とても気になっていたことがありました。
それは、リップルの仮想通貨XRPが高騰し、2位になっているころ、
夜中になるとある場ではイーサリアムが2位を奪いかえす勢いを見せていたのです。
とうとうサッと奪い戻した2位の座。

イーサリアム(ETH)の時価総額はリップルを抜いて再び2位に浮上。当時のICOへ1BTC投入で3500万円まで上昇
当時のICO参加者はBTC建てで140倍となっている。1BTC投入で140BTC(およそ3500万円)だ。

すでに差を広げている強さは、こうした背景があったのでしょうか。

「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」 (Enterprise Ethereum Alliance)三菱UFJもトヨタ子会社も参加

ビットコインに次ぐ仮想通貨「イーサリアム」の技術の幅広い活用を目指す企業連合に三菱UFJフィナンシャル・グループやトヨタ自動車の子会社が参加することが22日、わかった。
イーサリアムは仮想通貨のやり取りだけでなく、所有権の移転や契約の自動執行など様々な企業間取引への応用が期待されている。連合に参画して標準仕様づくりに加わる。

3倍以上にも大きくなっている企業連合は
「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」
(Enterprise Ethereum Alliance)といいます。

JPモルガン・チェースやマイクロソフトなど、
欧米の大手も名を連ねる約30社が今年2月に正式に立ち上げました。

今日、日本でも発表になっているのは、
幅広い業界から集められた86人の新メンバーが発表されたために、
日本の大手も参加することが分かったからではないでしょうか。

冒頭に紹介された
三菱UFJフィナンシャル・グループやトヨタ自動車の子会社の他、
↓↓↓

 ほかにトヨタの人工知能(AI)研究子会社の米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)やベンチャー企業のスマートコントラクトジャパン(東京・港)などが連合に加わる。

また、日本経済新聞で紹介されていない企業は、下記の通りになります↓↓↓

韓国のテレコムサムスン、医薬品大手メルク、投資家通信プラットフォームBroadridge、
金融市場企業DTCC、州内のライセンス事業を監督するイリノイ州金融・専門規制局。
ブロードリッジ、デロイト、インフォシス、メルク、カナダの国立銀行、
ラボバンク、サムスンSDS、ステート・ストリート、などビックな顔ぶれが見えます。

参考サイト:
http://www.coindesk.com/enterprise-ethereum-alliance-new-members-blockchain/
http://www.newsbtc.com/2017/05/22/enterprise-ethereum-alliance-gets-86-new-members-drives-ether-upwards/

Enterprise Ethereum Allianceの目的

イーサリアムを支えるブロックチェーンと呼ぶ技術を企業取引に応用するうえでの課題研究や標準的な仕様づくりを目指している。

関連するまとめ

フィンテック、民の力で開拓 日銀総裁「仮想通貨で金融変化」

黒田東彦日銀総裁は23日、金融と情報技術を融合したフィンテックの発展を日銀として支援していくと述べるとともに…

りみりみ / 654 view

採掘(マイニング)半減期「仮想通貨ビットコイン」価格に大きな影響か

「仮想通貨ビットコイン」の採掘に訪れる半減期は、何が起こるのでしょうか。価格に大きな影響を与えると言われてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4322 view

驚愕! 大富豪たった62人で全世界の半分の富を所持|100年前に逆戻り格差警告

今、日本を含め世界で起きている警告に衝撃がおきています。それは…歴史で学んだ100年前の生活に逆戻りしている…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3508 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽