仮想通貨ビットコインが高騰

5月31日、中国取引市場最大のビットコイン取引市場で34%以上のマーケットシェアを誇るOKCoinが、公式に資産引き出しを再開したと伝えている。
続いて、それぞれマーケットシェア第二位、第三位のHuobiとBTCCも引き出しを再開したようだ。
また、大手三社が資産引き出しを再開してまもなくビットコイン価格は上昇し、2,400ドル台にまでその価格を回復している。

今回の中国の開始が
仮想通貨ビットコインの高騰に大きな影響があるのかどうかは
分かりませんが、報道後は価格が高騰しています。

興味深いのは、今回の資産引き出し再開の指示を下し、承認を行ったのは中国人民銀行ではないという点だ。
cnLedger等の地元メディアによれば、Huobi、BTCC、OKCoinの三社は、AMLとKYCに関連した合意に至り、全ての利用者に対して資産引き出しを再開し始めたという。

2017年5月26日
始値334,713
高値335,115

その後、現在大きく上昇しています。
同じ頃、日本でもビットコインが30万円台を超えてきており、
過去の33万円に到達したこともあり、再度訪れるのか気になるところですね。

流れが、実際はどうなっているのか見るために、
世界の取引所で何と「ペア」で取引されているかも確認してみました。

取引されている内訳をみると、
現在何に注目しているのか少し推測することもできるかもしれません。
↓↓↓

世界の取引所取引量「ビットコインとペア」

上記の青〇とオレンジ〇がペアとなります。
字が小さいので下記に書き出しをしますと、

取引所     ペア

1.Poloniex……ETH/BTC
2.Poloniex……DGB/BTC
3.Bithumb……BTC/KRW
4.Poloniex……SC/BTC
5.Bitfinex……BTC/USD
6.GDAX ……BTC/USD
7.OKCoin.cn……BTC/CNY
8.Poloniex……XRP/BTC
9.Huobi ……BTC/CNY
10.Bitstamp……BTC/USD
11.BTCC ……BTC/CNY
12.Poloniex……FCT/BTC
13.Kraken……BTC/EUR

中国の影響が大きければ、ペアはBTC(ビットコイン)と、
CNYになるかと思われますが、
ここでBTCとCNYのペアは、中国取引所である下記となります。

7.OKCoin.cn……BTC/CNY
9.Huobi ……BTC/CNY
11.BTCC ……BTC/CNY

これだけ見ていると、取引所の開始は取引量を増やしているということは言えますが、
影響があるとしても、ビットコインだけが高騰する理由になりうるのかどうか、
断定できるとまでは言えないかもしれませんね。

また、アメリカ$のペア(USD)も取引量が多かった余韻がみられます。

5.Bitfinex……BTC/USD
6.GDAX ……BTC/USD
10.Bitstamp……BTC/USD

FBI長官ジェームズ・コミーの解任や、ドナルド・トランプ大統領弾劾の噂は、彼らの主な不安の要因である
アメリカでの不安材料によって最高値が示現された後、投資家は高値警戒感から利食いを決断した。これにより、26日の相場は急落し、27日には JPY 203,690まで下がった。この下げの後はレンジのトレードとなり、その後相場は持ち直した。
25日の木曜日、ビットコイン価格はbitFlyerでJPY 347,789 の最高値に達し、他の多くの仮想通貨も、アメリカの投資家の利食いが入るまで、その最高値を記録した。

また、以前少し触れたことがありますが、
ニューヨークで行われたコンセンサス2017では、
関連の人物が参加もしており、重要なことも話された日でした、

中国と米国以外で見ると、

3.Bithumb……BTC/KRW
KRWは韓国(ウォン)で、ここ数か月は韓国でも取引量が伸びており、
市場のシェアでも国名が取り上げられるようになってきました。

補足になりますが、
Poloniexでは60種類以上のアルトコインが購入できるため、
ビットコインとイーサやリップルとのペア、
または他のアルトコインを購入していることが多いようです。
その為に一度ビットコインを購入するという行為も、
取引量をあげている可能性を捨てきれないかもしれないです。

日本国内での仮想通貨ビットコイン取引

偶然にも、日本のビットコイン取引市場における取引ボリュームやマーケットシェアも突如急落し始めており、中国人トレーダーが日本の取引所やOTC市場を通してビットコインを購入したために起きた現象と分析するアナリストもいる。

日本でも確実にビットコインが高騰しています。

赤)コインチェック36.83%
オレンジ)ビットフライヤー27.83%

日本では、今までほとんどビットフライヤーさんが
取引量が一番だったのですが、
今回24時間単位だけで見ると、
コインチェックさんが、ビットフライヤーさんを抜いています。

コインチェック36.83%
ビットフライヤー27.83%

まとめ

6月、中国人民銀行は、ビットコイン取引所や投資家たちに向けて、新たな規制の枠組みとAML/KYC/を導入する予定だ。
同氏はまた、ビットコインは中国政府が定めた基準に基づく通貨ではない点を指摘し、ビットコインがデジタル・コモディティとしてみなされる可能性が高い点を指摘する。
感想

感想

中国はICOへ規制を行うであろうということは既に報じられています。
また、取引する人が多いにしろ、仮想通貨そのものは、条件として満たした通貨ではないと伝えています。
最近の仮想通貨市場は、単一の世界時事だけが左右するものではないと感じることが増えました。
様々な理由が絡み合い、そして知っている人が「そっと」アルトコインなどにも手を広げている様子が見れました。

先々は、組み合わせながらどう動くのか予測することにより、リスクを最大限に減らすことができるようになるといいですね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

米国防省機関が軍事機密にブロックチェーンを活用

金融分野や行政の効率化において注目を浴びているブロックチェーン。理由は、その改ざんへの強さ、機密性、そしてシ…

鈴木まゆ子 / 1606 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽