仮想通貨の性質を理解できていない場合、
この激しい動きに心中落ち着かない方もいるのではないでしょうか。

中国当局“仮想通貨交換所へ”操業停止計画の提出求める

取引所は本日中に9月中に閉鎖する旨を顧客に周知し、20日までに停止計画を当局に提出しなければならない。
状況は少しずつ明らかになってきており、中国において仮想通貨とその他通貨の交換所はもはや合法のものではなくなりそうである。

中国人民銀(PBoC)のICO禁止発言から始まる

ICO禁止の最初の関連記事です、よろしければご覧くださいね↓↓↓

9月4日に中国人民銀行(PBoC)がICO禁止を発表しました。
声明に伴い取引も停止、閉鎖等流れた後にも、
一時的なものであるとも報じられ情報が混乱していました。

一時的な停止を速報した関連記事です、よろしければご覧くださいね↓↓↓

中国当局が仮想通貨の取り締まり強化を警告するなか、「ビットコイン」のオンライン取引所として中国の最大手の一つである「BTCチャイナ」は14日、ビットコインの取引を今月30日に停止すると発表した。

BTCチャイナは中国の取引所(交換所)の中でも大手取引所です。
今後取引を行わない閉鎖なのか、一時的な停止なのか発言の重要度が問われる状況でしたが、
月末までの停止計画が公式声明として発表されました。

※BTCチャイナ(BTCChina)は、仮想通貨交換所BTCCと表示されています。

BTCCが月末に取引を停止することで、交換所であるHuobiとOKCoinも、
同様の対応を行うのではないかと言われていました。そして、↓↓↓

Charlie Lee氏によると、これらの企業は明日、規制当局と会う予定だ。

It is possible Huobi and OKCoin will follow a similar path. Those companies will meet with regulators tomorrow, according to Charlie Lee.

明日というのは、記事が公開された日の翌日15日。
つまり昨日のことですが、全部の交換所が月末までに停止をすることになります。
BTCCも含むすべての交換所がそろっての会合かなどの細かいことは伝えられていませんが、
公式声明からよると、どんなカタチであれ全ての交換所が停止となるようです。
会合後の動きは早く、公式声明を15日中にユーザーに発表しています。

中国当局が仮想通貨交換所に求めた概要

当局は取引所に対し、顧客資産の全引き出しに応じるための計画を9月20日までに提出すること、
さらに9月15日24時(16日0時)までに操業の全面停止を顧客に通達すること、新規登録の受付を停止することを指示したとのことだ。

大手取引所BTCCは、

顧客に対し、出来る限り早く、早急に全資産の引出しを行うことを要請し、30日以降も引き出しに応じることを確約した。

関連するまとめ

Googleと三菱東京UFJ銀行提携|スマホ決済アンドロイドペイ日本上陸で競争相手排…

先日のApple「Apple Pay」に続き、Googleのアンドロイドペイ(Android Pay)が待望…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6430 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。