「仮想通貨=ビットコインかと思っていたら、他にも色々あります。
イーサリアム、リップル、ライトコイン、Moneroなどなど多種多様な仮想通貨が誕生しています。
そのような中、地方創生の観点から地域独自の仮想通貨を作ろうという話題も出てきています。
その地域だけで使える仮想通貨を作って地域経済の活性化を図ろうという趣旨です。」

出典引用:地域独自の仮想通貨が成功する条件 | 東猴史紘
http://www.huffingtonpost.jp/fumihiro-toukou/bit-coin_b_17045896.html

                                “

実際に仮想通貨が表で騒がれるようになってから、
地域通過への見直しや見当がいたるところで発表されるようになりました。
そして、地域の金融業界もこぞって着手するようになり、
日本列島では地域の仮想通貨への視線が熱い状況なのです。

何度かご紹介している中には、
会津の白虎コイン、
沖縄の琉球コイン
あべのハルカス「近鉄ハルカスコイン」、など。
また、その後ご紹介はしてきませんでしたが他にもありますね。

地域だから関係ないと気に留めないことがありますが、
地域通貨は全国、そして海外にまで価値を感じてもらえるようなコンセプトを考案し、
付与していこうとしているコインも存在します。
投資価値のある地域通貨を目指して実験中のところもありましたね。

そして、今回は現在話題となる「地域通貨」が
当たり前のように日常成功している例もここでご紹介させていただきます。

観光客アップ「地域の仮想通貨」成功例

長崎・壱岐の最北端勝本港。
江戸時代から続く「朝市」で並ぶ干物を購入しようと……

支払いの段になって記者はあらかじめスマートフォン(スマホ)に登録した「しまとくウォレット」を差し出した。
すると村井さんは四角い「電子スタンプ」を取り出し慣れた手つきでスマホ画面に判をつき支払いは完了した。全国初の電子地域通貨「しまとく通貨」はすっかり定着している。
島内を巡ると「しまとく通貨」と書かれた緑色の旗が目に付く。壱岐や五島の離島で使える同通貨は13年に「紙幣」で発行、16年に電子通貨へと進化した。
使える場所も飲食店や旅館から美容院まで幅広い。壱岐島内のタクシーではクレジットカードは使えなくても、しまとく通貨でなら支払える。

しまとく通貨を利用できるのは観光客など「島外の人のみ」で、
パックツアーなどを利用し、おまけもつくものもあります。

島外のマネーを呼びこもうという、文字通り「外貨を稼ぐ」戦略だ。成果はいかほどか。壱岐へ向かう前に長崎市内にある通貨の発行委員会を訪ねて聞いてみた。
「全都道府県からの来島を達成できた」。江口義信事務局長は満足げだ。委員会によると、壱岐などへの来島者数は通貨導入前に比べ21%増加。観光消費額も20%増えた。

関連するまとめ

ディスコ社内仮想通貨WillでV字回復|仮想通貨で改革「働きやすい企業」最優秀賞

株式会社ディスコをご存じでしょうか。バブル崩壊後、V字回復でも、そして社内の教育や、目を見張る業績で注目の的…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3508 view

どうする? 投資すべきか? ビットコインを検証する

投資家たちが動いている。今がその時なのか? 検証材料はいくつ必要でしょうか。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1141 view

ドイツの公共料金をビットコイン払いで!ついに行政機関にも仮想通貨が浸透し始めた

ドイツのハノーファーにて、公共料金支払いがビットコイン払いOKになりました。 水道光熱費は現代の人間の生活…

すずきまゆこ / 1075 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽