仮想通貨「10月15日ランキング」

やはり仮想通貨ビットコインがあがっている様子です。
先週ですと49%でしたので、1週間余りで約55%まで増えてます。

ビットコインの高騰により暗号通貨市場規模が最高値付近まで上昇している。暗号通貨市場は現在時価総額 172,706,617,223 ドルで最高値の近くまで迫っている。日本円ではおよそ19兆円となる。トヨタの時価総額でおよそ22兆円だ。
As it stands, the total sum of the top ten digital currencies in the market - led by Bitcoin - makes up almost 90 percent of the entire crypto economy.

Bitcoinが率いる暗号通貨(仮想通貨)市場のトップ10の総額は全体の90%を占めています。

他の上位通貨は10%にも満たない状態となっている。

※順位も時間により変動いたしますため、
最新から動いている可能性がございますことをご承知おきください。

現在トレーダーが仮想通貨ビットコインへ流れているため、アルトコインが手薄になっている状況だとも伝えていました。今が、アルトコインの買い時ではないかと見ている投資家もいるようです。ただし、全てのアルトコインではありませんので、惑わされないようにチャートを開いて確認してほしいところです。

新規仮想通貨公開(ICO)の「用心」

……「買い手はご用心」の新規仮想通貨公開、というタイトルは、
ICOの相手先を見極めるような、いわゆる詐欺や信頼性への注意ではないようです。

新規仮想通貨公開(ICO)が「買い手はご用心」という自己責任の世界であることは最初から分かっている。それでも11日にはこの教訓を学ぶのに誰かが7万ドル(約790万円)余りという高い授業料を払った。
この投資家はエアスワップという分散型仮想通貨取引所のICOで仮想通貨を購入しようと試みた。

しかし、この投資家はエアスワップ(AirSwap)のICOに失敗したと伝えられています。
失敗したことが、なぜ分かるのかは、
ICOはイーサリアムで参加することが多いのですが、
イーサの送金はEhterscanで誰でも見ることができるのです。
※公開アドレスでICOのエアスワップへ送ったとわかりますが、成功しかなった理由は不明です。

ICOに投資できない結果となったにもかかわらず約790万円を支払い、
権利はないもないまま無情にも高額な資金が消えたことになります。

この投資家については「イーサリアムブロックチェーンのアドレス」しか分かりませんが、
↓↓↓赤い△の記しが、実行中にエラーが生じた警告がありました。

This AirSwap ICO Investor Lost $80,000 on a Failed Transaction

This AirSwap ICO Investor Lost $80,000 on a Failed Transaction

イーサスキャン上の取引記録によれば、投資家は50万8000ドル相当の仮想通貨(1700イーサ)を購入しようとしたが、結果的に236.9516イーサ、つまり7万ドル余りを失うことになった。

現在イーサの価格は上昇しているので、今で言えば8万ドル以上になるでしょう。

When ethereum transactions fail — often due to an insufficient gas amount — senders do not lose any of the tokens they were attempting to send; however, they do forfeit the transaction fee, which in this case amounted to more than $80,000.

イーサリアムのトランザクションが失敗すると
(ガスと呼ばれる手数料がギリギリだったり足りない場合に多いという)、
投資家の送信者は送信しようとしていた取引額を失うことはないといいます。
しかし、取引を実現させるために必要な数のイーサは没収されてしまいます。
このガスと言われる手数料が当時7万ドル(約790万円)だったと記録されているのです。
今の価格の8万ドルであれば、約894万円以上となります。

失敗した理由はわかりませんが、考えられることを記したページがありました。
参考:This AirSwap ICO Investor Lost $80,000 on a Failed Transaction
https://www.cryptocoinsnews.com/this-airswap-ico-investor-lost-80000-on-a-failed-transaction/

①Etherscanブロックエクスプローラは、まだ開始していないICOに参加しようとするなどで発生する可能性があるようです。
たとえば、終了間際で送金に時間がかかる場合も、ここに該当するのかもしれません。

今回のICOであるエアスワップ(AirSwap)が、ICOを終了したと発表している「約5分前」だったようなのです。

②利用可能な限りのICO(トークン)に参加しようとしていたために、
購入を実行する残りのトークンが少なすぎてトランザクションが失敗する可能性が高いようです。

関連するまとめ

仮想通貨ランキング2017.6.25|8月1日前後ビットコインは一時停止の検討も

今週は「動揺」する変動週だったような気がします。仮想通貨ビットコインの分裂に関わる問題は、とても大きな関心に…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 18677 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽