新しい資金調達法ICOとは?

最近、ICOというまったく新しい方式が登場し、この1年間程度の間に爆発的に広がっている。

ICOとは?

開発者が独自に発行する仮想通貨であるトークン(コイン)を売却し、プロジェクトの開発費を調達する。コインを渡すので、ICO(Initial Coin Offering)とも呼ばれている。支払いはビットコインによってなされる。
これまでの資金調達との違いは、企業に相当するものが、従来の株式会社でなく、DAOとかDappと言われる自律的組織であることだ。

自律的組織によるクラウドセールとは?

自律的組織によるクラウドセールとして、これまで以下のようなものがありました。
イーサリアムが有名ですね。

①分散型公証サービスのFactom

Factomは、分散型公証サービスを提供する。ブロックチェーンを利用して、ドキュメントの存在証明、ドキュメントの更新プロセスの証明、ドキュメントの更新監査証明などを行なう。
Factomの中では、証明作業への手数料として、factoidという仮想通貨が用いられる。Factomは、これをクラウドセールした。2015年5月に終わったクラウドセールでは、2278BTCのビットコインを集めた。これは当時の価格で約6400万円に相当する。

②Ethereum

Ethereumは、Dappを動かすプラットフォームだ。Etherはそこで用いられる仮想通貨である。
重要なのは、クラウドセール後に、Etherが値上がりしたことだ。クラウドセール時より60倍まで高騰した結果、仮想通貨の時価総額ランキングで、ライトコイン、リップルを一気に抜き、2位となった。
その後も高騰し続けており、現在の時価総額は1000億円を突破し、ビットコインの6分の1程度にまで迫っている。

③Augur

Augurは予測市場だ。15年8月から10月の間にクラウドファンディングが行なわれ、520万ドル(5.2億円)相当の資金調達を行なった。

ICOでカウンターパーティリスクを回避?!

関連するまとめ

国外移住を考えている富裕層なら株ではなく仮想通貨に投資すべきたった一つの理由

年々、所得税や相続税などの税制改正により、個人への税負担が増えています。特に高所得者や資産家にとっては高い税…

すずきまゆこ / 2645 view

ビットコインは発行者なし「カレンシー通貨」仮想通貨の採掘・配当チーム分け初心者向

仮想通貨ビットコインは発行者の存在がなく採掘にて発行されていますね。仮想通貨の中には発行者が存在する通貨もあ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2111 view

アルトコインが暴騰中! 2107年注目のアルトコインとは?!

リップルの暴騰が話題となり、アルトコインに注目が集まっていますね。 話題のアルトコインについて、ビットコイン…

Rie Yamauchi / 28536 view

Rie Yamauchi

マイナンバー制度やマイナス金利の導入により、
日本の未来に、大きな不安を抱えています。
個人が資産を殖やし守っていくには、どうすれば良いのか?
色々と学んだ結果、仮想通貨が1番だと思います!

仮想通貨に関する知識やニュースなど、
有益な情報をシェアしていきます! 

Facebook・LINEもよろしくお願いします(*´︶`*)❤
気軽にメッセージ、お友達申請して下さいね♬

Facebook⇒http://rie-yamauchi.com/fb/matome/
LINE⇒@rieyamauchi