アメリカン・エキスプレス(AMEX)、リップル(Ripple)“提携”

アメリカン・エキスプレス(Amex)FXインターナショナル・ペイメント(FXIP)事業が
リップルと提携し、英国と米国間の送金が数秒でできるように
ペイリー・コリドーを開設したというニュースが発表されています。

これは、ブロックチェーンベースの決済インフラを構築しており、
リアルで追跡可能な非カード決済は早くて安全な方法だと見られています。
ブロックチェーンでインフラを行うことは、
今まで透明度を図るために必要としていた仲介数を減らすことにも繋がります。

発表によれば、プラットフォームはすでに使用されています。

Per the announcement, the platform is already being used.

さらに、スペインの銀行サンタンデールUKが、
アメックスAMEXの新たな取引を開始するために、
銀行パートナーとして選ばれました。
こうした流れは今後拡大する可能性を秘めているとも伝えられています。

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・ペイメント(FXIP)事業、エンタープライズ・ブロックチェーン・スタートアップリップル、銀行サンタンデール・UKの

Developed through a partnership between the American Express International Payments (FXIP) business, enterprise blockchain startup Ripple, and banking firm Santander UK,

パートナーシップを通じて開発されたブロックチェーンベースの決済チャネルは、国際支払いを数日から数秒に解決するのにかかる時間を短縮します。

the blockchain-based payment channel will reduce the time it takes to settle international payments from days to seconds.

関係者の声

前Swiftの取締役であったTreacherは、CoinDeskにこう語った。
Amexは支払いを要求するために銀行にSwiftメッセージを送信しなければならなかったが、今AmexはRippleとRippleの暗号を使って銀行に直接接続されており、価値の移動はすぐに起こる」

”Whereas beforehand Amex had to send Swift messaging to the banks to request the payment to happen, now Amex is connected directly to the banks using Ripple and Ripple’s cryptography, so that the movement of value happens immediately.”

AMEX CIO Marc Gordonによると、

「American Expressは新しい技術を統合した長い歴史を持っています。

“American Express has a long history of integrating new technologies.

リップルとサンタンデールとのこのコラボレーションは、ブロックチェインの旅の次の一歩を踏み出し、世界中のお金を動かす方法を進化させます。

This collaboration with Ripple and Santander represents the next step forward on our Blockchain journey, evolving the way we move money around the world.”

Ripple CEOのBrad Garlinghouse氏は、

やはりこれまで数日かかっていた送金の転送を
リアルタイムで解決していくことなどにも触れていました。

今回のことは始まりに過ぎず、このパートナーシップを成長させて、
他のアメリカンエキスプレスFXIP顧客を支援することを楽しみにしています。

と、リリースに寄与しているようです。

参考:Ripple Shoots Up After AMEX Deal And Secret US Bank Meeting
http://bitcoinist.com/ripple-shoots-amex-deal-secret-us-bank-meeting/

AMEXとRippleの発表後「Rippleの仮想通貨XRP」上昇

今回の発表は、実際にRipple(リップル)のXRPを使用して値を転送するわけではなく、Rippleのブロックチェーンを活用します。

発表には、Rippleの公開ブロックチェーンの原価であるXRPについての言及は含まれていませんが、XRPの価格はプラットフォーム流動性を提供し、取引コストをさらに削減するために統合されるとの見通しに続いて20%以上も急上昇しました。

The announcement does not include any mention of XRP — the native currency of Ripple’s public blockchain — but the XRP price nevertheless surged more than 20% following the announcement on speculation that it would later be integrated to provide platform liquidity and reduce transaction costs further.

Rippleの暗号通貨XRPを購入するオプション契約で、
競合ブロックチェーンのスタートアップR3と、合法的な戦いに入っています。
混乱していた中で、明るい話題にRipple(リップル)の仮想通貨XRPは、
発表後に昇気流に乗っていましたが、
現在は少しだけプラスのまま安定位置に戻っている様子です。

This week also saw the Blockchain outfit hold a ‘secret’ meeting with top US central bank officials in which they “explored” the potential of Blockchain technology, serving to further shore up XRP prices.

Blockchain技術の可能性を ”探究”し、
XRP価格をさらに引き上げる役割を果たす米国の
中央銀行の最高責任者との「秘密の」会合を開催した。
とも記されていますが、情報が独り歩きしているのか、
本当にプラスの発言だったのかも確実な話かどうかは分かりません。

少なくてもこの度のアメックスとの提携で、Rippleの拡大やブランディングなどには好転的な内容だと言える材料ではあるようですね。

関連するまとめ

仮想通貨RippleのXRP建てヘッジファンド設立|TechCrunchの創設者がキ…

TechCrunchの創設者マイケル・アーリントンは、仮想通貨時価総額4位であるRippleのXRP建てキャ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 27449 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。