従来の決済などの取引にかかる運用コストの低減効果も期待される。

ブロックチェーンの利用領域の話しになりますが、
2016年から解説されていた
ブロックチェーン1.0~3.0という伝えかたは、
今になってようやく浸透しやすい環境になっているのかもしれません。

現在のブロックチェーンは、ご存じの通り「仮想通貨」で浸透しました。
その技術を第二段階である金融関係に導入、
そして第三段階にはライフスタイルに導入

おそらく金融分野には、以前より着手していることから(実装はこれから)、
すでにライフスタイルへの導入検証が始まっていますね。
例えば、保険やタクシーや不動産などは話題になりました。

日本行政がブロックチェーンを導入するメリット

★先に触れた行政の情報一元化のために導入した際に
結果がでると思われている一例は、

行政のコスト削減と申請企業の省力化
を記載しましたが、具体的には↓↓↓

いまの情報システムはサーバーで一元管理している。防御にコストがかかるうえ、リスクを考えて共有できる情報を限定せざるを得ないという。
新システムでは官民ともに効率化が図れる。例えば総務省がパソコンを入札で購入する場合、参加企業は申請書や税の納入証明書などを用意する必要がある。それぞれ窓口を訪れて入手するなどの手間がかかっていた。
ブロックチェーンでシステムを一体化すれば、入札に参加する企業がこうした書類を集めなくても申請した段階で省庁が企業の情報を把握できる。
これまで社長の実印が必要だった証明書の取得が、担当者のマイナンバーでできるようになる仕組みを作る計画だ。

一般企業が実証実験を完了した事例「宅配・賃貸・株主総会」ほか

実は政府だけではなく、企業は既に多方面で動いています。
導入されている様子を聞くと技術の驚く拡散力を感じるかもしれません。

「宅配ボックス」実証実験
ーーーーーーーーーーーーー
パルコは、通販サイトで購入された商品を受け取れる宅配ボックスを
東京都内に設置したといいます。
ここで導入されどのような改善がなされるのかは、
ブロックチェーン上で宅配ボックスの施錠・解錠を設定。
そしてスマホを使って、利用者が荷物を受け取れるといいます。

最近も報じられている「配達の人材不足」「再配達の問題」に対して
大きな対策になるのではないでしょうか。

「賃貸」
ーーーーー
積水ハウスが仮想通貨取引所のビットフライヤーとの提携により、
今年度中に、賃貸住宅の情報管理に活用するシステムを構築するようです。
ブロックチェーンに個人情報を蓄積し、支払履歴確認・賃貸契約の審査短縮。
第一陣に子会社の積和不動産で運用をスタートし、
2020年を目標に50万戸強を抱えるグループの賃貸住宅にも活用する計画だといいます。

オートバックスセブンは中古カー用品の取引で応用した。「食の安全」に活用するのがベンチャー企業のシビラ(大阪市)だ。バルト3国のエストニアに本拠地を置くガードタイムと連携。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインの半減期が来る|有識者マイナス要因無し既に織り込み済

仮想通貨ビットコインが誕生してから、数日で2度目の半減期が迫っています。今さらですが、半減期後のビットコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2963 view

待つだけのビットコイン|価格は最強? 2016年に何かがおきる

すでに準備完了? 何かがすでに息をしているのか…ビットコイン。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2002 view

知らないと損をする仮想通貨の法案|今さら聞けない“2017年春から夏”はこう変わる

仮想通貨ビットコインの話を聞くけど、“投資商品だから恐いよね”、”どうせあの事件と同じになるから止めよう”な…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10799 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽