中国の新しい規制ガイドラインでは、市民が中国のビットコイン取引プラットフォームを使用する際に、5万元を預け入れるために市民が身元を確認する必要があるかもしれません。

New regulatory guidelines in China may require citizens to verify their identities in person to deposit or withdraw 50,000 yuan when using a Chinese bitcoin trading platform.

中国が仮想通貨取引所に対しての規制を設けることは
時間の問題だったと誰もが思うかもしれません。
先日17日の夕方から夜にかけて各誌が取り上げていました。

今回、新しいガイドラインを導入するのではないかと報じられており、
間もなく、中国の仮想通貨取引所は、あるプロセスを行うことになりそうです。

中国「仮想通貨取引所」に新しいガイドライン

中国人民銀行(PBOC)は、最近、中国のビットコイン取引の新しい要件を明らかにした。

The People's Bank of China (PBOC) recently revealed new requirements for Chinese bitcoin exchanges within the country.

この報告書によると、この文書には、マネーロンダリング防止(AML)政策の標準化と顧客識別システムの確立の両方が詳細に記載されている。

According to the report, the document details both a standardization of anti-money laundering (AML) policies and the establishment of a customer identification system.

基本的な規制ガイドラインには、刑事財政の予防とAMLの管理措置に関する自己規制と明快さが含まれています。さらに、ビットコイン取引プラットフォームは、健全な顧客識別システムを確立し、トランザクション記録保存を実践する必要があります。

The fundamental regulatory guidelines include self-regulation and clarity concerning criminal finance prevention and AML control measures.Furthermore, bitcoin trading platforms are required to establish a *sound customer identification system” and practice transaction record preservation.

マネーロンダリング対策から、取引の身元は重要だとし、
身分証明書が必要となるようです。
ここは、日本で考えると、今更驚くこともないと感じるところですが、
「ビデオ認証」も必要になると報じられています。

そして、今回のことについてユーザーは喜んでいないとも伝えられています。
↓↓↓(海外サイト)
http://www.livebitcoinnews.com/pboc-wants-chinese-bitcoin-exchanges-verify-users-identitites/

ユーザーに身分証明と“オンサイト認定”

報告書によると、初回利用者は、資金を預金するために現場での認証が必要となることが示されている。

First-time users, the report indicates, will need on-site certification in order to deposit funds.

Chinese customers looking to exchange virtual currency on a platform may need to verify their identities in person for “on-site certification.”

仮想通貨を交換しようとするユーザーは、「オンサイト認定」のために本人確認を行う必要があるかもしれません。

規制目論見書はまた、ビットコイン取引プラットフォームが顧客の身元を保証するために「遠隔ビデオ認証」を利用するかもしれないことに留意している。Bitcoin.comの中国特派員は、今月に一部の取引所が既にビデオ検証方法を導入していると述べている。

The regulatory prospectus also notes bitcoin trading platforms may also utilize “remote video certification” in order to ensure customer identity.Bitcoin.com’s correspondent from China has stated some exchanges have already implemented video verification methods this month.

・ユーザーは、登録時に現時点の身分証明書が必要
・50,000円以上(7,200ドル以上)預け入れするユーザーは「リモートビデオ認証」が必要

に、なりそうだと伝えられており、
すでに一部導入の検証がされている様子です。

提案された規制草案では、新しいアイデンティティ検証の詳細に加えて、ビットコイン取引プラットフォームは、マネーロンダリング防止基準を担当する上級管理職を抱えるべきであると述べている。PBOCは、マネーロンダリング対策や反テロ資金調達の慣行に完全に重点を置いた特定の部署や職種を立ち上げるべきだと企業に勧告している。

In addition to the new identity verification details, the proposed regulations draft says bitcoin trading platforms should hold senior management responsible for anti-money laundering standards.The PBOC recommends businesses should set up specific departments and positions that are completely focused on anti-money laundering and anti-terrorism financing practices.

関連するまとめ

日本上陸後まだ熱い「Netflix」今度はビットコインを承認?

昨年は上陸前から大きな話題でしたね。ストリーミング配信するグローバルな会社が次の一手を行うのでしょうか。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 508 view

ビットコインが約2か月ぶりに上昇!新たなフェーズに突入か

約2か月ぶりに250ドルを上回ったビットコイン相場。今後のビットコインはどう評価されていくのか注目です。

仮想通貨まとめ編集部 / 896 view

仮想通貨ビットコイン急落でいい|通貨へ変貌を遂げるための“3つの局面期”

年明け早々に、仮想通貨ビットコインが急騰、暴落と騒がれています。しかし、何も問題なく、むしろ下落でいいと言い…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6698 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽