オーストリアのウィーン「世界初」仮想通貨ビットコインバンク誕生

Vienna gets its first Bitcoin digital currency 'bank' - The Local

Vienna gets its first Bitcoin digital currency 'bank' - The Local

オーストリア首都ウィーンのダウンタウンにビットコインの売買が簡単に行えるビットコインバンクが開業した。
What is likely the world’s first dedicated Bitcoin bank has opened in the heart of the Austrian capital Vienna.

オーストリアの首都ウィーンに、世界で最初に仮想通貨ビットコイン銀行が開業しました。

場所は、ウィーンでも人気の
「マリアヒルファー通り(Mariahilfer Strasse)」ショッピング街
ここに、初めてのビットコインバンクが姿を現しています。

Customers can exchange cash for Bitcoin, and find out information about the digital currency.

顧客はBitcoinに現金を交換し、デジタル通貨に関する情報を調べることができます。

銀行内のATMでは、ビットコイン/ユーロ、ユーロ/ビットコインの両替を取り扱う。
同メディアでは「他の対面型ビットコイン売買の選択肢よりも簡単で安全にビットコインの売り買いができる」と紹介している。

このビットコインバンクを所有し管理しているのは、
2014年に設立されたドイツベルリンを拠点にする
ブロックチェーンスタートアップ企業の「Bit Trust」で、
業務の中心は決済システムや投資、コンサルティングサービスだと紹介されています。

Bitcoin relies on web-based transactions handled across thousands of computers and is used as an anonymous way to move money globally.

仮想通貨ビットコインは、何千ものコンピュータで処理されるWebベースのトランザクションに依存しており、世界中で資金を移動する匿名の方法として使用されています。

Bit Trustのマネージング・ディレクターMagdalena Isbrandt氏から

Bit Trustのマネージング・ディレクターMagdalena Isbrandt氏は、仮想通貨によるトランザクションの利点について「単純に(既存の方法よりも)ずっと早く、仲介者が必要ない」ことを挙げている。
The value of Bitcoin has been volatile since it was first launched in 2009. Like all currencies, its value is determined by how much people are willing to exchange it for.

手数料や銀行関与はありませんが、通貨を取り巻く秘密は、安定性と透明性に疑問を呈しています。ビットコインの価値は、2009年に最初に開始されて以来、激変しています。

Like all currencies, its value is determined by how much people are willing to exchange it for.

すべての通貨と同様、その価値は人々がどれだけ多くの通貨を交換しようとしているかによって決まります。

仮想通貨ビットコインでオンライン支払いをした場合は、クレジットカード決済のようにカード番号などを渡すことなく、ある程度のプライバシーを守ることができるとコメントが続いていました。

仮想通貨ビットコインの懸念材料

Magdalena Isbrandt氏が述べるように、
仮想通貨ビットコインの価格は激変しています↓↓↓

1月、ビットコインのドルに対するレートはこの1月に記録的に1000ドルにも達したことが指摘されている。

それより前にウォール・ストリート・ジャーナル紙は仮想通貨(暗号通貨)ビットコインは、金に代わる投資手段となったと報じた。
現在ウィーンには20を超えるレストランやバーでビットコインの支払い受け付けを行っている。
しかしながら、ウィーン労働会議所のChamber of Labour氏は暗号通貨の価格変動リスクやハッカーに狙われるなどのセキュリティ面から懸念を示しているようだ。

オーストリア近隣諸国の動き

オーストリアの隣国スイスでは、昨年11月から国営鉄道会社が全駅のチケット発行機でビットコイン販売を開始している。
フランス、パリにもビットコインセンターが存在し、Ledgerウォレットの開発や取引所の運営が行われていた。

ガラス張りの建物に大きなビットコインのロゴがある
ビットコインセンター↓↓↓

ウィーンのビットコイン銀行もガラス張りで、こころもち似ているような気がしますね。

各地で広がる新しい施設では、人が集まり情報を交換したり、
また購入ができる身近な場所となりつつあります。
初めての「ビットコイン銀行」は、この先の利用者や評価は、
どう伝えられてくるのでしょうか。

浸透するスピードを見ると、仮想通貨というものが、
特殊な通貨ではないという状況になりつつあると感じますね。

今後のビットコイン銀行の利用状況、メディアの注目度なども引き続き注目だ。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

コインベース仮想通貨分野初16億ドルユニコーン企業|三菱東京UFJ出資済のビットコイ…

2016年に三菱東京UFJ銀行も出資し話題になった米ビットコイン取引所コインベース(Coinbase)が、今…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9094 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽