SBIリップル(Ripple)アジアとは

分かりにくいので、設立の会社や団体のみを「 」で表示しますね。

SBIは
「米国Ripple(リップル)社」の株を保有しており、

2016年に
SBIホールディングス60%+リップル(Ripple Labs)40%
を出資して設立したジョイントベンチャー会社が
「SBI Ripple Asia」です。

←こんなマークを見たことがあるのではないでしょうか

ジョンとベンチャーである「SBI Ripple Asia」株式会社は、
SBIホールディングス株式会社と子会社にあたることになります。
次世代決済基盤をアジア地域で展開する会社として、
さらに、銀行間決済への実用化段階に移すべく

2016年8月19日、専門のワーキンググループを設立すると発表しました。
それが、ブロックチェーン技術等を活用した

ワーキンググループ「内外為替一元化コンソーシアム」

そして、最新では、
コンソーシアムの連合体に、国内銀行56行が参加したという大きな流れになります。

参加銀行の中には、今年の3月初めの段階で、
三菱東京UFJは名を上げておりませんでしたが、
4月の発表に参加が明らかになりました。
※細かい詳細は関連記事でご覧くださいね。

この連合体(コンソーシアム)↓↓↓

連合体コンソーシアム更新情報

 みずほフィナンシャルグループやりそな銀行、横浜銀行などが参加する新送金システムの連合体が、仮想通貨を使った新たな送金実験を始める。
複数の参加者が取引記録などを共有し、相互に認証し合う「ブロックチェーン」を活用。銀行間の送金に仮想通貨という共通基盤を設けることで、これまでより低コストで利便性の高い新たな仕組みを探る。

コンソーシアムの詳しい活動や、ブロックチェーンについて、
後で再度ご紹介いたしますが、
RippleのRCクラウドの商用化を強く意識していくと発表していました。

目的としては、主に、
24時間365日のリアルタイム決済や、送金にかかるコストの削減。
また、国内外為替の一元化も含めて、各誌でインタビューも紹介されています。

連合体にはこのほど三菱東京UFJ銀行や滋賀銀行なども新たに加わり、4月26日時点で56行が参加している。今回の実験にはこのうちの一部の金融機関が参加する見通しだ。

前回、当サイトでも、
3メガバンクのうち、2銀行が不在のままとお伝えしました。
やはり顧客数を多くもつメガバンクが参加するかしないかでは、
今後の新規開拓で大きな痛手になることは明らかと思われました。

しかし注目の三菱東京UFJ銀行が参加表明は、
関心度のパフォーマンスを更新しているのではないでしょうか。
あとひとつのメガバンクは現時点では参加表明されていませんでしたが、
現在も参加を募っていますので、この先はわかりませんね。
銀行のメンバーが、ここまで揃えば魅力的な材料になりそうです。

4月27日時点「参加金融機関56行」

昨年10月に地域金融機関やインターネット専業銀行等を含む42行と共に発足し、4月3日の段階で50行に達しておりますが、この度、岩手銀行、滋賀銀行、三菱東京UFJ銀行が参加し、4月27日時点の参加金融機関は56行(別紙1参照)となっております。
株式会社青森銀行       株式会社千葉銀行
株式会社足利銀行       株式会社千葉興業銀行
株式会社阿波銀行       株式会社中国銀行
株式会社イオン銀行      株式会社筑波銀行
株式会社池田泉州銀行     株式会社東京スター銀行
株式会社伊予銀行       株式会社東邦銀行
株式会社岩手銀行       株式会社東和銀行
株式会社愛媛銀行       株式会社栃木銀行
株式会社大分銀行       株式会社西日本シティ銀行
株式会社沖縄銀行       農林中央金庫
オリックス銀行株式会社    野村信託銀行株式会社
株式会社群馬銀行       株式会社八十二銀行
株式会社京葉銀行       株式会社百五銀行
株式会社山陰合同銀行     株式会社広島銀行
株式会社滋賀銀行       株式会社福井銀行
株式会社四国銀行       株式会社北洋銀行
株式会社七十七銀行      株式会社北陸銀行
株式会社清水銀行       株式会社みずほフィナンシャルグループ
株式会社十六銀行       株式会社みちのく銀行
株式会社商工組合中央金庫   三井住友信託銀行株式会社
信金中央金庫         株式会社三菱東京 UFJ 銀行
株式会社新生銀行       株式会社武蔵野銀行
住信 SBI ネット銀行株式会社  株式会社八千代銀行
スルガ銀行株式会社      株式会社山形銀行
株式会社セブン銀行      株式会社山口銀行
ソニー銀行株式会社      株式会社横浜銀行
株式会社第四銀行       株式会社りそな銀行
株式会社大和ネクスト銀行   株式会社琉球銀行
                       (五十音順、敬称略)

メガバンクのうち、三井住友銀行がまだ参加していないようですね。

関連するまとめ

オープンAPIへFinTec拡大「信用金庫」業界|預金規模はメガバンク1行を上回る!

独自仮想通貨を発行やオープンAPI、ブロックチェーン活用で銀行に熱い視線が集まっていました。そして、次は信用…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6682 view

全国銀行協会「仮想通貨技術」で銀行を連携|システム費用負担“2017年”度目標

全国銀行協会が2017年度中に“テーマごとに複数の銀行が連携”して仮想通貨技術ブロックチェーンを使った金融の…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8255 view

仮想通貨ビットコイン再び30万円台超え|世界の取引所の「ペア」から確認

仮想通貨ビットコインが30万円台を突破しました!中国の三大取引所が開始されたことが理由なのか、もしかして米国…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10720 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽