イーサリアムの共同設立者、ヴィタリック・ブテリン氏は、プーチン大統領と個人的に会話を交わし 、プーチン大統領がブテリン氏の「ロシアで事業提携先を探したい」という意向にこたえる意向を示したことを明らかにした。

ロシアの報道メディアRBCによると、両者の接触は2017年6月1日から3日まで開催されていた「サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムSPIEF)2017」 で実現。

1997年以来年に1度開催されており、ロシアのビジネスリーダー、財界リーダー他、世界各地からも参加される国際経済フォーラム。
今回、開催されたばかりですが、30億ユーロ以上の投資をもたらしたと言われているようです。

大きな国際的な会で、
ロシアのプーチン大統領と、あのがEthereum(イーサリアム)考案者であるヴィタリック・ブテリン氏が接触しました。

ヴィタリック・ブテリン氏との接触は、
内容は明かされていないと報じられていますが、
海外サイトでは、新しいビジネス関係が確立され
既に動きだす様子を伝えています。

プーチン大統領のような政府最高長官が仮想通貨に関心をいだいている事実は、仮想通貨を次のレベルへと押し上げる原動力となるだろう。

ロシアのプーチン大統領「Blockchain ブロックチェーン」に熱心

ウラジミール・プーチン大統領は「デジタル・エコノミーに病的なほど執心している」と、ロシアのイーゴリ・シュワロフ第一副首相は語った。
ロシア政府は現在、技術開発における先端知識の取り込みや、問題対処に関してはユーラシア経済共同体(EAEC)を通じて行っているとのこと。シュワロフ第一副首相は、「各分野の専門家を招致するための準備は常にできている」と付け加えた。

フォーラムのセッションには、
「Blockchain -新しい経済の誕生」
「blockchain技術の爆発的なインパクト」がありました。
中央銀行は、独自のデジタル通貨を開発することへの検討など、
ロシアの将来が「デジタル経済」の発展に繋がるものではないでしょうか。

プーチン大統領とブテリン(Buterin)氏の会談

Buterin氏は、彼がロシアで開発した技術を使用する機会について説明しました。大統領は、可能なロシアのパートナーとの関係を確立するという考えを支持した。

Mr Buterin described the opportunities for using the technologies he developed in Russia.The President supported the idea of establishing ties with possible Russian partners.

Russian President Vladimir Putin Discusses Using Ethereum with Vitalik Buterin - Bitcoin News

Russian President Vladimir Putin Discusses Using Ethereum with Vitalik Buterin - Bitcoin News

伝えられるところによれば、大統領はBlockchain技術によって舗装された道路に続いて新しいビジネス関係を確立するという考えを支持した。

Reportedly, the president supported the idea of establishing new business relationships following the road paved by Blockchain technology.

現在、大統領直下で行われている「新しいデジタル・エコノミー」構想は、ブロックチェーンを使ったものでは、ロジスティクス、アイデンティティ、デジタル・プロパティの3つのユースケースが考えられており、テストが行われているとのことだ。

現時点では伝えられる最小でも、
3つのブロックチェーンアプリケーションが検討されており、
上記の通りテストが行われているようです。

ロジスティクス(物品の追跡)、
アイデンティティ(身分証明の作成)、
デジタル・プロパティ(所有権保護システム)
これらの導入も含まれていると思われます。

ロシアが世界のIT業界リーダーになるチャンス

以前のロシアを拾い集めると、
仮想通貨(暗号通貨)には、公的には賛成していない様子が伝えられていました。
しかし、ある時をさかえめに、積極的な動きが見受けられるようになり、
あっという間にここまで話が進んできました。

当初、他の国家指導者たちはそれを疑問視していましたが、今ではこれがすべての課題に対する答えであり、単に大胆でなければならないことを認識しています。

At first, other state leaders viewed it with suspicion, but now they realize that this is the answer to all challenges and they just have to be bolder.

ブロックチェイン技術は、インターネットという別の技術的発明としばしば比較され、その影響はずっと大きいと予想されます。World Wide Webの場合と同様に、大胆になり、他の誰よりも先に技術ソリューションを実装することに決めた国々は、大きな競争上の優位性を持つことになります。

Blockchain technology is often compared with another technological invention - the Internet - and the impact of it is expected to be much greater.Just like in the case of the World Wide Web, those countries that decide to be bold and implement technology solutions before anyone else does are going to have a significant competitive advantage.

ロシアは、世界のIT業界のリーダーの1つになれる機会を得ています。プーチンとバテリンの会談の詳細は秘密裏に保たれていますが、大統領は制限と制裁にもかかわらず、Blockchain技術の開発を完全に支持する用意があります。

まとめ

各国の政府の仮想通貨に対する関心は、日を追うごとに高まっている。早期段階からFinTechの促進に取り組んできた英国では、2014年にジョージ・オズボーン前英財務省が自らビットコインを購入し 話題を呼んだ。
イングランド銀行は2016年2月、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの提携で、独自の仮想通貨「RSコイン」を開発したほか、仮想通貨用プラットフォームへの利用を視野に入れた、ブロックチェーン技術の開発にも着手している。
プーチン大統領が動いた今、トランプ大統領と習近平国家主席のスタンスも気になる。英国やフランスほど好意的でないことは確かのようだ。
感想

感想

様々な政治的な背景は、仮想通貨環境やブロックチェーンに大きな差がうまれるかもしれません。
環境の変化が早く、とてつもないエネルギーが裏で動くこともありうる話です。
国を超えて人々が平等に利用できる仮想通貨社会として確立されるまでには、こうした国と政治と自治の関係がしばらく続きそうですね。
このニュース後、イーサリアムのイーサは徐々に、ゆっくりと上昇している様子です。
ただし、この報道前からイーサの人気が沸騰していますので、まだ何がおきるとどう動いていくのかは、ほんの少しだけ様子を見ていきたいですね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ル イーサリアム(ETH)が60倍まで高騰、時価総額1000億円突破!!

イーサリアム(ETH)がクラウドセール時より60倍まで高騰した。 ライトコイン、リップルを一気に追い抜き、時…

りみりみ / 2787 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽