三菱UFJ((株)三菱UFJフィナンシャル・グループ)を、
どこからお伝えすべきでしょうか。
独自仮想通貨MUFGコインの社内実装開始から、
声も上げずに、なぜか粛々と進んでいる様子に見えるのは私だけでしょうか。

昨年に続くフィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマとした、
「FIN/SUM(フィンサム)ウイーク2017」が19日から東京で行われました。
金融庁とフィンテック協会、日本経済新聞社が共同で開催するビックイベントには、
国内外の金融機関や新興企業トップらが登壇し、将来像についての議論がなされました。

ここで

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の平野信行社長は講演で「フィンテック企業は金融機関にとって破壊者とみられていたが、新たな事業を生み出すパートナーに進化している」と指摘。
協調して金融サービスや業務の効率化に取り組む考えを示した。
デジタル通貨を巡ってはみずほフィナンシャルグループもゆうちょ銀行や数十の地方銀行と連携して「Jコイン」の発行を目指している。

関連記事:Jコインについて興味のある方は、ご覧くださいね。↓↓↓

先日話題になりましたJコイン。
中央銀行発行ではありませんが、日本勢が対抗する
“準”日本コインともとれる意味合いで発表されていました。
日本の金融機関で先発隊ともいえるMUFGコインを打ち出した三菱UFJですが打診を受け、

三菱UFJの亀沢氏は「いまあるコインをどう使うか、相談させていただきたい」と述べ、合流も視野に協議する考えを示した。

三菱UFJの仮想通貨「MUFGコイン」と「Jコイン」は統合?

では、MUFGコインはどうなるのでしょうか?

MUFGコインは、以前よりビットコインなどでしられる仮想通貨とは異なり、
「1コイン=1円」の価値を持つ“決済手段”として発行する予定は、
再三伝えられてきていることです。
個人的には、仮称みずほコインは、どこにいったのか、
仮称みずほコインがJコインに改められているのだろうかと興味が残っています。
が、今回仮に、JコインとMUFGコインの両コインが一般公開されるのかと思いきや、
話の展開が少し異なるニュアンスを含んでいるような発言がなされています。

メガバンクなどが陣営にこだわらず、オールジャパンで新しいデジタル通貨をつくる。
三菱UFJフィナンシャル・グループは発行を検討しているデジタル通貨「MUFGコイン」についてほかの陣営も合流できる枠組みにする方針だ。
複数の種類が並び立つより一本化した方が効果的とみているため。同じくデジタル通貨の発行を検討中のみずほフィナンシャルグループなどとの連携構想に発展する可能性も出てきた。

「みずほフィナンシャルグループなどとの連携構想に……」が、先にご紹介している「Jコイン」のことでしょう。

関連するまとめ

三菱UFJもビットコイン技術に参入!有力銀行のブロックチェーングループが拡大

三菱UFJもビットコイン技術に参入が決定!有力銀行のブロックチェーングループが拡大していきます。

仮想通貨まとめ編集部 / 2469 view

仮想通貨Bitcoin価格はここで終わり?|トレーダー予測と事実を初心者向けに

仮想通貨ビットコインがすでに高値にあり、日々価格をみながら迷っている方もいますね。本当に知りたいのは、いった…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3614 view

仮想通貨の“ビットコインデビットカード”利用者急増|現金と預金にない便利なシーン

仮想通貨ビットコインを使えるお店は日本でも増えていますが、まだ都心部に集中していて、地方では実感できないのも…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10182 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽