なぜ仮想通貨ビットコインの8月1日の分裂危機を騒ぐのでしょうか。

今までは、取引所に預けておく場合に起こりうる内容をお伝えしてきました。
では、期間中のビットコイン受け取りと支払いはどうなるのでしょうか?
障害が起きる可能性も?準備と期間中の注意もご案内いたします。

ドル建て価格は15日深夜に一時、1ビットコイン=1994ドルをつけ、約1カ月半ぶりに2000ドルを割った。
8月1日にビットコインが複数の陣営に分裂する可能性があり、先行きの不透明感を嫌気した個人投資家が利益確定売りを出している。

下落理由「分裂危機」

ビットコインは最近の仮想通貨ブームで取引量が増え、取引確定に時間がかかるようになった。その解決方法を巡って取引記録をまとめる事業者と利用者が対立。利用者側は8月1日に「新たな枠組みをつくる」と予告している。

取引量が増えたことにより、ビットコインの送金は時間がかかるとうになりました。
海外送金の時間に比べれば、ビットコインは最速ですが、
仮想通貨として見ると、すでにパンクしていると感じるほどの状況です。

なんとか、「取引処理能力」を上げようと、
仕様変更にむけて提案されていることが、複数対抗状況です。
それぞれの提案には、メリットデメリットがあります。
ビットコインには「これにする」とう主権的な立場のモノはおりません。
主権がいないことへのメリットはありますが、
それがデメリットとなっているともいえるかもしれません。

なぜなら、どれで統一するかという最終判断をするものが「いない」となるからです。
独裁や主権を乱用する恐れのないところでは、
より透明性があり平等だといえますが、
どの提案が主となるのか、それにすべてが納得できるのか、
ここで合意できなければ分岐することは考えられる話です。
判明していないために、その日が到来してから、
初めて明らかになる様子もありうるのです。

関連するまとめ

国連の行動計画に「ブロックチェーン活用」|持続可能な社会の実現に貢献

ブロックチェーン活用は、先進国だけでなく途上国や小規模国家、ミクロネーションなどにおいて積極的に行われている…

鈴木まゆ子 / 1877 view

仮想通貨“2020年”までに急騰の可能性|世界中で政府が「禁止から容認」リレーが始ま…

2020年までに、仮想通貨ビットコインに何かが起こるとしたら?世界の基軸通貨となりうるのか、そして「価格は急…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 16970 view

銀行が破綻する日“地方銀行、メガバンクと続く”|仮想通貨・フィンテック認識の甘さが敗…

フィンテック、AI,仮想通貨、ブロックチェーン、日本の金融が躍起になっている活用への考え方は甘いと警告してい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12493 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽