SBIと言えばマイニング事業、Rippleに出資しXRPを保有、
取引所開設予定、そしてSコイン。すでに全ての準備を整えつつある様子。

さあ、どうなるのでしょうか。
現在までの銀行が発行予定のデジタル通貨は円と等価予定です。
確かにドルと等価の仮想通貨はありますが、
何もいくつもの銀行が、そろいもそろって円と等価となる仮想通貨が、
複数種類も必要ないとのユーザーの声も聞こえていました。
もしかしてSコインだけは金融から離れた仮想通貨になるのか
(なってほしい)の意見が飛び交っています。

Sコインの発行報道
SBIの仮想通貨交換所のソースのメタタグに隠された「仮想通貨名」
5月頃にSNSで発言されていたのでご存じの方は多いかもしれませんが、
ようやく材料が出そろいましたのでSNSでの声も含めてご紹介いたします。

SBIホールディングスは独自の仮想通貨「Sコイン」を新たに発行し、小売店舗などでの消費者の決済手段として普及を目指す。
独自の決済基盤システムを開発することで、送金コストをほぼゼロにするほか、決済代金の即日現金化などを可能にする。店舗側の決済コストを抑え、決済を目的とした利用者を増やす狙い。
既存の通貨に基づくデジタルマネーとしてでなく、取引所で売買可能な仮想通貨としての発行を目指す。

そうなのです、日本の銀行が発行するというデジタル通貨の発表が立て続けにありました。
MUFGコイン、Jコイン、SBIのSコイン。
「Sコイン」は、他とは違い、本物の仮想通貨かもしれないと期待する声もでています。
↓↓↓

SBIホールディングス「Sコイン」は他の仮想通貨と交換可能

SBIホールディングス株式会社の公式リリースページでは、
「新たな決済用プラットフォームの開発」に至った経緯なども公開されています。

現在の日本は、現金大国です。
しかし日本政府が進める構想は、「2020年の東京オリンピック」に向けて、
決済端末の導入支援や大都市圏の観光地などでの“100%”のキャッシュレス対応です。
また、2027年までには、米国並みの「キャッシュレス決済比率」を
40%に引き上げることを決定しています。

SBIが取り組むプロジェクトは

当社の決済用プラットフォーム「Sコインプラットフォーム」(以下「本プラットフォーム」)では、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々な電子通貨を発行し決済に利用することが可能となっており、
当社が発行する「Sコイン」や地方自治体・事業会社・地域金融機関などが発行する独自のコイン(トークン・地域通貨)を用いて、スマートフォンを用いた簡易な決済手段を提供していきます。

そして、顧客が気になる【Sコイン】も他の仮想通貨と「交換」が
できるようにする予定がしっかり公開されています。↓↓↓

関連するまとめ

YouTuberヒカル氏「VALU」売り逃げ騒動炎上|仮想通貨Bitcoinで取引す…

YouTuberヒカル氏のVALU価格つり上げ売却が問題に。優待をほのめかしたというSNS投稿も削除し、売り…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12421 view

仮想通貨ビットコイン新たにATM7,000箇所設置へ| カナダとオーストラリアで拡大

カナダとオーストラリアは仮想通貨ビットコイン市場拡大へ踏み出しました。新たにATM7,000箇所利用可能地域…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4176 view

沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」導入へ!|Bitcoinや円とドル交換“世界…

沖縄県独自の仮想通貨を発行する方向のようです、「琉球コイン(仮称)」の目的は、世界から投資などを呼び込む構想…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10277 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽