いくつかの主要銀行は、Blockchain技術を使用して世界の中央銀行による通貨の発行を容易にすることを目的としたUtility Settlement Coin(USC)というプロジェクトに参加しました。

Several major banks have joined a project called Utility Settlement Coin (USC) that is intended to facilitate the issuance by central banks around the world of currencies using Blockchain technology.

2015年にUtility Settlement Coin(ユーティリティー・セトルメント・コイン(USC)
と言うプロジェクト=暗号通貨(仮想通貨)の開発に乗り出しました。
※「中央銀行」の承認が不可欠な暗号通貨

Utility Settlement Coin(ユーティリティー・セトルメント・コイン(USC))の
開発プロジェクト発足。
スイスの銀行大手UBSとブロックチェーンスタートアップClearmaticsと開始されました。
その後、バンク・オブ・ニューヨーク(BNY)メロン(BK.N)、ドイツ銀行(DBKGn.DE)、サンタンデール(SAN.MC)の各大手銀行と英金融取引仲介大手ICAPIAP.Lが参加すると発表されました。
その後の開発内容や詳しいことは日本であまり聞くことがありませんでしたが、
今回8月下旬

ブルームバーグによるUBSのメモによると、カナダのインペリアル・バンク・オブ・コマース、HSBCホールディングス、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ステート・ストリート・コーポレーションもユーティリティ決済コイン・プロジェクトに参加する。

Canadian Imperial Bank of Commerce, HSBC Holdings Plc, Mitsubishi UFJ Financial Group and State Street Corp. will also take part in the Utility Settlement Coin project, according to a memo from UBS seen by Bloomberg.

三菱UFJなど6行が加わりました。

Utility Settlement Coin(ユーティリティーセトルメントコイン)の内容

関連するまとめ

法定の仮想通貨を国が発行する日|シーンに合わせ価値ある仮想通貨を自動選択利用する時代…

米シティグループCEOが、「各国は自国仮想通貨を発行するだろう」と話していますが、既に動いている国もあります…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6996 view

7割以上期待「ネオバンク」Fintech(フィンテック)調査結果|銀行を脅かす

Fintech(フィンテック)意識調査結果がでました。その中で7割以上が「ネオバンク」に期待すると回答です。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2819 view

仮想通貨ビットコイン暴落|資金移動できない反論と15億ドルFinTech立上“中国の…

中国が仮想通貨ビットコイン取引の調査をすると報じられてから暴落している数日間。しばらくは取引をせず、じっと様…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8657 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽