2017年の初めから、ICOは展開し、ブロックチェーンのスタートアップのための多くと不特定の人からお金を集めるポピュラーな手段になった。
一年も経たないうちに、ICOは15億ドル集め上げ、そしてEOSやBancorなどいくつかの成功したICOプロジェクトは数億ドル集めた。

ICOはスタートアップに「短期間」で資金を集めることができ、
そして公開することにより広告的な役割も兼務できるともとれるようなプッシュがあります。
実用レベルに向けて、調達後の資金流用がスムーズですし、特大級のメリットだとも受け取れます。

もちろん、人の視線も集まり「ICO」で、いわゆる稼ぐ系として個人の
投資家も増加中です。
ICOを仕掛けた側が発行するトークン(仮想通貨)も30倍、40倍、
もっと値上がりし高騰したものもあります。
現在ICOを行ってから短い期間で、大きく利益を生むこともあり、
短期で高利回りという甘い蜜には、何も知らずに手を出してしまう方もいます。

イーサリアムを生んだButerin氏「ICO」の欠陥

イーサリアムを生んだButerin氏から、「ICO」には欠陥につて語られています。

Buterinによれば、ICOの多くの欠陥は、ICOプロジェクトの中央集権化から生まれる。
ICOはイーサリアムでは、純粋に分散され、ピアツーピアのブロックチェーン実施要項で始められる一方、ICOはよく企業やひとつの開発チームの大規模なファンディングで動かされる。

仮想通貨のメリットと言われる部分は、ICOについては「無い」と
言ってしまいそうな部分があります。
ICOはあくまでも、そのプロジェクトを出している団体や企業への
投資ということを忘れてはいけないのかもしれません。
仮想通貨が話題となり何十倍などと聞いてしまうと、ICOへも同様の感覚を得るものです。

不幸なことに、ICOマーケットの投資家の大多数はICOプロジェクトやブロックチェーンネットワークの技術的な複雑さへの分析や評価を通して投資しているわけではないと証明してきた。
そのため、多くのアナリストや専門家はICOマーケット内の規制を求めている。
しかし、それとは反対に、ICOマーケットの規制すれば、分散型の方法でクラウドファンディングを利用するという目的をくじいてしまうという意見もある。

では、ICOプロジェクトが「合法なのか詐欺なのか」
それを政府に見極めてもらうのは難しいものです。
あくまでもスタートアップ時点での決まった規制を作ることができるのか、
また実際に活動を始めてから計画と現状が同じとは言い切れないところもあります。

では、最初からリスクを減らす方法はないのでしょうか。

仮想通貨に詳しい弁護士から「ICO」の分析結果

関連するまとめ

Visa(ビザ) ヨーロッパが提携|仮想通貨Bitcoinマイクロペイメント少額決済…

仮想通貨のビットコイン・マイクロペイメント少額決済サービスを提供するスタートアップSatoshiPayがビザ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2416 view

仮想通貨イーサリアムの企業連合3倍増“三菱UFJやトヨタも参加|ETH2位の座を奪い…

仮想通貨イーサリアムの欧米で立ち上がった企業連合に、日本の三菱UFJやトヨタ子会社も参加。銀行ほか名を連ねる…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10252 view

安倍総理“日本は通用する”|シーテック幕張会場で仮想通貨体験・ブロックチェーン・AI…

先進的なITの展示会CEATECが4日、千葉市の幕張メッセで開幕しました。フィンティック・ロボット・ブロック…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4327 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽