ロシア政府は来年2018年にはすでに、仮想通貨ビットコインを用いた取引を合法化する可能性がある。

今までロシアは仮想通貨(デジタル通貨)に対して、
厳しい方向を示してきましたが、
2018年にはデジタル通貨に法的地位を割り当てる予定だといいます。
現在ロシアのビットコイン取引量は上昇傾向中です。

約1年前、ロシアは依然としてデジタル通貨に関する論争を見た。

About a year ago, Russia still saw controversy about digital currencies

深刻な一歩だが、今はロシアが逆方向に進んでいるようだ。Bitcoinはロシア政府を支援することだ!

A serious step, but now Russia seems to go in the opposite direction: Bitcoin is to help the Russian government!

ロシアの仮想通貨に対する報道は、
ある意味日本が施行した仮想通貨法に関係すると報じているところもあります。
どこにも裏が報じられていないことも伝えられています……

法的なことでマネーロンダリング(不正)に対処する方法に
着手することが合法かつ賢明かもしれませんね。
ロシアという国家が仮想通貨(デジタル通貨)に対して動くことは、
次に何がおこるのか予測がつかない沈黙のエネルギーを感じるかもしれません。


暗号通貨(仮想通貨)に厳しいロシアの過去

2014年2月、ロシア当局は Bitcoinの使用に対して、通貨のように扱うことは違法であると付け加えて、マネーロンダリングやテロ資金供与にどのように使用できるかを挙げた警告を出しました。

In February 2014, Russian authorities issued warnings against using Bitcoin that cite how it could be used for money laundering or financing terrorism, adding that treating it like a currency is illegal.

昨年5月、ロシアの中央銀行は、ビットコインを含む他のものを禁止することを再度検討しながら、独自のデジタル通貨を作成する計画を明らかにした。

Last May, Russia’s central bank revealed its plans to create their own digital currency, while once again considering banning others including bitcoin.

しかし12月、連邦税務省の手紙は、クリプトカルトは違法ではないが、その地位は不明であると暗示した。

That December, however, a federal tax service letter implied that cryptocurrencies are not illegal but its status was unclear.

ビットコイン法を宣言し、規制を導入するロシア

Bitcoinの正統性を通貨として認識するロシアの動きは、クリプトカルトが現在法的な支払い方法である日本の最近の動きに密接に従っている。

Russia’s move to recognize the legitimacy of Bitcoin as a currency closely follows the recent developments in Japan where cryptocurrencies are now legal mode of payments.

ロシアの財務省は、Bitcoinの取引を国内で合法化する計画を発表した。

The Finance Ministry in Russia has announced its plans to make Bitcoin transactions legal within the country.

ブルームバーグによると、アレクセイ・モイセフ財務副次官、ロシア銀行代表(中央銀行)は、マネーロンダリングのリスクを削減するためのビッグコインとデジタル通貨のポジションを開発している。

According to Bloomberg, senior Russian officials including Deputy Minister of Finance Alexey Moiseev and representatives from the Bank of Russia (the country’s central bank) are developing a position on bitcoin and digital currencies as part of a bid to cut money laundering risks.

国家(法)や銀行が関与することにより、
ロシアは「マネーロンダリング(違法な金銭流通)」の
対策を講じる方法に転じることになります。

そのため、モイセーエフ財務次官は、国家が金融取引の各参加者を知る必要があるとして、「取引が行われた場合、その参加者は、誰のところで買っていて、誰に通貨を売っているのか、銀行業務の歳にこれはどのように行われているのか、を理解する必要がある」と指摘した。

ここがポイントになるかもしれませんが、
国の「保証」を受けることができるかわりに、
電子通貨は「国」のものである必要があるといいます↓↓↓

さらに、ロシア中央銀行のオリガ・スコロボガトワ副総裁は先に、利用者が政府の保証を受けられるように、電子通貨は国家のものである必要があると説明。
2月には、ロシア副大統領Olga Skorobogatovaは、当局は2017年中頃までにデジタル通貨を資産、現金または証券とみなすことができるかどうかを決定すると述べた。

In February, Bank of Russia Deputy Governor Olga Skorobogatova said that the authorities would decide if digital currencies can be considered an asset, cash or security by mid-2017.

ロシアのビットコイン取引量

ロシアのビットコイン取引量は下記のグラフの通り、上昇傾向です。
(Localbitcoin社での取引量)↓↓↓

この交換だけで、ビットコインのために約342百万ルーブル(約6百万米ドル相当)が取引された。

Last week over 342 million rubles, worth roughly US$6 million, were traded for bitcoins on this exchange alone.

まとめ

関連するまとめ

カナダ中央銀行は仮想通貨CAD-Coinを開発中|ビットコインは20年先の金融革新

カナダ銀行(中央銀行)はカルガリーで行われた非公開の発表の場で、同国の複数の大手銀行と共同で電子版カナダドル…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3996 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html