そもそも、ビットコンとは・・・

ビットコインでできる事は、通常の通貨と同じです。ビットコインを用いれば、個人間、企業間を問わず、物やサービスの対価として支払いを実行できます。
ビットコインは仮想であるというだけで、通常の通貨と同じように使えるお金の一種だと言えます。

決済手段として利用できる

利便性がかなり高いのにその手数料は意外と安い

クレジットカードは、受け取り側の手数料が、3%~7%と非常に高いのに対し、ビットコインは、1回につき数円~数十円になっています。この差はすごいですね。

ビットコインは送金者から受取者へ直接送金が行われる。資金回収が即時であるため、これまでのカード決済のように翌月まで入金を待つようなことが不要になる点も事業者には魅力となる。
24時間即時決済が可能なため、ネット上でその場で購入・決済・サービス提供が可能になり、ビジネスの可能性が広がる
個人や中小企業、新規事業者など、カード会社審査のハードルが高く、カード決済利用が難しかったビジネスにおいて、ネット決済が可能になる

決済できるという点についてはクレジットカードと変わりありませんが、ビットコインは、中間業者を挟むことがないため、受け取り側の手数料が安く、直接送金できるため、資金回収が即時であるメリットがあります。
また、クレジットカードが使えなかった人や、個人事業主も簡単に利用ができるため、ビジネスの可能性が広がるというメリットもありますね。

クレジットカードの代替手段として利用できます

クレジットカード決済時は、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどを伝える必要があり、特に海外などの信頼性の確認が難しいサイトでのネット決済時などは、利用が躊躇されがちになる。
クレジットカード情報を伝えたくない場合の決済手段としてもビットコインの利便性は高い
クレジットカード決済に比べ情報流出時の被害が格段に少なくなる。

ビットコイン決済は、相手にビットコインアドレスを伝えるだけで決済ができてしまう便利なものです。それだけではセキュリティ上の不安が残りますが、不正利用できないように、所有者だけが知る「秘密鍵情報」がないと決済できない為、とても安心です。
決済に時間が掛かり、手数料も高く、情報漏えいの危険性があるクレジットカード決済よりは、簡単・便利・安心できる存在であると言えますね。

現実通貨の代替えとして利用できる

現実の法貨は恣意的な増減や操作が入るため時にインフレなどに苦しめられることもある。
法貨は政治の世界とも密接に関係していることもあり場合によってはそのことで金融かちや株価などが暴落することもあり得る。
通貨の価値はその時々の政府や巨大企業により大きく歪められる可能性が指摘されている。

関連するまとめ

ビットコインを手っ取り早く理解する方法は、使ってみることから始まります!使ってみまし…

ビットコインって何?という疑問に対し、手っ取り早く理解する方法が、実際に使ってみることにあるといいます。 「…

ねもとあい / 1541 view

なぜ仮想通貨が話題なのか?! ブロックチェーンの衝撃と資産形成

マイナス金利の導入やEU離脱問題により、仮想通貨に対する関心が高まってきました。 なぜ仮想通貨が話題なのか?…

Rie Yamauchi / 2971 view

親友や友人への感謝や応援にもビットコインが使えます!気軽にあげることも・・・

親友や友人にビットコインを知ってもらう場合、あなたならどんな手段を使いますか? 最初から投資目的の取引を勧め…

ねもとあい / 1245 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。