BCHとBTCの間の鉱業収益の差は、現在数日間減少しています。当初、Bitcoinは270%の利益を上げていました。

The mining profitability difference between BCH and BTC has been declining for several days now. In the beginning, Bitcoin was 270% more profitable to mine.

鉱業収益と言われても、初めての方にはわかりにくいかもしれません。
よく耳にするマイニング(採掘)のことです。取引がなされたときに、記録を残していくために必要な工程です。
ここは細かい説明が必要になりますが、簡単に言いますと、ビットコインとビットコインキャッシュでは、割合も異なり、比率的に小さいのはビットコインキャッシュです。
例でいいますと、100人で採掘するのか、30人で採掘するのかでは、当然スピードも量も異なります。そんな漠然とした感じでも読み進めてくださいね。

しかし、暗号の世界では物事は急速に変化しています。現在、収益性の差はわずか26%です。これは、BitcoinまたはBitcoin Cashのいずれかをすぐに採掘するようになることを意味します。

Things are changing rapidly in the cryptocurrency world, though. Right now, the profitability difference is just 26%. That means it will soon become as profitable to mine either Bitcoin or Bitcoin Cash.

そして、他のサイトでは収益性の差が8日の時点では「17%」、9日の記事では「13%」まで小さくなっているといいます。

ビットコインとビットコインキャッシュの「採掘」による収益性

具体的には、両者の収益性の差が縮小しています。鉱業BCHは、最初の2〜3日間はかなり利益を上げませんでした。

More specially, the profitability difference between the two is coming down. Mining BCH was quite unprofitable for the first two to three days.

しかし、最近になってからは

その他の詳細はBitinfochartsもしくはCoin.danceでも確認できるので是非自分でも確認して欲しいですが、分裂直後のゴダゴダも落ち着き、Bitcoin Cashは安定期に入ってきており、この時点でハードフォークは完了して少なくともしばらくはBitcoin Cashという新しいコインが存在することになりそうです。

少々混乱してしまいますが、
ビットコインキャッシュ→BCHか、もしくはBCCとも言われています。
※ビットコインは→BTCです

マイナー(採掘するひと)が、採掘でどのように利益を得ているのか。
採掘している機器の持ち主が実際の持ち主として言うことが多いのですが、
アルゴリズムを採用する仮想通貨では、マイナーは膨大に電気代がかかります。

このため、電気代の高い日本では採掘に適していないと言われていました。

ビットコインなどプルーフ・オブ・ワーク(POW)と呼ばれるアルゴリズムを採用する仮想通貨では、マイナーは膨大に電気代のかかる演算作業を経て新しいブロックを生成し、報酬をコインでもらう。
ビットコインの場合、採掘報酬と手数料報酬を合わせた約14 BTCが各ブロックの報酬となる。報酬は採掘するコイン建てで支払われるため、BitcoinCashの採掘の場合は約14 BCCとなる。

ビットコインキャッシュは明らかに難易度があがります。そのため、難易度調整の「新ルール」で採掘されてきました。↓↓↓

8月1日のハードフォーク直後、BTCとBCC(BitcoinCash)の採掘難易度は同じだったが、BCCの市場価値はBTCの20−40%だった。つまりBCCを採掘したマイナーは、同じ労力でBTCを採掘したマイナーの20−40%の報酬しかもらえなくなったことになる。これではいずれBCCを掘るマイナーはいなくなる。
そこで今回のハードフォークには、次のようなルールがあらかじめ追加されていた。「過去12時間以内に採掘されたブロックが6個未満であれば、次のブロックから難易度(演算にかかる時間)を20%下げる」というものだ。電気代が20%安くて済むため、マイナーにとって採掘するメリットが大きくなる。

もしかして、意図的な力

そして、後で考えると意図的な現象がおきました。
8月2日~3日にかかて、ブロックがしばらく生成されなかったようなのです。そして、この後13時間後にやっと採掘されたのです。

ちょうどビットコインキャッシュが上昇したとたんに大暴落した理由の中に、ブロック生成の難関について伝えられていた時期です。
間に合わない、これではビットコインキャッシュが生まれず、事実上はカタチにならずに終わるかもしれないという話がでました。

しかし……これが、もし電気代のことを念頭にわざと停止していたとすると
↓↓↓

その結果、その後6ブロック連続で採掘難易度が下方修正され、BCCの難易度はBTCの4分の1近く(26%)まで下がった。どうやら13時間のギャップが突然空いたのは、BitcoinCash派のマイナーが難易度を下げるルールを有効化させるため、故意にブロックを掘らなかったのではないかと推測されている。
しかし、ここでもう一度12時間以上BitcoinCashが採掘されなかったらどうなるだろうか。再び6−8回連続で難易度が下がり、その難易度はBTCの約23−35分の1(4−3%)になる。

現在海外サイトでは17%、そして今は13%まで何度はさがっていると報じています。
「繰り返し」12時間以上採掘しないことを続けていけば……

関連するまとめ

米、仮想通貨評価分かれる|「1600%上昇は危険」でも「見ているだけはつらい」

先日、仮想通貨先物上場したアメリカ。現在、リスクテイクに前向きな個人投資家が積極的に買いを進めているようです…

鈴木まゆ子 / 5888 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html