中国が仮想通貨取引を停止発表「なぜ不安なのか」

今週の初め、中国政府、地方自治体、金融監督当局は、9月末までに中国Bitcoinの取引所と取引プラットフォームにサービスを停止するよう正式に要請した。

Earlier this week, the Chinese government, local authorities and financial regulators officially requested Chinese Bitcoin exchanges and trading platforms to halt their services by the end of September.

※今週となっていますが週末にアップされているため先週となります。

OKCoinとHuobi(中国の2大取引所 )は、過去のコイン・オファリング(ICO)に関与していなかったことを考慮して、10月30日まで運営する余裕を認められた。

OKCoin and Huobi, the two largest exchanges in China, were granted leeway to operate until Oct. 30, considering the fact that they have not been involved in any initial coin offerings (ICOs) in the past.

中国のBitcoin全国交換禁止以前は、米国為替市場は一貫して世界最大の市場としての地位を確保していました。

Prior to the nationwide Bitcoin exchange ban by China, the US exchange market had consistently secured its position as the largest market in the world.

トレーダーが中国から移行する先「日本や韓国」

しかし……中国当局の発表後、にわかに何かが変わったことを伝えています。
それが、3大大手交換所の発表直後に、
トレーダーはビットコイン市場を移行したとしています。
その移行先は「日本」だといいます。

トレーダーの突然の移動は、日本の取引量が短期間で急増し、世界のBitcoin為替市場シェアで米国市場を20%以上追い越すことができました。

The abrupt migration of traders led to the short-term surge in the trading volume of Japan, allowing the market to overtake the US by over 20 percent in global Bitcoin exchange market share.

ここではビットコインだけではなく、
イーサリアムやライトコインも同様に上昇へ続きました。

当サイトで、この瞬間は見ていませんが、ビットコインが徐々にもどしていたころ、
北朝鮮の言動があったころ、2位に日本の取引所でJPY(日本円)での、
ビットコイン買いが浮上していたのは事実です。
同様の状況が現在も続いていますが、それがトレーダーの移動なのかは、
取引の総合計マーケットでは確定はできません。
しかし、確実に動きがかわっていることはわかります。

Litecoin(ライトコイン)の創設者Charlie Lee氏が、
中国でビットコインを禁止することで、
国内市場で取引をすることができなくなります。
しかし、これがいいことだとし、
仮想通貨(暗号通貨)は、どの国でも消されることはできないことを伝えています。

リー氏が強調したように、中国のBitcoin為替市場の閉鎖は、世界のBitcoin為替市場におけるトレーダーの約10〜15%にしか影響していないはずである。しかし、中国政府が取引を禁止したことで、投機筋や不本意なトレーダーらが大規模な売り出しを開始し、Bitcoin価格の大幅な修正につながった。

As Lee emphasized, the exit of the Chinese Bitcoin exchange market should really only have affected around 10 to 15 percent of traders in the global Bitcoin exchange market. Yet, speculators and impatient traders initiated a major sell-off as the Chinese government banned exchanges, leading to a major correction on Bitcoin price.

今後数週間の間に、世界的なBitcoin為替市場は、貿易業者が中国市場から韓国と日本に移行すると、安定していくでしょう.

Over the next few weeks, the global Bitcoin exchange market will stabilize, as traders move from the Chinese market to South Korea and Japan,

仮想通貨取引所とユーザーの両方に対して、
より良い規制や、業界の標準化といった安定化をもたらし、
今の瞬間ではない「長期的」にみて、
ビットコインにとって有益である可能性も述べています。

中国の停止は「仮想通貨ビットコイン」にプラス要因

HyperChain Capitalの創設者であるStelian Balta氏も、
仮想通貨(暗号通貨)は中国なしでも、生き残り繁栄できると主張しています。
そして、冷静に考える可能性を投げかけています。↓↓↓

中国は重要な市場であり、取引所が閉鎖され、ICO資金が禁止されているという最近のニュースは、短期的には価格にマイナスの影響を与えている。

China is an important market and the recent news of exchanges shutting down and ICO funding being banned certainly has a short term negative effect on the prices. ”

しかし、デジタル資産はグローバルな現象です。FacebookやGoogleのような巨大なインターネットビジネスは中国で禁止されていますが、かなりうまくいっている

However, digital assets are a global phenomenon. Huge Internet businesses like Facebook or Google are banned in China and are doing pretty well.

Googleトレンドの統計情報「ビットコイン」上昇

そして。そのGoogleの検索においてビットコインは勢いを落としていないようなのです。
BitcoinのGoogle Trendsは、今年もまだまだ増えていることがわかっています。もちろんですが、良い場合も悪い場合にも検索が増えていきますが、注目している点はそこではないとしています。それが

興味深いのはBitcoinの Googleトレンドの統計情報が価格と同じように上昇したことです。

The interesting part is how the Google Trends statistics for Bitcoin have gone up similarly to the price.

関連するまとめ

お小遣いサイト「モッピーポイント」とビットコインが交換できちゃう!ショッピング決済・…

株式会社セレスは、ビットバンク株式会社への追加出資及び業務提携することにより、ポイントサイトで貯まったモッピ…

都丸美由紀 / 13690 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。