緊急対策

世界中に広がるサイバー攻撃

「国際的な攻撃だ」。病院のシステムが停止し、手術が受けられないなどの実害が出た英国のメイ首相は訴えた
米物流大手フェデックス、スペインの通信会社、ロシアやウクライナなど被害は世界99カ国・地域、計7万5千件に広がった。

世界99カ国での被害という上記14日朝の報道から、
15日の朝に報じられた下記の記事からみても、
大きく広がっているのが明らかにわかります。↓↓↓

欧州を中心に5月12日から14日朝までに、世界の104カ国で相次いでかつてない大規模なサイバー攻撃が発生した。
欧米やロシアなどで起きた大規模サイバー攻撃に絡み、警察庁は14日、日本でも2件の被害が確認されたと明らかにした。被害を受けたのは、総合病院と個人女性のパソコン。
米メディアによると、米国家安全保障局(NSA)から流出したソフトの改良版による攻撃が疑われる。

データにアクセスできなくなり、
仮想通貨「ビットコイン」を要求するポップアップ画面が出ています。

警察は不正指令電磁的記録供用などの疑いで捜査を始めた。

休み明けの本日15日から、企業他被害報告があがってくる可能性があります。
緊急の注意勧告発令を行ってもいいのではないかと思えるほどです。
世界への攻撃は、会社相手ということだけではありません。
なぜなら、多くの感染ルートは個人でもありうることですので、
しっかり対策を知っておいてほしいと思います。

ここから、感染経緯や対策の再認識他をご紹介いたします。

ランサムウェアに感染する経緯

電子メールに添付されたファイルを開くと感染し、画面がロックされる。復旧と引き換えに金銭を要求する仕組みで、仮想通貨「ビットコイン」で身代金300ドル(約3万4千円)を払うよう表示され、時間がたつと要求額が増えるという。

ランサムウエアは一般的に、
電子メールに添付されたファイルを開くと感染するとされています。
ランサムウエアは、コンピューターウイルスの一種。
感染するとパソコンやサーバー内のデータが使えなくなります。
元に戻すために金銭を要求するメッセージが画面に現れることから、
ランサム(身代金)ウエアと呼ばれています。

関連するまとめ

500ユーロ紙幣発行を停止・米国他紙幣廃止の動き|“仮想通貨登場が現金消失を”前編

仮想通貨ビットコインが登場した際に、現金廃止議論が始まりました。そして、既にこんな話がでている事実を知ってほ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3983 view

ズバリ「4つの理由」ビットコインを買いたがらない本音

ビットコインを買おうかと悩むとき、本当の知りたいがここにあった。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2041 view

三井住友がFinTech関連会社設立!第1号の見通し|“生体認証提供”NTTデータ、…

三井住友が強みとする「決済や認証」を一気に構築していくようです。フィンテック関連企業設立し7月にも営業予定と…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6215 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽