LCC格安航空会社ピーチの航空券が「仮想通貨ビットコイン」で買える

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは年内にも仮想通貨「ビットコイン」で航空券を買えるようにする。日本の航空会社がビットコイン決済を導入するのは初めて。海外で利用が広がるビットコインに対応して顧客増につなげる。とのことですが、今までのエアラインの拡大を見ていると、視野に入れている層は、おおよそ予測されていきますね。日本経済新聞他よりご紹介いたします。
日本の格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは年内にも仮想通貨「ビットコイン」で航空券を買えるようにするという記事を日経が報じた。
日本の航空会社がビットコイン決済を導入するのは初めて。
国内の仮想通貨取引所と組んでビットコインでの決済を導入する。

ピーチ・アビエーション(Peach)の公式ページでは、
未だお知らせやリリースはありませんでした。

また、国内の仮想通貨取引所と組むということなので、
取引所からもあわせて一斉に発表されるかと思われます。

どんなふうに導入されていくのかも、語られるのはこれからでしょうか。

【追記更新】上記記事の後に「公開されました」取引所は、↓↓↓

今朝、日経により報じられた格安航空会社(LCC)のPeach Aviation(ピーチ・アビエーション)によるビットコイン決済導入であるが、ビットコイン等の仮想通貨交換所をはじめとするFinTech関連事業の運営を行う株式会社ビットポイントジャパンとの業務提携が正式に発表された。
PeachはBITPointと連携を行い「仮想通貨でイケる旅行」をキーワードに、Peachの利用客利用客向けに、各種施策を共同で企画・実施していくことに合意した。

そして、航空券だけではなく、
旅先でも仮想通貨ビットコインを利用できるように考えられている計画。
すごいですね、仮想通貨がますます普及するかもしれませんよ。

仮想通貨ビットコインを導入する期待

海外で利用が広がるビットコインに対応して顧客増につなげる。就航地の飲食店や小売店にも導入を呼びかけ、訪日外国人の消費に弾みをつける。
中国などでは投機目的のほか資産の逃避先としてビットコインを選ぶ人が増えている。ピーチの国際線利用者は7割が外国人でビットコイン決済のニーズが高いと判断した。

ピーチ(Peach)の国際線の利用は7割が外国人とありますが、
誰もが予測するのは、訪日外国人狙いが、ダイレクトに中国の方を考えての、
導入ではないかと噂されていますね。
もちろん中国を含むアジアの利用客を伸ばしていきたいと思われますね。

なぜなら、以前より戦略を行ってきており、今回が初めてではありません。

ピーチは、昨年より盛んに「上海線」も開設してきました。
おおまかに幾つかご紹介すると、

羽田-上海線
札幌(新千歳)と仙台から、上海へ就航
那覇-バンコク(スワンナプーム)線
那覇-バンコク線         そして、↓↓↓

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽