電力小売りのリミックスポイントは10月、電力料金を仮想通貨「ビットコイン」で支払うと割り引く制度を導入する。

仮想通貨決済時には、さらなる割引メニューも提供するといいます。

仮想通貨は銀行振り込みなどに比べて決済手数料が安く、浮いたコストの一部を顧客に還元する。仮想通貨決済で公共料金が割引になるのは珍しい。

株式会社リミックスポイント(東京証券取引所市場第二部)の子会社に、
仮想通貨の取引所であるBITPoint(株式会社ビットポイントジャパン)を持ち、
今回、間に他社運営ではない「オール自社」で提供するという珍しいカタチになります。

ゆえに、中間にかかるマージン(手数料)などの費用もカットできると思われ、
仮想通貨ですと送金手数料なども格安になりますので、
ここで更に割引になる価格を提供できるようですよ。

実は、リミックスポイントが今年に入ってから、
仮想通貨関係の発表で興味を集めていたことがあります。例えば、

リミックスポイントは、株主に
「総額500万円相当」の仮想通貨ビットコインを配布すると報じたときも、
ビックリしたのではないかと思います。
株を持とう!と思う方々も増えたのではないでしょうか。

また、子会社の取引所であるBITPointは、仮想通貨「イーサリアム」での、
店舗決済サービス予定を8月にと発表し話題を呼びました。
※イーサリアムでの決済店舗情報はまだ大きく取り上げられていませんが、
これからも新サービスなどを模索されているものと思われますね。

そして、今回の発表ですね、

リミックスポイント自社グループを武器に「仮想通貨で電力割引」

リミックスポイントは、電力卸取引所から電力を仕入れ小口販売。子会社のビットポイントジャパン(東京・目黒)が仮想通貨取引所を運営する。

リミックスポイントは2016年2月から高圧事業者を中心とした
小売電気事業を展開しています。
自由化に伴い、今現在供給しているエリアを広げています。
東北・北陸・東京・中部・関西・中国・四国・九州地区への展開により、
先月8月時点では、148,000kwの契約電力を
獲得していると公式リリースページで発表しています。

小売電力市場における低圧が占める市場規模は7兆円弱であり、その内訳は、一般家庭を含む住居用が6兆円強(約5,000万戸)、法人事業者等の低圧需要家が7,000億円強(約630万戸)となります。

リミックスポイントの発表は

介護施設や小売業など低圧電力を使う法人顧客を対象にする。
10月に50キロワット未満の低圧電力に参入するのにあたり、新たな割引制度を導入する。
また、小売電力市場における低圧需要家は高圧需要家に比べて電気料金が少額であるため、請求書発行や振込手数料の費用を加味すると経費削減メリットが限定的です。

そのため、子会社である仮想通貨交換所「BITPoint」に口座を開設し、
同口座から仮想通貨による電気料金の支払いをされるユーザーには、
さらに料金割引を実施する予定だと公開しています。

顧客がビットポイントジャパンに口座を開設し、ビットコインで支払うと、1~3%程度割り引かれる。
振込手数料を割引の原資とする。リミックスポイントは電力販売の拡大や仮想通貨口座の開設増につなげる。

サービスの開始スケジュール

開始時期: 2017年10月1日以降
対象地域: 北海道電力、東北電力、北陸電力、東京電力、中部電力、関西電力、
      中国電力、四国電力、九州電力(離島を除く)
対象規模: 法人事業者等の低圧需要家
目標契約: 12,000kw(2018年9月30日までの合計獲得kw目標)

リミックスポイントの前回の気になる発表

リミックスポイントの株主にビットコインを配布することを発表したところ、
申し込みが多かったとみて8月3日には締め切りの発表がなされていました。

当社は、株主の皆様とのリレーションをさらに強固にすることを目的に、平成29年3月31日付の株主名簿を基に、総額最大5百万円(概算)相当のビットコインを配布させていただくことをお知らせしておりますが、
当該お申し込みに関しましては、平成29年7月31日をもって受付を終了させていただきました。多数の株主の皆様にお手続きをいただき衷心より御礼申し上げます。

BITPointが仮想通貨「イーサリアム」での、
店舗決済サービスを8月に開始(予定?)と発表

店舗決済サービスを拡充し、2017年8月より、現在ビットコインに次ぐ主要仮想通貨となっている「イーサリアム(ETH)」の取り扱いを開始することを決定しましたのでお知らせいたします。
仮想通貨決済サービスにビットコインに加えてイーサリアムが入ることで、仮想通貨決済の利便性の向上および普及促進が期待されます。

まとめ:リミックスポイント「仮想通貨の普及促進」

代表者のブログでは、以前下記の文面をアップしていました。

海外送金や決済など従来の法定通貨では時間やコストがかかるなど様々な課題がありました。これらを解決しスマートにすることが「仮想通貨の価値」であり、その結果として「仮想通貨の価格」が形成されていきます。
そのため、“仮想通貨の価格が上がること・下がること”と“仮想通貨の価格が上がること・下がること”は全く別の問題です。
“仮想通貨の価値が上がること”というのは仮想通貨を利用する人が増え、利用できる機会が増えることです。現在、世界中で多くの仮想通貨を取り巻くサービスが増えており、確実に仮想通貨の価値は高まりつつあります。

同社が行っていくことの全てに共通していることは、
おそらくここに集約されているのではないでしょうか。↓↓↓

リミックスポイントグループとしては今回の取組により仮想通貨の本来の価値である送金・決済コストを抑えるという強みを活かした決済サービスを展開することで、日本における仮想通貨決済の普及促進を図ります。

仮想通貨が決済として利用できる範囲が拡大されています。
身近に使用することがなければ、実感として受け取ることができませんが、
知らない間に社会は進んでいます。
ここ数日間、他でも仮想通貨で決済できる話題が集中しています。
たとえば、↓↓↓最新のHISがビットコイン決済開始記事です。

ここでは、今までの大きく取り上げられてきた記事を
さらにピックアップしてまとめを「まとめ」てご紹介しています。
よろしければご覧くださいね。
※全てではありませんのでご容赦ください。

感想

感想

仮想通貨を知ら無かった方、もしくは少し遠ざかっていた方、日本での仮想通貨普及率は驚くほどなのです。
若い年代を筆頭に、今は「本物の投資家」も参加しています。
あまりいないと思われているかもしれませんが、わざわざ「仮想通貨を利用しているよ」と自ら話す方は少ないのではないでしょうか。
ここからスタートできるだけでも、かなり早い先陣グループに入りそうですよ。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ビットコイン仮想通貨「貨幣」は現金に代わる? 「現金撤廃」生き抜くPart2

世界では、高額紙幣の停止を促す話題。日本の現金事情がある変化を起こしているようです。現金が消滅すると聞いて、…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3640 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽