メガバンク中心に進んできたFinTech(フィンテック)の波が、日本の中小企業を支える信用金庫業界に一気に広がる様相を呈してきた。
信金中央金庫は2017年中に、全国の信金の口座情報と家計簿アプリなどを直結するシステムを構築。メガ銀やネット銀は会計アプリから直接銀行口座に振り込みできるサービスを始める。
日本IBMは、株式会社しんきん情報システムセンター(本社:東京都中央区、社長:服部 順一、以下 SSC)の「オープンAPI共通基盤」の構築を支援します。
全国264の信金の個人預金の合計は約107兆円。メガバンク1行を超える規模で、フィンテックサービスの全国普及に弾みがつく。

「メガバンク1行」とは、あの大きな話題のメガバンク。
そう、三菱東京UFJ銀行です。2016年9月末の預金残は71.2兆円で、
信金のチームワークがメガ銀行である三菱東京UFJを上回る数字を起こしています。

そして、地域の中小企業と深いかかわりのある信金は、
貸出の数字も大きく伸ばしています。
この意味は大きな力になる動きなのです。

信金は2017年に大きく変わり、フィンテックに火を付けることになりそうです。

信金の高成長記録

フィンティックへの取り組みも気になりますが、
やはり、あまりクローズアップされてこなかった信金の成長と躍進。
そして、成果を知りたと思うのではないでしょうか。
簡単に直近の発表をご紹介いたしますね。↓↓↓

2017年4月24日に公開された
全国信用金庫の預金・貸出金動向(速報)から

企業向け貸出の好調から、預貸率が3年ぶりに50%台を回復

冒頭では、全国264の信金の個人預金の合計は「約107兆円」と、
報じられていたのをご紹介しましたが、最新では更に伸ばしています↓↓↓

2017年3月末の預金残高は、年度末として過去最高の137.9 兆円となった。

更に詳しい内訳を見てみると、預金者別の残高は、預金計の138.6兆円。
※若干数字相違していますが、内訳は17年2月末までとなっています。

個人109兆円(78.6%)、法人23.2 兆円(16.7%)、公金5.2 兆円(3.7%)
そして、金融機関 1.1兆円(0.8%)

メガを上回る預金規模 「信用金庫」業界にフィンテック広がる | FinTech online

メガを上回る預金規模 「信用金庫」業界にフィンテック広がる | FinTech online

17年3月末の貸出金残高は、69.2 兆円となった。貸出金の前年同月比の増減率は、15年1月以降は2%以上の伸びを維持してきたが、17年3月末には2.7%と、月末ベースで見ても1995年度3月末以降で最も高い伸び率となった。預貸率は 50.1%と、3年ぶりに50%台を回復した。

関連するまとめ

オーストラリアで仮想通貨が非課税7月1日施行|400万ドル相当家計費支払いの人気

オーストラリアの企業では、税金から水道光熱費、家賃や保険ほか、様々な家計費を仮想通貨で支払えるサービスを提供…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5486 view

侍コイン!?日本発の仮想通貨「サムライコイン=XSM」が登場!

日本の資産を護るために誕生したという「侍コイン=XSM」についてです。

仮想通貨まとめ編集部 / 4522 view

仮想通貨が使えるお店が続々登場!おサイフがいらなくなる日は案外近い!?

現時点ではまだまだ普及率の低い仮想通貨。しかし、実際には仮想通貨決済OKの通販サイトやリアル店舗が続々と増え…

すずきまゆこ / 1801 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽