ビットコイン投資で知られるビリオネア・ベンチャー・キャピタリストのティム・ドレイパー氏が、ビットコイン以来初めて、新たな仮想通貨投資に乗りだす意向を明らかにした。
ベンチャー・キャピタル企業、ドレイパー・フィッシャー・ジャーベットソンを1985年に設立したドレイパー氏は、Skypeや中国最大の検索エンジン「バイドゥ(百度)」などにも初期投資する一方で、いち早くビットコインの飛躍を読みとっていた。
2014年に3万枚のビットコインを購入したのを皮切りに (推定価格1900万ドル/約21億4776万円)、その後も価格の浮き沈みに左右されることなく、精力的にビットコイン投資を継続。

そんなドレイパー氏が、
ICOに乗り出すということの狙いについて述べられています。

ICO(新規仮想通貨公開)にご自身が参加することで、
幅広い投資家層に対して「仮想通貨が安全である」ということを
示したいということのようですね。

仮想通貨のICOって何?

IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、

IPOはご存じ方が多いかと思いますが、

I=Initial(最初の)
P=Public(公開の)
O=Offering(売り物)
の略で「未上場企業」が、
株式をこれから“新規”に証券取引所に上場し、
投資家たちに、株を売り出すことをいいます。

証券取引所に上場し、誰でも株の取引ができるようにします。
IPOは「新規公開株」や「新規上場株式」と言われるのが、どうしてかわかりますね。

ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。

ICO(アイ・シー・オー)とは、Initial Coin Offeringの略ですが、
IPO(Initial Public Offering)に
引っ掛けたものと紹介されているところもあります。

もう少しわかりやすくお伝えすると↓↓↓

「ICO(Initial Coin Offering)」とは、ある組織や企業が資金調達する際に暗号通貨やブロックチェーン上でトークンを発行し、それらを一般の投資家に向けて販売することで資金調達を行うことを指します。

IPOで言えば会社の株を上場前に投資家に取得してもらいますが、
では、ICOは、株に当てはめると何を投資家に取得してもらうかと言えば、
仮想通貨(暗号通貨)やトークンの発行を伴うということです。
ゆえに、ブロックチェーン関係のプロジェクトで、多く用いられます。

他に言い方を変えると、「クラウドセール」や「プレセール」
などと呼ばれていることもあります。

単に「資金調達」と言う意味で表現すると、
クラウドファンディングの“ようなもの”と、
想像してもらうために使うことがあるようです。

しかし、クラウドファンディングとは
異なるようですので、混乱されないように注意が必要です。
どんなものか想像するのであれば考えやすいのですが、
言葉でお伝えするのは、難しいですね……

ICOが取り上げられるようになったとき紹介されています↓↓↓


近年、IPOによる株式公開やクラウドファンディングとは異なる、暗号通貨を用いた資金調達が登場しています。

個人的には、IPOの仮想通貨(暗号通貨版)がICOという感覚です。

但し、注意する点は他にもあり、
ICOはまだ規制が標準化していないようです。

ICOも同様ですが、その暗号通貨やトークンについてそのものよりも、
それを出す母体が何をし何をすることで利用しようとしているのかなど、
購入する側は、判断をつける必要があります。

ICOはまだ成長段階であり、新たな参加者にとって市場の反応を予測することは非常に困難である。

それでも、人気の理由があります。
ここは、↓↓↓もう少し詳しくご紹介します。

仮想通貨ICOのメリットとリスク

暗号通貨市場の規制は技術的な問題であり、その中で起こっているプロセスをどう規制しているかを理解している人はごくわずかだろう。
バーチャル経済では売り手と買い手の直接的な接触なしにネット決済を介して実行されるため、危険が伴うことがある。
出資に対しリターンが提供されるという関係性で見れば、ICOはIPOやクラウドファンディングと変わりませんが、暗号通貨およびトークンを用いている点は非常に画期的です。

表だっていなくても「プロジェクト」をバックアップするという意味にもなります。
購入した側のユーザーは、所持することで積極的に参加したり、
もちろん「広める」とプラスに働きます。
当たり前とも言われますが、広まれば、「価値がUP」しますね。
価値が上がるということは、自分が持っている価値も上がります。
また、事前に購入しているために、キャピタル・ゲインを得ることも出来ます。
その他諸々とありますが、参加する人が注目しているのはこの点ですね。

まとめ

プロジェクトを行う企業やプロジェクトの概要、目的、本質、他の投資家達によるフィードバックなどすべてを視野に入れて判断することが重要である。
多くの新たなプロジェクトが続々と登場するなかで、有望なプロジェクトを確実に選択し見極めることが重要である。

また、冒頭でご紹介したドレイパー氏は、
↓↓↓

金融市場が大きな転機をむかえていると確信しているドレイパー氏は、今後より多くの投資家がICOのような新たな投資商品に目を向けて行くことが重要だと主張。次世代投資産業の幕開けを先導して行く意気込みを見せている。
感想

感想

例えばですが、調べてみると、プロジェクト内容にウソがあるような募集。プロジェクトを教えてくれない募集。様々ありますが、コンセプトがしっかりしていることも大切です。
また、ありがちですが、自己判断をできないことにならないように、ある程度の知識や学ぼうとする“知ろうとする”スタイルは必要になると感じています。

現在、仮想通貨取引所で公開されているアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中にも、同じようにICOで資金調達したところがあります。暴落したものも、イーサリアムのように高騰したものもあります。
これから、どの仮想通貨が一番というよりも仮想通貨そのものの時代が訪れて初めている以上、少しでも知らなくてはいけないことが増えそうですね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインは「クラウド有事の金」トレーダー予測するBitcoin上昇熱い夏

トレーダーたちから見たビットコイン座談会の内容がとても興味深い記事がありました。予測するズバリBitcoin…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3722 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽