銀行ブロックチェーン始動へ、国内47行の本気度
国内の銀行連合が分散台帳の技術「ブロックチェーン」を取り込み、年内にもサービスを開始する。
従来の送金システムと比べて、送金コストを10分の1以下に抑える。

将来的には、「タダ同然」でお金を扱えるようにするとまで語っています。

昨年から「動き」「流れ」は、おおよそ公開されており、何を目的としているのかを伝えられていました。
しかし……
私も個人的に気にしており、知りたいがためにポツポツ呟いていました…「日本のメガバンクの参加はどうなの?」
伏せている銀行名もありましたが、メガバンクとは思えないような気がするけど……どこ?

ようやく現在の状況が”公開”されました。
今回が、本当の意味での「開示」かもしれませんね。

国内47銀行がブロックチェーン始動へ【本気度】

【高らかに宣言】コンソーシアム会長行:りそな銀行の中尾安志常務執行役員↓↓↓

「ブロックチェーンは実証実験から実用の段階へと移った」。

前回の発表では参加銀行42行でしたが、
最新発表では47の銀行が集結しました。

会長行りそな銀行の高らかな宣言とともに、47銀行の代表者が、
都内のホテルで開催された発表会で本気の表情を見せています。

年内には「5行をめど」(中尾氏)にブロックチェーンを経由して互いに送金できるサービスを開始するという。
スマートフォン(スマホ)のアプリを使い、会食の割り勘で数千円単位の少額送金をするなどの用途を見込んでいる。
ブロックチェーンを実用サービスで取り入れる試みは国内初となる。
従来の銀行振り込みとの違いは、送金の手数料が格段に安くなること。

具体的に「いくら」になるかは明確に伝えられていませんが、銀行の送金コストが10分の1になると見込んでいるところからも、私たち消費者側にも恩恵があるということは間違いないですね。

将来の目標「タダ同然」

将来的には「インターネット上の情報と同じように、タダ同然でお金も扱えるようにする」(沖田氏)。
インターネットの普及により、メールやスマホのメッセージを大量に送っても追加料金がかかることはなくなった。それと同様に、気軽に送金できるサービスの構築を目指す。

関連するまとめ

フィンテック(Fintech)日本金融が遅れている本当の理由|仮想通貨中核技術はこれ…

世界中で熱を帯びている仮想通貨の中核技術フィンテック(Fintech)。以前より、海外から遅れていると言われ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2927 view

逆転$を測る時代に|仮想通貨ビットコインが自由と景気を取り戻す|時計の針を戻すpar…

「仮想通貨は怪しい」そう言われていた時、すでに目をつけた強者達。「時計の針を戻すpart3」仮想通貨ビットコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1264 view

最新速報! ついに動き出した仮想通貨サービス【株式会社世界】第一弾はこれ

日本では、まだまだイメージが二分する仮想通貨。活用を開始をする企業が増えれば、次に続くサービスや参入も期待で…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2571 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽