いったい何が起きているのか、私たちは冷静に知る権利があります。
仮想通貨市場はほぼ一気に下落し、真っ赤になっています。
しかし全体の市場シェア率は上がっており、
特にイーサは高騰で首位のビットコインの背中を捉えている距離。

ではなぜいきなりビットコインの売りが膨らんだのでしょうか。
そして、あまり聞くことがなかったイーサリアムについての否定意見。

今後のひとつの資料としてご紹介いたします。

仮想通貨市場初「ビットコイン」王座から陥落危機

ビットコインはほんの1年前まで時価総額5.3兆円、ブロックチェーン上で行われるデイリーの取引数30万件、時価総額支配率90%超と、これまで他のアルトコインを寄せ付けない”The Blockchain”としてパブリック界の首位を維持してきたが、この2ヶ月で業界の様相は一変している。
ブロックチェーン情報メトリクスサイト「FLIPPENING WATCH」のデータによれば、ビットコイン(BTC)の取引数は 241,886 件/日で、イーサリアム(ETH)は 238,939 件/日だという(マニュアル入力で観測していることに注意されたい)。
これは、比率にすると 98.8 %であり、今一歩イーサリアムが急進すれば、ビットコインを超えることができるということになる。

そして、この記事を読んでいたのが昨日の12日でしたが、
今朝はもっと近づいており、今夜あたりなのか気にしていたのですが……

先ほど確認したところ、すでに24時間の取引ボリュームは
追い越した様子がたたきだされているのです。↓↓↓

24時間ボリューム
ビットコイン$2,622,100,000
イーサリアム$2,987,530,000

時価総額も
ビットコイン$44,132,412,725
イーサリアム$37,330,084,116

仮想通貨市場のシェアをおおよそ6%でおいつくとろこまできています。
このままの勢いでいくと今夜には既に、
仮想通貨市場初めてのビットコインが王座を明け渡すことになるかもしれません。
この勢いは、こうして記事を書いている間に、
どんどん更新されており、間に合わないほどのスピードなのです。

現時点で最も話題になっている議論の1つは、Ethereum(ETH)の時価総額とそれがビットコインの時価総額を上回る可能性である。

One of the most topical discussions at the moment is the market capitalization of Ethereum (ETH) and the possibility of it surpassing bitcoin’s market cap.

仮想通貨ビットコイン「膨らむ売り要因」

IT株との連動と過熱の沈静化

仮想通貨ビットコインの価格が急落した。ビットコインの情報サイトを運営するコインデスクによると、ビットコインのドル建て相場は米東部時間12日午後に一時、前日比499.3ドル(16.3%)安の2525.24まで下落した。
米株式市場で前週末9日に相場をけん引していたアップルなど主力のIT(情報技術)関連銘柄に売りが膨らんだのを受け、12日の世界の株式市場でIT関連株が売り込まれ年初から急上昇していたビットコインにも売りが波及した。

世界で、「IT株」の調整色が強まったことが、
今までの仮想通貨ビットコインへ過熱していた感触を意識し、
そして同様に売りが膨らんだのではないかと続いていました。

中国の引出し再開による膨らみ

大口投資家の動向も価格急落につながったようだ。コインデスクによると中国の取引所大手OKコインで「大口投資家によるビットコイン資産の引き出しが相次いだ」という。

中国の取引所が停止していたことより、
引出しができなかったわけですが、6月より再開されました。
以前より懸念されていたことですが、
引出し可能になりビットコインの引出しが膨らんだという見方も要因だと伝えています。

イーサリアムの取引される理由

「Bitcoin and Ethereum Sentiment Survey」の回答者の94%が、ビットコインの約3倍のエターリアの見通しを得ていると答えています。ビットコインの幻滅の主な理由は、高い料金、集中化の増加、スケーリングの見通しであるように見えます。

Ninety-four percent of respondents to our ’Bitcoin and Ethereum Sentiment Survey’ indicated that they were positive on the outlook for ethereum – almost three times as many as for bitcoin.The main reasons for the disillusionment with bitcoin appear to be the high fees, the increasing centralization and the outlook for scaling.

※エターリアは、イーサリアムのこと

関連するまとめ

イーサリアム管理ができるウォレットMyEtherWalletが分裂|共同設立者がMy…

仮想通貨で知られるEthereum(イーサリアム)上の通貨であるETH(イーサ)を管理できる財布(ウォレット…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 16783 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。