あれ? Coincheck(コインチェック)さんと言えば、
仮想通貨の定期預入サービスがあったよね。混乱しますが、
リリース後、異常事態が起こり、すぐにサーバーが停止しました。
のちにロールバック処理を行い、いつの間にか仮想通貨の定期預入は消えました。

今回の、“貸仮想通貨”サービスを再開は、
幻となった仮想通貨定期預入サービスとほぼ条件が似ています。

ただし、保証と、貸し出しできる仮想通貨が、
取扱いのある仮想通貨がほぼ可能だということです。

貸せば利息が入るのですが、リスクもあります。


最大年率5%!と放つサービスの内容や
受け取れる利息の計算と大事なリスク。
また、少しだけ許せないという声もあるロールバック処理経緯についても、
併せて取り上げさせていただきますね。

Coincheck(コインチェック)さんの、
ロールバック処理については、かなりの批判もでていましたが、
今回の仮想通貨貸し出しについては、また新たな関心を提供しています。

売りに出すには利幅が少ない、でも手放せない。そんな思いで所持しているような、
アルトコインを微妙な価格で保有しているユーザーさんにとっては、
最高の美味しいサービスとして感じられているような声も聞こえました。

コインチェック『貸仮想通貨サービス』

「貸仮想通貨サービス」とは、お客様の保有する仮想通貨について、お客様と当社が消費貸借契約を締結することによって、一定期間当社がお預かりし、
契約期間満了後にお預かりした仮想通貨と同量・同等の仮想通貨をお返しするとともに、一定の料率で計算した利用料をその仮想通貨でお支払いするというサービスです。

所持していて眠っている仮想通貨・利用していない仮想通貨。
そんなユーザーの仮想通貨を、コインチェック株式会社に貸出するというもの。
ユーザーは、貸し出しした自分の仮想通貨の利用料を得ることができる仕組みです。
期間は貸し出すユーザーが、幾つかから選択することができ、
期間によって仮想通貨の利用料計算となるパーセンテージが変わります。


また、この度の再開より対応する仮想通貨が
コインチェックサービス上で取り扱いのある全通貨となっています。

乱暴な言い方をすると、
あなたの持っている仮想t通貨を少し貸してください。
そのかわりに、タダでとはいいません、借り賃をお支払いしますよ。
というニュアンスになります。

※貸出期間が終了した仮想通貨は、利用料を加算して償還されます。償還される仮想通貨は貸付時と同通貨であり、他の仮想通貨と交換することはできません。

対象の仮想通貨

今回は、コインチェックさんで取扱いのある仮想通貨が全て対象となるようです。

ビットコインに加えて、ユーザーは、ethereum、ethereum classic、lisk、factom、monero、augur、ripple、zcash、nem、litecoin、およびダッシュを貸すことができます。

In addition to bitcoin, users can lend ethereum, ethereum classic, lisk, factom, monero, augur, ripple, zcash, nem, litecoin, and dash.

Coincheck Reopens Lending Service with 11 More Cryptocurrencies - Bitcoin News

Coincheck Reopens Lending Service with 11 More Cryptocurrencies - Bitcoin News

ただし、19日に届いている案内メールには↓↓↓

※現在Ripple(XRP)は、弊社で想定している借入上限を超える貸出申請をいただいており、これから申請していただく方は、承認までにしばらくお時間を頂戴することになると想定されます。その他通貨での申請はスムーズにご案内することが可能でございますので、是非、ご検討くださいませ。

と、記載されており、リップルに関しては、少し時間がかかりそうです。

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽