R3とRipple(リップル)法廷闘争

ニューヨークを本拠地とするブロックチェーン・スタートアップのR3は、XRPのオプションを行使を試みたがXRPの発行元のRippleが拒否し、同社はRippleを提訴するに至ったとロイターが報じた。
R3は2016年9月にRippleとパートナーシップを結び、その一部にオプションの保有が含まれていた。

R3が主張するオプションの権利とは、
2019年9月までの間に1XRPを0.0085ドル(0.92円)で、
最大50億XRPを購入できる権利だといいます。
しかし……

Ripple側はパートナーシップに不備があったとして、このオプションの行使を今年7月に拒否していた。
Rippleはオプション行使の拒否理由として、R3に対してパートナーシップ提携時に交わされた技術共有及び開発に対するコミットメントが不足していたと主張している。

拒否しているリップル(Ripple)側が、
今度はR3に対して、「オプションが無効である」として逆提訴している。といいます。
泥沼化するのか、長期戦になるのか、和解にむかうことができるのか。
法の場で争そわれることになっている状況です。

しばし勘違いされることがありますが、仮想通貨で知れ渡った軸ともいえるブロックチェーンですが、
特徴はそれぞれの用途と目的によって異なり同じではありません。

R3とRippleには共通項が多く既存の銀行システムを発展させた国際間でのネットワークの構築を念頭に置いているため、ビットコインのような完全な個人間取引のP2Pネットワークと一線を画している。
両社はブロックチェーンを活用した国際送金や取引データの管理ソリューションの開発などを進めていた。
R3がオプションを取得した去年と比べ、3,000%以上価格が上昇した格好だ。R3はオプション行使で多額の資金を取得したい考えだったが、Ripple側もここまでの急激な価格上昇は想定外だったのかもしれない。
Rippleはパートナーシップを通じてR3の大手金融機関とのネットワークを利用し、自社のサービスを売り込む狙いがあった。

R3もRippleも、双方にそれぞれの思惑があったものの、
当初は互いにウィンウィン(win-win)の関係だったはず。
今後は新しい事実も顔を出す可能性がないともいえないところでしょうか。

SBIリップルアジア「日本と韓国の銀行間で仮想通貨を使った送金実験」

SBIホールディングス傘下のSBIリップルアジアは2017年度内をめどに、日本と韓国の銀行間で仮想通貨を使った送金実験を始める。
複数の参加者が取引履歴を共有し認証し合う「ブロックチェーン」の活用により、いつでも低コストで送れるのが特長。

SBIリップルアジアは、日本の3メガバンクや地方銀行など、
60銀行以上が参加する連合体組織。

※R3は2015年に銀行や投資銀行からのサポートを得て、
80のグローバル金融機関が参加。

また同社とSBIホールディングスは10月からブロックチェーンや仮想通貨に精通した技術者の養成を始める。企業の技術者が対象で、まずは野村総合研究所や凸版印刷、NECなど20社程度で始める。先端技術に詳しい人材を育成し日本での研究や実験を後押しする狙いだ。

Ripple(リップル)がインドでも拡大

世界的な金融決済ソリューションプロバイダーであるサンフランシスコに本社を置くRippleは、今や公式にインドに入国しました。リップルは国境を越えた支払いソリューションを提供します。

San Francisco-based Ripple, a global financial settlement solutions provider, has now official entered India. Ripple provides cross-border payment solution. Since India is the largest remittance recipient in the world, it was an obvious choice for the company.

現在のインドは送金の「最大受取国」のため、
リップルにとっても大きな重要なポイントになるのではないでしょうか。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

【更新17時】速報! 仮想通貨ビットコインSegwit2xへ開始?|8月1日前に分裂…

仮想通貨ビットコイン価格上昇中の要因なのかどうかは確実性はありませんが、あるステップが開始されたもようです。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12267 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。