日本、米国、香港の個人投資家に対する最近の調査によると、ビッグコインのようなデジタル通貨に投資しているのはごくわずかに過ぎず、 成長の可能性は非常に高い。

A recent survey of retail investors in Japan, the US, and Hong Kong shows that only a tiny fraction of them are currently investing in digital currencies like bitcoin, leavingtremendous potential for growth.

マネックスグループが、第23回「MONEX グローバル投資家サーベイ」を発表しました。

調査は日本・米国・中国(香港)でインターネットを通じて集めており、日本872件、米国122件、中国(香港)300件。
期間は2017年5月29日(30,31日)から6月2日までの直近結果。

内容には「仮想通貨」への投資状況、そして気になる影響なども調査されています。

マネックスグループの子会社3社の顧客に尋ねられました。Monex Inc.、米国Tradestation Securities Inc.、香港のMonex Boom Securities Limitedなどがあります。

Monex Inc. in Japan, Tradestation Securities Inc. in the US, and Monex Boom Securities Limited in Hong Kong.Customers of three Monex Group subsidiaries were asked;

仮想通貨への投資調査

政府が4月1日に法的支払い方法としてビットコインを認識したにもかかわらず、日本のデジタル通貨投資家の数は依然として非常に低いとの調査結果が出た。

Despite the government recognizing bitcoin as a legal method of payment on April 1, the number of Japanese digital currency investors is still very low, the survey found.

今回は、「ビットコイン」などいわゆる「仮想通貨」への投資について調査を実施。その結果、日本の個人投資家で既に仮装通貨に投資を行っている人は3.0%、米国では3.3%、中国(香港)でも10.3%と、実際に投資を行っている人の割合はまだまだ低いことが判明した。

グラフの数字をひろいますと、

青□…仮想通貨に既に投資している
赤□…仮想通貨に興味はあるが、まだ投資していない
緑□…仮想通貨に興味がない
紫□…仮想通貨をしらなかった


「仮想通貨に既に投資している」
日本3%、米国3.3%、香港10.3%

「興味はあるがまだ投資していない」
日本34.9%、米国23.8%、香港25.0%

意外な驚きがあったのは、↓↓↓

また米国・中国(香港)の個人投資家の2割程度は「仮想通貨を知らなかった」と答え、投資はしなくても認知度は高い日本の個人投資家とは大きな違いがみられた。

日本では全く知らなかったという数字が2.4%となっていますが、
直近まで私の友人はこの2.4%に含まれる人が数人います。
周囲で聞くと、同じく仮想通貨に古くから興味をもっている方の友人も、
同じくこの2.4%に含まれていることより、
マネックスグループの顧客という調査対象の人と完全なる一般消費者との差が
若干あるものとは思われますね。

ただし、そうしたことを考えると、
逆に「仮想通貨」への投資に対しては、
まだ余地があるのかもしれないと予測が入るのかもしれません。

私個人では自分の仕事や趣味について、
よほど詳しく聞かれなければ、人に話すことは“ほぼ無い”ため
周囲の人は知らない人が6-7割になるのではないでしょうか。

日本「投資家数の増加」

マネックスの調査は、ほとんどの回答者が日本にいるので、日本の投資家に焦点を当てています。 日本のマネーマーケットの顧客の3%しかデジタル通貨に投資していないと主張していますが、同国のビットコイン取引量は絶えず増加しています。

Monex’s survey is focused on Japanese investors since most of the respondents were in Japan.Even though only 3% of Monex’s customers in Japan claim to have invested in digital currency, bitcoin trading volume in the country has been constantly growing.

ビットコイン取引所では、記録的な数の顧客登録と取引量が見られました。先週、日本最大の取引量であるBitflyerは、「顧客数の急激な増加により、顧客サポートの問い合わせへの対応が遅れている」と発表した。

Record numbers of customer signups and trading volume were seen at bitcoin exchanges.Last week, Japan’s largest exchange by volume, Bitflyer, announced that “due to a rapid increase in the number of customers we serve, we are experiencing delays in our responses to customer support inquiries.”

個人でもとても疑問が残るところは、
仮想通貨にトライしている人は本当に「たった3%」だけなのかと言う点です。
実際に取引所でのユーザー数は大きく増えており、
日々シェア率を追いかけている者から見ると、
もう少し参加している人が多いのではないかと考えます。

ただ、かなり前にご紹介したことがある数値でもでていましたが、
一人当たりが所持している仮想通貨所持量は大きな差があったのは、
それほど変わりがないのかもしれません。
少額から始めているお試しのユーザーと、
億万長者になっているユーザーとの差は少しあるのでしょう。
実際に、日本人も仮想通貨でかなりの億万長者がでているというのは、
ご紹介したことがありますが、周囲にもその色が見えています。

だからこそ↓↓↓

調査によると、Bitcoinには、リテールの投資家が成長する余地があります

Survey Shows Bitcoin Has Much Room to Grow with Retail Investors

という所見も報じられるのかもしれません。
「リテールの投資家」とは、一般投資家のことになります。
※私のように生活は他で収入を得ていますが、趣味で仮想通貨に魅せられ、
そこそこ買ったり追いかけたりと、普通に参加しているような者です。

関連するまとめ

仮想通貨アルトコイン(新興)も成長中|あなたのコインは大丈夫?見分け方

ビットコインも急上昇すると予測される半減期を待っている間にアルトコインの整理もしている様子。でも、あなたのコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3740 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽