ブロックチェーンでシステムを一体化すれば、入札に参加する企業がこうした書類を集めなくても申請した段階で省庁が企業の情報を把握できる。
これまで社長の実印が必要だった証明書の取得が、担当者のマイナンバーでできるようになる仕組みを作る計画だ。

一般企業が実証実験を完了した事例「宅配・賃貸・株主総会」ほか

実は政府だけではなく、企業は既に多方面で動いています。
導入されている様子を聞くと技術の驚く拡散力を感じるかもしれません。

「宅配ボックス」実証実験
ーーーーーーーーーーーーー
パルコは、通販サイトで購入された商品を受け取れる宅配ボックスを
東京都内に設置したといいます。
ここで導入されどのような改善がなされるのかは、
ブロックチェーン上で宅配ボックスの施錠・解錠を設定。
そしてスマホを使って、利用者が荷物を受け取れるといいます。

最近も報じられている「配達の人材不足」「再配達の問題」に対して
大きな対策になるのではないでしょうか。

「賃貸」
ーーーーー
積水ハウスが仮想通貨取引所のビットフライヤーとの提携により、
今年度中に、賃貸住宅の情報管理に活用するシステムを構築するようです。
ブロックチェーンに個人情報を蓄積し、支払履歴確認・賃貸契約の審査短縮。
第一陣に子会社の積和不動産で運用をスタートし、
2020年を目標に50万戸強を抱えるグループの賃貸住宅にも活用する計画だといいます。

オートバックスセブンは中古カー用品の取引で応用した。「食の安全」に活用するのがベンチャー企業のシビラ(大阪市)だ。バルト3国のエストニアに本拠地を置くガードタイムと連携。
宮崎県で栽培された野菜の生産情報を管理し、消費者は野菜の包装資材に付けたQRコードをスマホで読み取ると生産工程の情報を確認できる。食材のトレーサビリティー(生産履歴の追跡)向上が期待できる。

「株主総会・株主投票」
ーーーーーーーーーーー
インフォテリアでは、株主の投票実証実験をブロックチェーンを活用し実証実験を実施済。
投票ではインフォテリア本体でも記録を改ざんできない仕組みを導入しています。
費用についても人件費込みで約100万円だったといいます。
システム構築に今回の費用は「安価」でできたとし、さらに広げていく方針だとしています。

日銀の黒田総裁も語った「金融に大きな変化の可能性」

半年以上時間が経過してしたように感じますが、
日銀でも発言されてきたことを思い出せるでしょうか。

ブロックチェーンは仮想通貨の基盤技術で、送金コストの大幅削減などのメリットは長く注目されてきた。日本のメガバンクも独自の仮想通貨の取り組みを進めている。

三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」、みずほ銀行の仮称「みずほコイン」
終わったわけではなく、これから市場にお披露目となる時を待っている期間ですね。

ブロックチェーンは分散した組織が自律的に動くのが特長だが、銀行が主導する仮想通貨は管理者が存在する「プライベート・ブロックチェーン」と分類される。

中央銀行は2016年4月早々に、「フィンテックセンター」も設立しています。

同年8月に開いた第1回のフォーラムでは黒田東彦総裁がブロックチェーンなどについて「金融の形態にも大きな変化をもたらす可能性がある」と指摘した。
日銀は16年12月に欧州中央銀行(ECB)とブロックチェーン技術の共同研究を始めると発表。決済システムなど金融市場インフラへの応用可能性を調査するプロジェクトを立ち上げ、17年をメドに研究成果を公表する予定だ。海外でもイングランド銀行やオランダ銀行などがブロックチェーンの研究を進めている。

海外ではもっと進んでいるところがあります。
有名ところでは「エストニア」が最初にでてくるのではないでしょうか。

電子政府を推進する一環で、ブロックチェーンを積極的に採り入れている。同国の推進団体の関係者は「サイバー攻撃に強く、手続きに伴う認証作業は容易。
低コストなのが魅力だ」と説明する。起業がしやすく人材獲得も容易な点が評価され、ガードタイムのようなスタートアップ企業も集まる。次世代の産業の一大集積地になりそうな勢いだ。
感想

感想

ブロックチェーンを知るためにも、仮想通貨を知ること、仮想通貨を分かるためには、ブロックチェーンを分かる段階を持つことが、理解をする過程なってくるのかもしれません。
また、「仮想通貨」そのものに関心がないとしても、いずれは仮想通貨が選択のひとつに並ぶ可能性は濃厚だとも考えられませんでしょうか。
メガバンクも、そして世界の大きな歴史ある中央銀行でさえ、銀行の仮想通貨へ取り組んでいるのですから。
日本でいうと、知らない人のほうが、ほとんどの現時点では、今から情報として関心をもつことは、まったく遅くないはずですね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

億万長者マイケル・ノボグラッツ氏「資産の10%が仮想通貨」|将来の保有にも言及

フォーブスに億万長者として名を載せたことのあるマイケル・ノボグラッツ(Michael Novogratz)氏…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9349 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。