首都モスクワで開催された非公式会議にてニコライ・ニキフォロフ大臣は独自暗号通貨クリプトルーブルの発行が大統領により決定されたことを明かした。

Nikolay Nikiforov(ニコライ・ニキフォロフ)氏はロシアの通信大臣で、
彼から発表されたとロシアの現地メディアが報じています。

しかし、自国の仮想通貨の発行とともに、他への規制がかかりそうです。
他の仮想通貨は禁止、自国仮想通貨クリプトルーブルは“マイニング(採掘)”禁止、
そして、確認ができないものには「13%税」が絡む3つの約束が作られそうなのです。
また、「発行」を決定した理由も述べていました。
今回のことで、大まかなカタチが見えてきたようです。

ロシアの仮想通貨「クリプトルーブル」明らかに

ロシアの現地メディアが報じたところによると、ロシアのプーチン大統領は非公開の政府閣僚会議の中でクリプトルーブルの発行を決定したとのこと。この内容は、通信情報大臣のニコライ・ニキフォロフ氏によって明らかにされたと報じられています。

当サイトでもロシアの記事は多く発表や報じられる頻度が多い国です。
過去を見ていくと他の国同様に、仮想通貨に対して否定的な立場を示していました。
否定だ、暗黙の容認だと意見も動いている様子が伝えられてきていました。
しかし、以前より自国の仮想通貨ルーブルを発行するのではないかと憶測もとび、
最近では発行は間違いないのではないかと伝えられていました。

そして今回、正式に導入が発表されたということになるのですが、ロシアが導入する「クリプトルーブル」は、ビットコインなどの仮想通貨とは似て非なる部分がいくつもあるといいます。

普及している仮想通貨とロシア自国仮想通貨「クリプトルーブル」の違い

既存の暗号通貨とは異なり、クリプトルーブルはマイニング不可能で、ある一定量の規制された量でオープンソースなモデルとは異なることを示唆した。

ビットコインを代表とする仮想通貨は、
処理の対価として報酬となる新たな仮想通貨を入手できるようになっています。
これがマイニング(採掘)と言われていますが、クリプトルーブルは出来ないようです。
マイニングができるのは政府もしくは政府に準ずる公的機関のみができるということですが、
自国の法的な仮想通貨であれば、当然一般人が出来ないようにするでしょう。

※マイニングができるところ~報じているところにより分かれており、「政府」と伝えるところも「政府関係」としているところもあります。

The creation of the cryptoruble would not equal the legalization of bitcoin and other cryptocurrencies. Russia’s cryptocurrency should use Russian cryptography.

あくまでも「クリプトルーブルとの交換はルーブルが必要だ」と書かれていますが、

政府もしくは政府関係だけが、発行し管理するということは、
実質、もしくはいずれ、「法定暗号通貨のルーブル」と、
変わる可能性がないとも言えないのかもしれません。

さらには、でどころの証明ができない場合は課税がなされます。

関連するまとめ

日本政府も仮想通貨技術ブロックチェーンを年内実験|政府契約の入札や電子申請システムほ…

日本も政府の電子申請システムに、仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンを導入実験を年内にもはじめる意向を発…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10170 view

みずほとSBIもブロックチェーン活用実証実験!|第一弾は仮想通貨XRPのRipple…

みずほフィナンシャルグループはSBIと共同で、国際送金を大幅に短縮する開発に乗り出すと発表されました。R3コ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8418 view

VISAも仮想通貨に参入!3か国に拠点を設けることに

VISAも仮想通貨に参入!3か国に拠点を設けることに。

仮想通貨まとめ編集部 / 2246 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽