着実な動きを時系列にご紹介いたします。
騒ぎ立てられずに、知っているものだけで育ててきたような印象を受けるかもしれませんね。
それでも上位にいつも座を維持し続けてきている強さもあるようです。
取り上げると、怒られるかもしれませんが、
以前より浮足立たない安定した成長をご紹介いたします。

古株のLitecoin(ライトコイン)生い立ち

マーケットでは、ほぼいつも上位4位に座っているLitecoinライトコイン

※週末にアップしています仮想通貨ランキングをご覧いただければ、
より順位の定着を確認いただけるかと思います。

2013年は、1LTCは、$3.63でした↓↓↓

当時、2015年夏。
まだ日本ではビットコインですら一部の人だけしか
仕組みを知ることが難しかったころです。
そのころのライトコインの説明はこう記されていました。↓↓↓

発行通貨はビットコインの4倍8400万枚と他の仮想通貨と比較しても発行量は多いです。
(リップルは1億XRPとなっているが本質的にちょっと違う)
ライトコインは元Googleのチャーリー・リーにより作られました。
ライトコインがビットコインと比べて大きく異なるのは以下の2点
・採掘はビットコインよりハードルが低い。
・取引時間が短い。

紹介されるときは、ビットコインは「金」
そして、ライトコインは写真の通りイメージを「銀」としていました。
少し過去記事を掘り出すと、懐かしく古くから存在する仮想通貨が、
まだここで守っているということに嬉しさを感じます。
当時は順位で言えば3位でした。
この後2015年夏頃でしょうか、イーサが誕生し、
2016年に爆破をして上昇したイーサが2位に浮上し、
リップルとライトコインがひとつ順位を下げているということになります。

元々どちらかと言うと、ライトコインはビットコインを
追い越して大きくなろうというよりも、
ビットコインのオープンソースコードの最適化として開始されました。

Litecoin(ライトコイン)ここ2,3か月間の動きが着実

浮き沈みをしながらと言うこともありますが、
仮想通貨市場全体の浮き沈みに「順応してきた」というイメージを与えるような気がします。
しかし、ここ最近は順調に上昇する線を描いており、
予測通りのきれいな上げ幅を伸ばしてきています。

2017年3月…$4.12

2017年5月…$15.56

2017年6月14日…$31.82

2017年6月30日…$41.34

$で簡単に推移を抜き出しますとマーケットのチャートでは

2017年3月…$4.12
2017年5月…$15.56
2017年6月14日…$31.82
2017年6月30日…$41.34

一線を越えて、もどしてという一連の動きを見せていますので、
6月18.19日頃に、一度最高額$53.15をだしています。

上昇した理由は、これかもしれないというのを幾つかもっておりますが、
必ずしも、断定できるとも言い切れません。
上昇の兆しを見せたころから、個人的に注意して
ニュースソースを保存してきましたが、
それもどちらかと言えば大きなことではなく、、
安定した地場固めのような報道が続いていました。↓↓↓

Litecoin(ライトコイン) SegWitの完全なサポート

Trezorソフトウェアアップデートにより、Litecoin SegWitの完全なサポートが可能に

Trezor Software Update Enables Full Litecoin SegWit Support

具体的には、ソフトウェアの側面が最近更新されています。その結果、TrezorはSegWit Litecoinをサポートするようになりました。

More specifically, the software side of things has been updated recently.As a result, Trezor now supports SegWit Litecoin.

このTrezorソフトウェアアップデートはLitecoinユーザーが持っていたいくつかの他の問題にも対処しているようです。具体的には、大量のトランザクションを使用して異なるアカウントをロードするときに、軽度の問題が発生するユーザーがいました。物事のソフトウェア面がハードウェア財布にとって非常に重要であることは明らかです

It also appears this Trezor software update addresses some other issues Litecoin users had.More specifically, some users experienced minor issues when loading different accounts with large amounts of transactions.It is evident the software side of things is incredibly important for hardware wallets.

そして、さらに

中国ViaBTC取引可能に「人気上昇」

新たに立ち上げられた中国の暗号トラヒック交換であるViaBTCは、直ちにLTC取引を可能にする。

ViaBTC, the newly launched Chinese cryptocurrency exchange, will enable LTC trading soon.

まもなくViaBTCがLTC / CNY取引を開始する

ViaBTC Will Launch LTC/CNY Trading Shortly

現在、中国のLitecoin に対する需要が大きいことは明らかだとも伝えられています。
過去3年間にわたり、ライトコインは過小評価されていると感じるとも報じられており、
今回上昇するかどうかはわかりませんが、正しく扱われる状況にきているのではないかとも言われているのかもしれません。

さらに……

Payza(ペイザ)のe-walletサービスで受け入れ

Payza(ペイザ)のe-walletサービスでは、
アルトコインを有効にすると伝えられてきました。
アルトコインの種類には、ライトコインも含めて開示されているのは、

受け入れられる新しい通貨には、Litecoin、Ether、XRP、Dashがあります。
さらに、同社は数十のaltcoinをサポートすることで、新しいレベルに物事を引き継いでいます。これらの代替通貨はすべて、Payza電子財布の資金調達にも使用できます。

Moreover, the company is taking things to a new level by supporting several dozen altcoins.All of these alternative currencies can be used to fund one’s Payza e-wallet as well.

非常に多くの異なる暗号化通貨で支払いカードに資金を供給できることは興味深い発展です。

Being able to fund a payment card with so many different cryptocurrencies is an intriguing development, that much is evident.

Litecoin(ライトコイン)は、今までよりも注目が集まるのは
明確であろうと感想がもれていました。

感想

感想

銀のLitecoin(ライトコイン)は、我先にと表にでてきた仮想通貨ではありません。どちらかというと、つつましくきたイメージであり、大きく高騰した話も耳にすることが少なかったのではないでしょうか。
ファンから見ると、ようやく価値が浸透し、認められてきたという感想をもつのでしょうか。
仮想通貨市場そのものが上昇をしていますが、ことLitecoin(ライトコイン)に関しましては、それでも上位から降格することなく、長きにわたり存在していることにも驚くかもしれませんね。
これからは正しい価値で評価を受けるとも伝えているところがありますが、逆に今後をどう成長させていくのかが気になるところですね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

他の仮想通貨よりも発行量が一番高いライトコイン

リップルを抜き、上位に浮上したライトコイン。 他の仮想通貨よりも発行量が一番高いのが特徴です。 ある1つ…

松本のぶよし / 3404 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽