R3とRipple(リップル)法廷闘争

ニューヨークを本拠地とするブロックチェーン・スタートアップのR3は、XRPのオプションを行使を試みたがXRPの発行元のRippleが拒否し、同社はRippleを提訴するに至ったとロイターが報じた。
R3は2016年9月にRippleとパートナーシップを結び、その一部にオプションの保有が含まれていた。

R3が主張するオプションの権利とは、
2019年9月までの間に1XRPを0.0085ドル(0.92円)で、
最大50億XRPを購入できる権利だといいます。
しかし……

Ripple側はパートナーシップに不備があったとして、このオプションの行使を今年7月に拒否していた。
Rippleはオプション行使の拒否理由として、R3に対してパートナーシップ提携時に交わされた技術共有及び開発に対するコミットメントが不足していたと主張している。

拒否しているリップル(Ripple)側が、
今度はR3に対して、「オプションが無効である」として逆提訴している。といいます。
泥沼化するのか、長期戦になるのか、和解にむかうことができるのか。
法の場で争そわれることになっている状況です。

しばし勘違いされることがありますが、仮想通貨で知れ渡った軸ともいえるブロックチェーンですが、
特徴はそれぞれの用途と目的によって異なり同じではありません。

R3とRippleには共通項が多く既存の銀行システムを発展させた国際間でのネットワークの構築を念頭に置いているため、ビットコインのような完全な個人間取引のP2Pネットワークと一線を画している。
両社はブロックチェーンを活用した国際送金や取引データの管理ソリューションの開発などを進めていた。
R3がオプションを取得した去年と比べ、3,000%以上価格が上昇した格好だ。R3はオプション行使で多額の資金を取得したい考えだったが、Ripple側もここまでの急激な価格上昇は想定外だったのかもしれない。
Rippleはパートナーシップを通じてR3の大手金融機関とのネットワークを利用し、自社のサービスを売り込む狙いがあった。

R3もRippleも、双方にそれぞれの思惑があったものの、
当初は互いにウィンウィン(win-win)の関係だったはず。
今後は新しい事実も顔を出す可能性がないともいえないところでしょうか。

SBIリップルアジア「日本と韓国の銀行間で仮想通貨を使った送金実験」

関連するまとめ

クレジットカードと銀行への脅威を警告| 仮想通貨の普及は長期戦だと認める

仮想通貨がただの流行りものだと思っていると大変なことになるかもしれません。“仮想通貨の存在は長期的な普及”だ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5618 view

仮想通貨Bitcoinで米国興味深い実験|市場への普及はアーリーアダプターと関係する…

米マサチューセッツ工科大学で行われた実験は、ビットコインと人の関心意識にかかわる結果がありました。最新テクノ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2143 view

レオコインが香港に進出|LEO COIN はイギリス発祥の「投げ銭」か? レオコイン…

LEOコインの概要と可能性を分析しました。 レオコインはイギリス発の『頑張る人を応援するコイン』と言えま…

10mc 大石直洋 / 1960 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽