以前より何度かご紹介しているのですが、「ピン」とこないかもしれません。
本当は、ただ“知らないだけ”で、地域では計画も導入も進んでおり、
毎月のようにニュースが流れています。

日本であれば国の通貨「円」ではなく、
地域のオリジナル仮想通貨が
カタチや呼び名を変えて登場しているところもあります。

今後10年以内に、新しい「お金」のモデルができ、
そこから更にお金の社会が一掃するかもしれません。

それは「仮想通貨」「ブロックチェーン」の登場から、
専門家たちの声が届けられ、地域で議論がなされている事実です。

In this opinion piece, Bains argues that national currencies do not work in the interests of all a country’s urban areas, predicting that soon a city will make the leap to its own, digital, currency.

この意見では、国の通貨がすべての国の「都市部の利益」のために機能しないと主張し、
まもなく市が独自のデジタル通貨に飛躍すると予測しています。

※意見を伝えているのは、財務的なインクルードを加速することを目的とした
「ブロックチェーンを利用した」アプリケーションを提供する
Bluzelle社のCEO(共同設立者)であるPavel Bains氏

Over the last 100 years, we have seen all innovation happen in cities.Cities are where people meet and exchange ideas, and opportunities in business emerge.

過去100年にわたり、私たちはすべてのイノベーションが都市で起こっているのを見ました。都市は人々が出会い、アイデアを交換する場であり、ビジネスの機会が出現します。

日本では人口減が加速し、いずれ半分近くなるであろうとも言われています。
しかし、全世界で見ると正反対。
15年後には41もの都市が人口1,000万人以上になり、
1990年以来4倍の増加となります。こうして、
2050年までに、世界人口のほぼ70%が、
100年のうちに2倍以上の都市に移り住むと想定されています。

だとすると、これだけの人口増となった巨大な都市メガシティだけでの、独自仮想通貨が必要になりうる予測がたつのです。
知っている人は少ないかもしれませんが、すでに海外では、ほぼすべての生活が都市の独自通貨で暮らせるところもあるのです。
それも何年も前からのことです。

With all the power of growth and influence emanating from cities and not from farms and villages, our model of ’one country, one currency’ is outdated.

「一つの国、一つの通貨」というモデルは時代遅れです。

I predict that within 10 years we will see the first city separate from the national currency and have its own, digital money.

私は、10年以内に、最初の都市が国の通貨とは別のものであり、独自のデジタルマネーを持っていることを予測します。

日本でも行われている独自仮想通貨「第二通貨」への議論

日本でも毎月のように流れる地方での議論。
最近の話題であれば、2月に行われた
「九州の産学官、地域金融の将来像議論」がありました。

福岡財務支局が、日本政策投資銀行九州支店や福岡地域戦略推進協議会と共同で開催した。
ブロックチェーンのIT(情報技術)を使った地域通貨の導入など、地方創生に向けて金融機関の役割を提言した。
九州の金融機関の連合体を作り、銀行版のクラウドファンディング機能や販売先のビジネスマッチング機能を併せ持つ「セカンドバンクシステム」の創設を提案するなど、各チームが新規性や独自性を競った。

また、同じく2月に千葉県舟橋市でも行われた
「フューチャーリンクネットワーク」自治体と協力、活性化支援

地域の細かな情報を集め、インターネットで配信する。魅力が伝われば人が集まり、地域も活性化する――。
地域情報のノウハウを活用し、新たな事業領域として狙うのが「地域通貨ポイント」と「ふるさと納税」だ。
地域通貨ではICカードを利用。システム導入や運用を請け負い、地域の店舗で共通して利用できるポイントを管理する。

こんなマネーもあります。
取組は2006年から始まった「ビーチマネー」
神奈川県からスタートした“浜辺のガラス片、拾えば通貨”

浜辺に散らばるガラス片を地域通貨「ビーチマネー」として使う動きが広がっている。飲食店などでガラス片を渡すと割引サービスを受けられる。
「海岸のゴミが減れば」との思いから神奈川県の湘南地域で始まり、今では全国の約140店が協力している。

取り上げれば、山のようにご紹介できます。
そして、各地方の銀行と地域が協力している取り組みも沢山あるのです。
興味や関心がないために、素通りしたままですが、実は社会は随分前から大きく変化しようとしています。

関連するまとめ

旅行業界でのブロックチェーン活用に期待|効率化の一方、仲介手数料の引き下げなど旅行業…

旅行業界でのブロックチェーン活用に注目が集まっています。ルフトハンザなどの旅行業界大手がブロックチェーン企業…

鈴木まゆ子 / 821 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。