金融業界の勢力図は様変わりするとみられている。米シティグループはフィンテック系ベンチャーの成長が続けば2025年までに欧米の銀行員の3割が職を失うと予測。米バンク・オブ・アメリカも金融業で将来2500万人分の職がなくなると試算する。
よくわかる「フィンテック」 AI活用も続々  :日本経済新聞

よくわかる「フィンテック」 AI活用も続々  :日本経済新聞

日本では、海外のことだと思いがちなところが見受けられます。
このまま遅れをとれば、国内はもっと状況が深刻化する可能性もないとはいえませんね。
以前、取り上げさせていただいたことがありますが、
麻生太郎金融相が
「銀行の支店はそのうちなくなるだろう」
そう、語ったこともありました。
現実に今はスマホがあれば事足りてしまう時代になっています。
米アップルが提供する「アップルペイ」なども含め、
スマホだけで過ごせる時代が訪れることはバーチャルの世界ではなくなっています。

そして、日本の遅れに警告を鳴らす声があります。

「人工知能が金融を支配する日」がくる前に日本の金融機関が置いていかれる
金融機関の役割は変わるべきだと思います。日本の金融界はトレーディングや資産運用など表舞台のロボット化で大きく遅れをとっているだけでなく、欧米でおきている事態を把握できていません。

日本が欧米に全く追いついていないことは、肝心な「技術」
とにかく「追いつくことが先決」だと述べられています。

私の個人的な感触で言うと、しばらくの間――5年か10年か分かりませんが――技術の格差は広がると思います。
ただ一方で危惧していることは、技術については、ほとんどの人、それこそ99.9999%くらいの人が「何が起きているか、どうなっているのかが分からなくなる」と思うんです。つまり世の中がどういう仕組みで動いてるのか。
たとえば「AIがやっている」と軽くいいますが、そのAIが具体的にどういうことを、どうやってやっているのか。その中身、内容についてある程度イメージまで持てるような人はほとんど居なくなってしまうかもしれない。
SFの世界ではないですが、「もう何百年か前の祖先が作ったロボットが動いてて、どうなってるんだかよく分からない」みたいなことだってあり得るでしょう。
さらにいうと、その「中身が分からない」と言っても、「分からなさかげん」がもう桁違いというかですね(笑)。“分かる人”でも分からない。
ただその本質を理解して、それで何をするか、すべきなのかをもっと真剣に考えなければいけない。でないと日本の金融機関は、世界にますます取り残されてしまう。

金融関係にも頑張ってほしいですが、
もっともっと、ベンチャーに頑張って欲しい。と締めくくられていました。
痛烈ではありますが、日本の顧客の要望にあわせていては、
世界的には低いレベルにしかならないはずだといいます。
それは、世界で見ると、日本の顧客は要望が低いとも伝えていました。

まとめに……

悪いシナリオはAIなどディスラプティブな技術が独占され、一部の人たちが富を占有するもの。

関連するまとめ

『ビットコイン』の健全化で何が起きる?放置から法整備へ、利用者の増加に期待の声

『ビットコイン』が電子マネーと同様の交換機能があることが認められた。G7各国はすでに関連法が整備され、日本は…

情報発信基地『DIVE』 / 967 view

仮想通貨ビットコインが“お金”として認識?|いよいよ米国上位院議員が草案を

いよいよ「お金とは?」の議論が不要になるかもしれないニュースがでました。「ビットコインをお金と認識する」草案…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2623 view

ディスコ社内仮想通貨WillでV字回復|仮想通貨で改革「働きやすい企業」最優秀賞

株式会社ディスコをご存じでしょうか。バブル崩壊後、V字回復でも、そして社内の教育や、目を見張る業績で注目の的…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3828 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽