厚生労働省が初めて選んだ「働きやすい企業」最優秀賞ディスコ

半導体切断装置の世界最大手で、半導体メーカーにとって切っても切れない存在のディスコ。
スマートフォン用などの半導体市場の活況で2017年3月期は4期連続で最高益を見込み、株価も約16年ぶり高値圏にある同社だが、企業が腰を据え取り組み始めた「働き方改革」でも注目の的だ。
6年前に本格導入した独自の仮想通貨が社内で浸透し、社員のやる気向上に一役買っている。今年3月には厚生労働省が初めて選んだ「働きやすい企業」で最優秀賞を得た。

どの会社も苦しんだ、そして去っていった企業もあるバブル崩壊後
そのころウィルも同様に過剰在庫を抱え、2002年3月期は経常赤字23億円でした。
今の好業績を支えるのは、2003年から取り入れた社内仮想通貨ウィルWillの存在です。

業績は今期の連結純利益予想は前期比2%増の235億円。
来期も市場予想平均では300億円程度と3割増えると報じられています。

社内仮想通貨がどうV字回復、今の世界シェア8割までの企業にしたのかを詳しく探ります↓↓↓

社内仮想通貨ウィルWillの導入2003年から「人も企業も変化」

同社は2003年に小集団単位で採算管理を行う京セラの「アメーバ会計」をアレンジし、仮想通貨を使った部門単位の会計制度「Will会計」を導入。11年に個人単位で採算管理をする「個人Will会計」とした。

個人Will会計は、社員一人ひとりが「月の収入と支出」を、
「仮想通貨」で管理します。
支出は自分の人件費やパソコン使用料などの経費が占めるといいます。
そして肝心な収入となる仮想通貨Willを増やすためには、↓↓↓

ウィルの絶好の稼ぎ時と社員が口をそろえるのが、ほぼ毎月開かれる業務改善活動のプレゼンテーションの場だ。
事務作業の削減・自動化や納期短縮など地道な取り組みをアピールし、社員同士で評価を競い合う。優れた取り組みには賞金としてウィルが付与される。
この制度を導入した翌年から、自ら研修会を主催してWillを効率的に稼ぐ社員が出始めた。研修会の受講料は2時間で5万Willほどに設定されている。

社員は社内仮想通貨ウィルWillを稼ぐことへの
メリットや大きな魅力があるといいます。↓↓↓

同社には社内業務をオークション形式で受発注する仕組みがあり、手持ちのWillが多ければ、それだけ仕事を発注できる権限が増える。
また、稼いだWillを社内の福利厚生施設の利用料や備品代などに充てることもできる。
ウィルが「換金」されるのは半年ごとの賞与支給時。賞与の1割がウィル残高に応じて決まる。「ウィル連動部分だけで数百万円を手にする猛者もいる」(Willマネジメント推進室の落合勇気氏)。

関連するまとめ

日本の貯蓄格差がすでに広がる貧富の層! 常軌を逸している?

以前世界の資産を62人の富豪が占めている驚愕記事をお届けいたしました。今回は国内だけのは貯蓄額格差をお伝えい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2056 view

2020年までに今の仕事の50%が消滅する|AIとブロックチェーンが変えていく未来と…

近年、時折「○○年後までにこの仕事がなくなる!」といった記事を目にします。これまで人が行ってきた仕事をロボッ…

すずきまゆこ / 2514 view

MUFGコイン進捗|三菱東京UFJ銀行通貨は仮想通貨じゃない! mufgコイン固定…

独自仮想通貨「MUFGコイン」開発の話題が熱風をおこしています。別の情報を加え、新しいmufgコイン進捗をお…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5739 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽