人や法人が専門家なしで銀行などで契約取引を行えるようにする金融プラットフォーム「Veritaseum」

すでに発掘のために小国一国分の電力が使われているとも言われるイーサリアムですが、なんと2017年7月に入って4度の仮想通貨泥棒の被害にあっており、4度目の被害では840万ドル(約9億4000万円)相当が盗まれています。

これは、人と人や企業と人が専門の仲介者不要で、
銀行などで契約取引を行えるようにする金融プラットフォーム「Veritaseum」上で行われた「ICO」のハッキングだといいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ICOについては何度か取り上げていますが、初めての方には
「株のIPO」のようなイメージで読み進めていただくか、
以前の記事を後でご覧くださいね。
※サイト左上窓に「ICO」で検索
http://virtualmoney.jp/I0001084  他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月23日、VeritaseumがICOにて、
840万ドル相当のイーサが盗まれたと報じており、

ICOをハッキングするという手口は、同じく2017年7月に起きた以下の事件とよく似ています。

7月19日の記事↓↓↓↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハッキング被害により資金を失ったと声明をだしていたのは
イスラエルのスタートアップ企業「CoinDash」

起業して間もないスタートアップが資金を集める際には、一般的には企業の株式を発行して出資者を募るという手法が採られるのですが、その代わりに独自の仮想通貨「トークン」を発行して販売することで出資を募るという手法「Initial Coin Offering(ICO)」が注目され始めています。
しかし、ある企業がICOを実施したところ、開始直後にハッカーにハッキングされてしまい、わずか3分の間に出資者から集まった700万ドル(約7億8000万円)相当のイーサリアムが全く関係ないところに送金されていたことが明らかになりました。

CoinDashではサイト上で、ICOの開始を発表し、
購入したい場合(ICO公開前購入トークン)は、
所定のアドレスへイーサリアムを送金を示していたといいます。

そしてICO開始数分後、異変がおきました。

それは、購入のために出資者から送られたイーサが、
指定した同社のアドレスではないところに送金されていることに気が付いたと記されています。

同社は、イーサリアムの送金を行わないよう緊急連絡対応を行い、
ICOのサイトも閉じたことで、被害の拡大を防止したとされています。

しかし気が付くまでの間、
その金額約7億8000万円(3万7,000イーサ)相当が被害にあったと公開されています。

オンラインフォーラムでは、同社の被害報告に対して
「ハッカーではなく内部者では?」との声もあがっているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回840万ドル相当のイーサを盗まれたと発表したVeritaseumは

関連するまとめ

Ethereum(イーサリアム)フォーク「ビザンチウム」近日始まる|16日予定カウン…

仮想通貨ビットコインが高騰する中、同時に動き出したイーサリアム。イーサリアムのイーサの価格は上昇していました…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 22209 view

イーサリアム高騰中!60倍まで上昇してますよー!

ビットコインの再来か!今、イーサリアムが熱いです!

仮想通貨マスター ケンちゃん / 3650 view

イーサリアム/Ethereumの何を知る? ブロックチェーン+2016最新参考資料

イーサリアム/Ethereumが話題になっています。ビットコインのブロックチェーン、スマートコントラクト? …

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2875 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽