この「SegWit2x」については、8月の分裂かと言われる前より、
すでに指摘されていた内容です。
言われている“11月の問題”と言われていることです。
ただし、11月までにこうした報道がたくさん
でるであろうと予測されており日々流れています。
最新で報じられたところで一区切りをし、
現在の3つの意見にわかれている率が伝えられています。

随時更新されていきますので、
細かい技術的な内容は含まず初心者さん向けにご紹介いたします。

11月にむけてSegWit2xを支持する意見が3つにわかれている

最後のステップ - SegWit 2xのブロック増加 - ハードフォークが再度作成されます。

By the last step – the block increase of SegWit 2x – a hard fork will again be created.

技術者さんには怒られますが、簡単なイメージとしてとらえますと、
Segwit2xは、現在のSegWitをアクティベートされている1MBから、
ブロックサイズを2MBに引き上げるということです。

しかし、現在のビットコイン開発者が支持していません。

理論的には、Bitcoinのコアチームが心を変えることは可能ですが、これまでSegWit2xのブロックサイズの増加に反対してきました。

支持については、毎回支持表明が報じられたり、撤回されていたりと、
現在もまだ動いている状況です。しかし、現在伝えられているのは、

Coin Danceによれば、鉱業者は妥協の前に分割され、SegWitを支持する40%、より大きなブロックを支持する40%、そして未決定の20%が支持されました。SegWit(大きなブロックではない)をサポートしていた鉱夫の40%のうちのいくつかが、より大きなブロックを望んでいないと判断するかもしれないと仮定するのは理にかなっています。

According to Coin Dance, miners were split before the compromise, with 40% in favor of SegWit, 40% supporting bigger blocks, and 20% undecided. It’s logical to assume that some of the 40% of miners who supported SegWit (but not big blocks) might decide that they don’t want bigger blocks, either.

しかし、支持が分かれている中で、少し前に伝えられていたことは、

ワーキンググループのメンバーであるジーン=ピエール・ラップ氏の発表によれば、#494,784ブロック、11月中に2MBへブロックサイズを引き上げる方針だという。

引き上げの意思を伝えていたことがあります。

また、当時は多くの中国グループが支持していました。しかし……

Segwit2xの「危険性」について意見が集まる

Segwit2xがブロックサイズを2MBにハードフォークしようとすると、ブロックチェーンが2つに分割されると、 リプレイ攻撃によって一部のユーザーと企業がお金を失う可能性があるという考えがあります。

The idea is that if Segwit2x chooses to go through with an attempt to hard fork the block size to 2MB, and the blockchain splits in two, replay attacks could lead some users and companies to lose money.

少しわかりにくいのですが、リプレイについて、わかりやすい説明をしているところをご紹介します。例として名前を使っての解説になっています↓↓↓

アリスがビットコインのBobにトランザクションを実行している場合、Charlieはブロックチェーン上のすべてを見ることができます。チャーリーは、署名された文書をデジタル署名、つまり言い換えると、ビットコインキャッシュブロックチェーンに挿入するだけです。その結果、Bobがビットコインキャッシュブロックチェーンで実行したくないトランザクションが発生します。誰かがプロセス全体を「再生」したので、リプレイ攻撃と呼ばれています。

If Alice is running a transaction on Bob at BTC, Charlie could watch the whole thing on the blockchain. Charlie sees the digital signature, so to speak, the signed document, and simply inserts it on the BCH blockchain. The result is a transaction that Bob did not want to execute on the BCH blockchain. Someone just “replayed” the whole process, so it’s called replay attack.

リプレイ攻撃が失敗しないためには、保護機能、リプレイ保護機能をインストールする必要があります。ビットコインキャッシュブロック上では、これはシグニチャ生成の小さな変更を伴って行われました。したがって、ビットコインキャッシュとビットコインとの間の署名はもはや同一ではなかった。

In order for replay attacks to fail, you need to install a protection, a replay protection. On the BCH block, this was done with a small modification of the signature generation. Thus, the signatures between BCH and BTC were no longer identical.

また、Segwit2xについては

2017年5月に主要なBitcoin鉱夫、交換所、財布サービスの会議が行われており、
ここでは以下によって支持されています。

”22カ国に58社

ハッシュ・パワーの83.28%

チェーン取引量で月51億ドル

20.5百万ビート小銭入れ ”

同契約はBitwalaを含む56の企業が署名した

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン決済を!ハワイ下院を通過|ブロックチェーン研究組織と観光産業

ついに、大きな観光産業にも導入されるかもしれません。毎年たくさんの観光客が訪れるハワイで、仮想通貨ビットコイ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8183 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。