実際にビットコイン投資をしている人や、海外では「ビットコイン投資」に対してどう考えられているのでしょうか?

海外ではビットコインの投資に対して前向きな姿勢があるようです。
ある程度のリスクを許容できる方であれば、ビットコインは他のあらゆる金融商品と比較して最高の投資環境です。利便性、価格変動、取引時間どれをとっても唯一無二であり、若い市場が故の利点を大いに享受することができます。

なぜビットコイン投資に注目が集まっているのか

仮想通貨ならではの特徴に非常に利便性があり、メリットが多いから。

では、そのメリットと言われていることとは何でしょうか?まとめてみました。↓

◆メリット1:ビットコイン全体の供給量があらかじめ決まっていること

ビットコインの総供給数は2100万ビットコインとあらかじめ決められています。
この数が設定されているということはどういうことかというと、ビットコインへの需要がある限りは価格が底をつくことはないですし、需要が増えれば増えるほど価格の上昇が見込める、ということです。

価格が底をつくことがなく、需要が増えれば増えるほど価値が上昇しますから、そこが最大のメリットと言えるでしょう。
しかも、ビットコインの需要は年々増えるていますから、日々、上昇下降はしているものの、長いスパンで見れば価格上昇が見込まれていると言われている理由が分かりますね。

◆メリット2:ビットコインの取引数が年々増えていること

この取引数はいかにビットコインが利用されているかという1つの目安になるので、投資の対象と見たときにこの傾向は前向きなものとしてとらえてよいのではないでしょうか。

◆メリット3:時価総額が、仮想通貨の中で断とつトップであること

上記は2016年6月現在の時価総額の数字ですが、ビットコインの時価総額と、2番手のイーサリアムの時価総額の差は、なんと「約12倍」!
そして、なんと時価総額が1兆円超えということは、今やツイッターの時価総額を超えています。
この数字は、まさにビットコインへの信頼性と存在感を表しており、ビットコインへの投資が仮想通貨の中ではもっとも適していることを証明しているのではないでしょうか。

◆メリット4:金(ゴールド)より価値が高くなりつつあること

金:数量が限られている故に価値があるが通貨として扱うには不便
ビットコインは取引の速さ携帯性など、金に勝っている部分がいくつかあります。
いずれビットコインは金の市場の5%にまで成長するとも言われており、そうなった場合はビットコイン価格は今の70倍にまで成長します。

金(ゴールド)は、発掘量が限定されており、数量限定であることが価値を生み出している点はビットコインと同じですが、ビットコインはその金が持つ価値よりも高くなる可能性を秘めています。
金と同じ数量限定でありながら、取引の速さや携帯性など、金より勝っている部分が多いことが、ビットコインに注目が集まっている1つの理由ではないでしょうか。

メリット5:価格変動率が高いこと

ビットコインは価格の上昇・下降が大きいという特徴があります。
安定性に欠けるという意味では賛否両論ではありますが、
価格が大きく上昇すれば、それだけ多くの利益を得ることができます。
ビットコインのボラティリティは、投機や投資対象としてみた場合、他の主要な金融商品と比較すると非常に高く、業界も加速度的に成長していることから非常に魅力的な環境だと言えるでしょう。

価格変動が大きいということは、一見デメリットのように感じますが、安く買って、高くなった時に売れば、多くの利益が得られるという点は、投資という観点からすればメリットと言えるのではないでしょうか。
また業界的にも加速度的に成長していることから、損失よりも利益を生む確率が高くなることが想定されるため、ビットコインは投資に向いていると言えるのでしょう。

関連するまとめ

仮想通貨の作り方・発掘ってナニ?

ビットコインって発掘によって増えていっているんです。 その仕組みについて考えてみましょう。

図子利昭 / 4888 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。