最近増えているICOの詐欺(ハッキング)は、
仮想通貨そのものとは異なり、
偽物か分からないほどのハッキングが横行しています。

実際に聞いた話は被害者の方の内容に触れるため、
似たような手口報告を探し集めました。

今回はICOの増えている詐欺と、ホワイトハッカーと含めてご紹介します。

フィッシング詐欺の規模「2億2,250万ドルに上る」

2017年のサイバー犯罪によるフィッシング詐欺の規模は、2億2,250万ドルに上る。
2017年の夏は、「イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering=ICO)」の詐欺やハッキングが相次いだ。

「ICO」「ハッキング」については、初心者さん向けに、この後別途解説します。

ICOとは…※既にご存じの方が多いと思いますが、お分かりになる方は読み飛ばしてくださいね。

ICOとは…※既にご存じの方が多いと思いますが、お分かりになる方は読み飛ばしてくださいね。

仮想通貨のIPO版に近いのですが、これから設立しようとしている団体や、設立して間もない企業や団体に対して、投資するもの。投資資金を集めた団体は開発や実施計画に費用を使いますが、投資者に対しては、企業や団体の発行するトークンや仮想通貨を付与するのが一般的です。投資した企業が功績を出したり一般上場すると、付与されたトークンや仮想通貨の価値が何倍や何十倍に跳ね上がる可能性があります。ただし、上場できないまま消えていく団体や企業もあります。

ICOそのものは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。
最近では日本のCOMSAがこれから一般公開(事前に買えるプレとは別)で
行うということで、話題になっています。
なぜCOMSAへの関心が高いかと言えば、
ICOを行う母体の企業がわかるからなのが一番のところかもしれません。
もちろん他にも理由はありますが、
海外の企業の判断がつかないというのは大きな要因かと考えます。
よくわからない企業、ホワイトペーパーが難しい、
詐欺もあると聞いていると、太い情報パイプがなければ、
見極めるのは難しいものです。

ニューヨークに拠点を置くChainalysisによると、3万人以上の投資家がイーサリアム関連のサイバー犯罪の被害に遭っており、被害額は1人辺り平均7,500ドル、進行中のものも含めて2017年の総額は16億ドル規模に上ると見られている。

そして、“詐欺”と聞けば、資金だけあつめてドロンしてしまう詐欺や、
仮想通貨そのものの詐欺はよくご存じかと思います。
しかし、ICOでは仮想通貨そのものの詐欺だけではなく、
最近は偽物と区別しにくい“ハッキング”が横行しているのです。
それが、これ。↓↓↓

ICOを謡うサイトのURLへ誘導し送金させる手口で、投資に慣れていない新参者が狙われている。
「短い期間で多額の資金が奪われています。暗号通貨を奪う犯罪者たちは、他のどのタイプの犯罪者よりも実に上手く仕事を成し遂げているといえます」

URLへの誘導といいますが、なんだ、怪しいリンクに行かなければいいんでしょう。
そう思われるかもしれませんが、そんなに単純なものではないのです。
言葉で言えば、詐欺・誘導・ハッキングが全部組み合わさっていることもあります。

仮想通貨の詐欺とは異なるハッキング

ICOの人気が爆発したのは1年ほど前からで、いまではパリス・ヒルトンでさえICOを支持している。
一方、資金提供者は、ICOのことをよく知らないばかりか、投資自体が初めてという人が多い。ICOが行われる仕組みやICOで予想される事態について得られる情報が少ないため、ICOの参加者はとりわけ、さまざまな詐欺に対してほとんど免疫がないのが現状だ。そして詐欺師は、実に見事なタイミングで姿を現す。
ハッキングとは…ご存じの方は読み飛ばしてくださいね。

ハッキングとは…ご存じの方は読み飛ばしてくださいね。

ハッキングとは、一般に知られているのが、
他人のコンピューターに不正に侵入するのがハッキングではないでしょうか。
しかし、正式にはクラッキングと呼びます。
ハッキングという用語そのものは、エンジニアリングという行為そのものを指すため、悪いことをするという行為そのものを限定していることではありません。
セキュリティー強度を調べたり、ソフトウェアを作ったり、コンピューター技術のことも含まれています。
そして、由来は割愛しますが、これらの行為を行う人をハッカーと呼んでいます。

本当は悪いことをする犯罪者は、ハッカーではなくクラッカーと呼んで欲しいようですが、
一般にハッカーが悪い人になっていますので、
主にサイバー攻撃と戦う善良なハッカーが、
ホワイトハッカーやホワイトハットハッカーと称されています。↓↓↓

そしてハッカーのうち、セキュリティ上の欠陥を調べたり、悪意をもったハッカーやクラッカーによる不正侵入を監視したりといった生産的な行為を行うハッカーは【ホワイトハットハッカー・ホワイトハッカー】と呼ばれ、
逆に悪意や私欲によって他人のデータを盗み見たり、破壊したりといった非生産的な行為を行うハッカーは【ブラックハットハッカー・クラッカー】と呼ばれています。

最近とにかく増えているのが、
ソーシャルエンジニアリングをきっかけとしたものです。
10年以上も前からの、ホワイトハッカー関係者から聞くと、
現在増え続けておりホワイトハッカーの人数が足りていない状況です。
日本経済新聞でも紹介されていましたが、ホワイトハッカーの育成に、
全力を投じるところもでてきているほど、技術者が足りていない状況が伝えられています。

成功率の高いソーシャルエンジニアリングがきっかけ「ICO詐欺」

レヴィン氏によれば、ハッカーたちは実際のICOプロジェクトを模した独自のウェブサイトやSNSのアカウントを作成し、出資者を集めて偽のアカウントに資金を送金させているという。

関連するまとめ

三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」発行目的はこれ?|“仮想通貨は必要”

独自仮想通貨MUFGコインで今後何がおきるのでしょうか?本当の目的とは?三菱東京UFJ銀行が「MUFGコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10797 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。