「仮想通貨=ビットコインかと思っていたら、他にも色々あります。
イーサリアム、リップル、ライトコイン、Moneroなどなど多種多様な仮想通貨が誕生しています。
そのような中、地方創生の観点から地域独自の仮想通貨を作ろうという話題も出てきています。
その地域だけで使える仮想通貨を作って地域経済の活性化を図ろうという趣旨です。」

出典引用:地域独自の仮想通貨が成功する条件 | 東猴史紘
http://www.huffingtonpost.jp/fumihiro-toukou/bit-coin_b_17045896.html

                                “

実際に仮想通貨が表で騒がれるようになってから、
地域通過への見直しや見当がいたるところで発表されるようになりました。
そして、地域の金融業界もこぞって着手するようになり、
日本列島では地域の仮想通貨への視線が熱い状況なのです。

何度かご紹介している中には、
会津の白虎コイン、
沖縄の琉球コイン
あべのハルカス「近鉄ハルカスコイン」、など。
また、その後ご紹介はしてきませんでしたが他にもありますね。

地域だから関係ないと気に留めないことがありますが、
地域通貨は全国、そして海外にまで価値を感じてもらえるようなコンセプトを考案し、
付与していこうとしているコインも存在します。
投資価値のある地域通貨を目指して実験中のところもありましたね。

そして、今回は現在話題となる「地域通貨」が
当たり前のように日常成功している例もここでご紹介させていただきます。

観光客アップ「地域の仮想通貨」成功例

関連するまとめ

仮想通貨アルトコイン(新興)も成長中|あなたのコインは大丈夫?見分け方

ビットコインも急上昇すると予測される半減期を待っている間にアルトコインの整理もしている様子。でも、あなたのコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3215 view

ビットコイン(Bitcoin)は「ノアの箱舟?」誰でも乗れる資産防衛の舟を考える

Business Journalの連載記事がビットコインを取り上げています。日本の債務がGDPの4倍で財政破…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2829 view

ビットコインとリップルの違いとは

ビットコインとリップルの違い

松本のぶよし / 3360 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽