インド政府が高額紙幣を廃止、新紙幣の導入を発表してから、
昨年末、国の銀行のATMは枯渇し不足による混乱につながっていました。

Unfortunately, it appears things are even worse right now, with over 90% of the country’s ATMs running dry.

残念ながら、今の状況はさらに悪化しており、
ATMの90%以上が不足している状況です。

ATMから現金を得ることはほとんど不可能

インドの銀行ATMには、もう引き出す現金がない状況。
数ヶ月前に、2種類のルピー紙幣が止められた悪魔のようなプロセスが始まってから、
国内は最悪な状況になってきました。
ほぼ5ヶ月たった今でも、事態は悪化しただけです。

消費者が今や金融機関への信頼を失っていることは驚くべきことではない。半年未満で2回目の現金へのアクセスが制限されています。

It is not surprising consumers are losing confidence in financial institutions right now.It is the second time in less than half a year access to cash is restricted.

はなれた国から見ている環境と、
現在インドの方がおかれている生活は大きな差が生じているかもしれません。
現金がすでに枯渇しているといると伝えられていますが、
インドはもともとも日本と似ており、
生活はほぼ現金がメインです。
海外ニュースを見ていると、銀行ATMでならぶ国民の姿が映し出されていました。
今も、十分どころか、個人がもてる紙幣の制限数にも、
達していないのではないかと、考えてしまいます。

銀行の現金自動預け払い機では、新しい紙幣を扱うことができません。このような問題は、現在の状況では受け入れることができません。

A lot of bank teller machines still cannot handle the new note denominations either.Such a problem is simply unacceptable in this day and age.

危機的な様子を見てとれますが、
インド国民は“期待していない”とまで伝えられています。

そして、社会的な叫びが聞こえるようになると、
反するように取引が伸びるビットコイン。
インドも例外ではなく、仮想通貨交換所の取引は倍まで伸びています↓↓↓

仮想通貨取引所「半年で20万人に倍増」

Unocoin, one of the country’s leading bitcoin exchanges, continues to experience major growth over the past few years.

インドの仮想通貨ビットコイン取引所の1つであるUnocoinは、
ここ数年で大きな成長を続けています。

After somewhat of a rough start, the company has now successfully doubled its user base over the past six months.

取引所Unocoinが開設したスタート後から、
過去6ヶ月間にユーザー数は倍増しています。

インドで仮想通貨ビットコインの交換場は、多くはありません。
UnocoinとZebPayのふたつが、最大暗号化プラットフォームですが、
国内での利用状況については、Unocoinについて紹介されています↓↓↓

During the first 34 months of operation, the company saw 100,000 users sign up to use the bitcoin exchange platform.At a rate of just under three people a day, that was a pretty good start, all things considered.

仮想通貨交換所Unocoinは最初の34ヶ月間に、
10万人のユーザーがビットコイン交換プラットフォームを使用していました。
当時は「1日3人未満」の割合でしたが、
インド内ではかなり良いスタートだと伝えられています。

当時のビットコインの将来について、さらに不確実性がどのようにあるのかを考えてみると、このような時間に10万人のユーザーに達することが大きな成功であると考えられました。

Considering how there was even more uncertainty regarding the future of bitcoin at that time, reaching 100,000 users in such a time span was considered to be a major success.

そして、10万人に達した交換所Unocoinでは、
さらに過去6ヶ月間に渡り大きく変わりました。↓↓↓

同社はユーザー数を急速に2倍に増やし、インドでのビットコインの需要が増えていることを示しました.

The company successfully doubled its user base in quick succession, indicating the demand for bitcoin in India is still growing.

インド国内における仮想通貨普及への注目

While LocalBitcoins processed a large amount of bitcoin volume in India as well, centralized exchanges such as Unocoin are still popular.

関連するまとめ

イラン、仮想通貨マイニングを”産業”として承認|規制に関しては不明、9月に関係規制が…

「イランのいくつかの規制当局が仮想通貨マイニングを産業として認める」___サイバースペース最高協議会(SCC…

鈴木まゆ子 / 1035 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。