透明だ。

大統領が「仮想通貨ペトロ」を検討する理由

2013年に就任した大統領は、政府の公式ウェブサイトに、
今回の仮想通貨ペトロは、財政の金融 ”封鎖”を
克服するのに役立つだろうと語っているといいます。
▼▼▼

今までの流れから考えると、現在長きに渡り回復できないベネズエラの
経済状況に一役かうのが今回の検討です。

もとを話せば米による経済制裁等で、
ベネズエラの通貨ボリバルは急落しています。
同国にとっては“金融封鎖”ともいえる資金流入の封鎖です。
危機的な国の経済社会の開発には、
「新しい資金調達のルート」「通貨主権」を進める為にも、
暗号化を作り出す考えを述べています。

動画

Maduro anuncia la creación del Petro, la criptomoneda de Venezuela - YouTube

出典:YouTube

ただし、まだ大統領の考えであり国で進めるのかは、これからの話合いになると思われます。

大統領の発言を報道陣に、異議立法議員のホセ・グエラ氏が、「これに未来がない」と付け加えており、野党の議員など承認していないと考えられる発言を残しているようです。

ベネズエラの危機的経済状況

ベネズエラの通貨ボリバルは、先月約57%減少し、
毎月の最低賃金を4.30ドルに引き下げたとも報告しています。

国際通貨基金(IMF)によると、ベネズエラの経済は今年12%縮小し、年間のインフレ率は来年2・3%を上回ると予想されている。

According to the International Monetary Fund, Venezuela’s economy is shrinking 12 percent this year and its annual inflation rate is expected to surpass 2,300 percent next year.

こちらが、ベネズエラの上場が時系列に確認できる写真を紹介しています。

Venezuela's hyperinflation is jaw dropping. See for yourself - Jul. 28, 2017

Venezuela's hyperinflation is jaw dropping. See for yourself - Jul. 28, 2017

ベネズエラの国民は食べるために「マイニング」を行う現状

「貧困に陥った数百万人のベネズエラ人は、1日3食を食べるのに苦労している」

“Millions of Venezuelans plunged into poverty are struggling to eat three meals a day.”

ベネズエラの一部の住民は、危機の中でお金を稼ぐために鉱業採掘に転じていることを考えると、「石油」の発表は注目すべき発展である。

The ”petro” announcement is also notable development given that some residents of Venezuela have turned to bitcoin mining in an effort to make money amid the crisis.

以前ご紹介した、ベネズエラの国民は生活をするために、
仮想通貨のマイニングを行っており飢餓を逃れる手段となっていると報告されています。

その他の構想

声明の中で、政府はまた、大学教育、科学技術のための大衆電力省と提携する「ブロックチェーン展望台」を作りたいと考えている。

https://www.coindesk.com/venezuelan-president-announces-petro-oil-backed-cryptocurrency/

一方で野党幹部は、マデューロ大統領がベネズエラが他国に負う借金を仮想通貨で返済しようとする可能性もあるとしている。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン“ブラジル”で大人気|株式よりも取引所ユーザー2倍の理由

世界中で駆け足で急ごうとしている仮想通貨への規制。国によっては取引ができないという状況にもなりかねません。し…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10469 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。