インターネットバンキング利用者の情報を盗んだり、通信内容を改ざんしたりするマルウェアの「DreamBot」(別名Ursnif、Goziなど)が、仮想通貨も標的にし始めたもようだ。
国内の大手銀行3行、地方銀行10行、クレジットカード10社や信用金庫の共同化システムのサイトに加え、4か所の仮想通貨取引所サイトが、新たに情報詐取の対象に入っていました。
日本サイバー犯罪対策センターやトレンドマイクロが相次いで注意を呼び掛けている。

銀行詐欺ツールの内容

「URSNIF(アースニフ)」ですが、別名:「DreamBot(ドリームボット)」またはGoziとも呼ばれています。

DreamBotは、近年に国内で猛威を振るうバンキングトロイ(インターネットバンキングを狙うトロイの木馬型マルウェア)の1つ。

2007年以前から存在する不正プログラム

2016年5月頃より、「年休申請」「請負契約書」「支払確認」等の件名・内容のスパムメールにより拡散。地方銀行を含め、国内ネットバンキング30機関以上が標的になりました。
インターネットバンキング利用者の端末に感染し、利用者の情報を窃取したり、不正送金を行ったりする被害が増えている。

今までの標的だった銀行やクレジットカードなど各種金融機関に加え、
仮想通貨取引所サイトが狙われていることが確認されたようです。

日本で一番拡散している銀行詐欺ツールと伝えていました。

仮想通貨取引所サイト狙い「6月下旬」発見

トレンドマイクロの調査によると、仮想通貨取引所サイトを狙う「URSNIF」(別名:DreamBot)が、今年6月下旬から継続して確認されたとのこと。

バンキングトロイは、ユーザーがウェブサイトにアクセスする際に、
ユーさーとサーバーとの間(通信)に割り込み、特有のページ画面が表示されます。
ユーザーが気が付かずに情報を入力すると、バンキングトロイに認証した情報を盗まれてしまいます。

一方で、「仮想通貨発掘マルウェア」が活発化する等、サイバー攻撃の対象としても注目されています。引き続きさまざまな攻撃が発生するとみて間違いないでしょう。

関連するまとめ

スイス鉄道の券売機でビットコインが購入可能に|仮想通貨先進国のスイスから未来を予測

ビットコインをはじめとする仮想通貨はものすごい勢いで世界中で認知が高まり、その将来性に期待が寄せられています…

すずきまゆこ / 1621 view

フィンテック金融異例の動き|三菱東京UFJが情報販売、 みずほ・三井住友とも仮想通貨…

3メガバンク(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)が、続々と「ほんの少しだけ」情報を公表し始めまし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4571 view

あのおなじみ米国ショップ|ビットコイン支払で20%OFF!

ビットコイン・スペシャリストのエアビスとの提携により、仮想通貨の普及を全面的にサポートとなった。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1459 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽