緊急対策

世界中に広がるサイバー攻撃

「国際的な攻撃だ」。病院のシステムが停止し、手術が受けられないなどの実害が出た英国のメイ首相は訴えた
米物流大手フェデックス、スペインの通信会社、ロシアやウクライナなど被害は世界99カ国・地域、計7万5千件に広がった。

世界99カ国での被害という上記14日朝の報道から、
15日の朝に報じられた下記の記事からみても、
大きく広がっているのが明らかにわかります。↓↓↓

欧州を中心に5月12日から14日朝までに、世界の104カ国で相次いでかつてない大規模なサイバー攻撃が発生した。
欧米やロシアなどで起きた大規模サイバー攻撃に絡み、警察庁は14日、日本でも2件の被害が確認されたと明らかにした。被害を受けたのは、総合病院と個人女性のパソコン。
米メディアによると、米国家安全保障局(NSA)から流出したソフトの改良版による攻撃が疑われる。

関連するまとめ

タンス預金の相続をインド銀行が拒否|インドでは仮想通貨1080ドル突破! 高額紙幣廃…

インドの高額紙幣廃止、経済の悪化は、更に深刻化しています。同時に仮想通貨のような資産を探す人たちが増え需要が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6075 view

ノルウェー最大ネット銀行と仮想通貨交換所の口座を統合|デジタル通貨への移行が開始

ノルウェーでは、最大級のインターネット銀行と仮想通貨交換口座も統合し、資産を確認できる新機能が追加されたと報…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5515 view

あなたの仮想通貨は大丈夫?仮想通貨ランキングはここでチェックできます

仮想通貨の時価総額がわかるランキングサイトをご紹介します。

仮想通貨まとめ編集部 / 6721 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽