世界の情勢も影響しますが、目前のヨーロッパの事情。
それは、フランスでの選挙の結果も気になるという点です。

Le Penが勝利すれば、ビットコインと暗号暗号市場はこれに先行して非常に好調に推移するだろう。ルペンの敗北の時、私はそれが上向きの勢いを回復する前に適度なリトレースと統合を行うかもしれないと思う。(私は新しい資金の流入が減速するのを見ることはできないが、ルペンの敗北はEUの財政的な不確実性を解決しない)

If Le Pen wins, bitcoin and cryptocurrency markets will have a very strong run ahead of it.On a Le Pen defeat, I suspect we may get a moderate retrace and consolidation before resuming its upward momentum.(I can’t see the new influx of new money slowing down, a Le Pen defeat does not solve the EU’s financial uncertainty.)

選挙だけが理由ではありませんが、
投資家の人口・参入する金額などを含めてにも触れており、
市場を大幅に押し上げるのに十分な材料であるとも指摘しています。

私はビットコインの波2が始まったと言います。波1では、投資家は技術的に熟練していた。波2では、投資家は技術的ではなく、伝統的な市場に精通しています。波3は一般に公開されます。

I would say wave two of bitcoin has begun.In wave one, investors were technically proficient.In wave two, investors will be non-technical, but savvy in traditional markets.Wave three will be the general public.

私は、ビットコインのピーク時の60日ボラティリティが5%を下回る2年後にこれが始まると推定しています。このレベルでは、物価安定のために国内通貨と競争し始めます。

I’ve estimated this will begin in two years when bitcoin’s peak 60-day volatility dips below 5%.At this level, it will begin to compete with national currencies in price stability.

まとめに……

まとめに……

仮想通貨は変動が激しいと言われています(ボラティリティ)。
しかし、あきらかに日々のボラティリティといわれるふり幅は、小さくなっていると言われてきました。
但し、ここ数週間においては、数字の動きが激しい日があります。
第2波でボラティリティが小さくなり、「安定」という言葉とともに、国内通貨と競争し始めるのではないかという考察。
また、国内通貨とは、おそらく円やドルという法定通貨との共存になるであろうという見方ではないかと考えられます。
法定通貨か仮想通貨(暗号通貨)か、どちらかを利用するということよりも、どちらを利用してもいい。という選択しながら、時と場合に応じて使用するような、自由なマネー社会になるのでしょうか。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ビットコインとリップルの違いとは

ビットコインとリップルの違い

松本のぶよし / 3112 view

日本の貯蓄格差がすでに広がる貧富の層! 常軌を逸している?

以前世界の資産を62人の富豪が占めている驚愕記事をお届けいたしました。今回は国内だけのは貯蓄額格差をお伝えい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3089 view

ドバイがデジタル通貨「emCash」を発行か|国が認める最初の仮想通貨となる可能性

アラブ首長国連邦(UAE)のうちの首長国である「ドバイ政府」が、国が管理する独自のデジタル通貨「emCash…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6670 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽