四大証券の一角だった山一証券の破綻から、24日で20年が経過した。当時の日本は山一のほか、三洋証券や北海道拓殖銀行など金融業界の相次ぐ経営破綻によって経済活動は凍りつき、市場が機能不全に陥っていた。

知らない世代もいることでしょう。
山一証券といえば大手、そして北海道拓殖銀行といえば、北海道の大手銀行であり、まさかの「破綻」は衝撃の時代を迎えたと市場が大不況にみまわれました。
中小企業は共倒れとなり、長きにわたり苦しい地方財政が続いてきました。
金融が破綻するとは誰もが想像していなかった事態でした。

学生の私はよく覚えていますが、ダイレクトに19歳から証券会社で投資を始めたころ、
山一証券の事例からも証券会社を選ぶことも慎重な時代であり、
信頼と安心の社会構図は変わったともいえる時代ではなかったでしょうか。

 危機を教訓に様々な改革が実行された。そのかいあって、20年前に比べれば日本の金融システムは確かに安定した。

しかしながら、改革の成果は期待したものには遠く、手つかずの課題も多く残る。今こそ世界の潮流も視野に、金融改革を加速させなければならない。

金融改革をしなくてはいけないと言われながら、20年が経過することになりました。
そして、現在「仮想通貨」「ブロックチェーン」が登場し、
改革をすべき時点はそこに来ていると言えると、世界は急ぎだしています。
日本の現状は後半でお伝えいたしますが、
まずは世界の動きと発言からご紹介いたします。

仮想通貨に対する世界の金融業界の動きと発言

ロシア

ロシア最大の商業銀行であるSberbankのHerman Gref氏はビットコインなどの暗号通貨を禁止にするべきではないと発言した。

ロシア最大の銀行である州のSberbank の最高経営責任者(CEO)は、仮想通貨(暗号通貨)は現代の世界の特徴であるかどうかを語っています。

一時ロシア政府は暗号通貨に対して寛大な措置を取っていたかに見えたが、独自暗号通貨の発行を視野に入れてから、一転して暗号通貨の禁止措置を検討している。

Gref氏は起業家協会の会合にて、

「バーチャル通貨は、ブロックチェーン技術の自然な成果です」と彼は語った。

「暗号通貨はブロックチェーン技術の成果である。私たちはそれらを禁止する可能性があります。暗号通貨に関与すべきではないと促すことがトレンドとなっているが、これらは私たちの生活の一部となるだろう。」と語った。

スイス

スイス国立銀行(SNB)の会長

さらに、中央銀行は、クリプトカルトが金融生態系に与える可能性のある影響を考慮する必要があると述べた。

フランスの資産運用会社TOBAM
CEO Yves Choueifaty氏は
欧州初のビットコインミューチュアルファンドを提供開始し

彼はファンドの見通しについて強気な意見を表明し、今後数年間で4億ドルもの成長を見込むと話した。

日本の金融改革の再起動「仮想通貨や新しい現実へのルールを」

20年前の橋本龍太郎内閣は山一破綻と相前後して日本版ビッグバン(金融大改革)を本格化した。ビッグバンの目的は資金仲介に市場原理を導入し、リスクマネーの流れを促すことによって経済を活性化することだった。
残念なことに、現状では資金が滞留している。個人の金融資産は20年間で1200兆円から1800兆円に増えたが、その半分程度を預貯金が占める構造に変わりない。

関連するまとめ

ウクライナ通貨価値70%喪失|リスク回避先“仮想通貨ビットコイン”ますます人気高まる

価値ある通貨が眠る時、かならず仮想通貨が登場します。またひとつの国が過去2年間でおよそ70%の価値を失ってい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6318 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。