最近は更に注目が集まっており、
仮想通貨ビットコインの相場は水を得ている状況ですね。
書籍や専門家が語ってきた通り、仮想通貨ビットコインは
本当に経済大変革を起こすのでしょうか?

仮想通貨ビットコインが経済でも話題にのぼり、
これほどまでに報道で取り上げられた資産はなかったのではないでしょうか?

過去の評判「資産として投機としての仮想通貨ビットコイン」

ご存じの通り、「ギリシャやキプロス」などで、
金融危機に陥ったときにも仮想通貨ビットコインは、
国の管理下にない自由な通貨として評判が高く取引も増加しました。

中国の富裕層にすれば、資産を人民元で持つよりも、ビットコインなら課税を逃れられるし、海外への移転も簡単なので、投機的、ヘッジ的な思惑から資金がビットコインに集まったのです。
「先進国であっても経済政策の失敗によって自国通貨から資金が逃避することはありますし、こうしたリスクをヘッジするためにビットコインを持つ人が少なくないということです。つまり、どの国家にも管理されていないビットコインの長所が、再び注目を集めているのでしょう」

仮想通貨ビットコインの特徴の中には、
法定通貨(円やドル)のように、
国や中央銀行の統制を受けず管理もされていない点が取り上げられます。
「仮想通貨ビットコインは、万一国が潰れても、
法定通貨と同じように消えることがない。」
だからこそ経済危機が取り上げられるたびに高騰してきました。

しかし、最近は「それだけ」ではなくなりました。
注目されている部分には、またもう一つの「通貨の未来」に目がむけられています。

だからこそ、仮想通貨の存在が重要になるといわれているのです。

現行の法定通貨「問題点」が浮き彫りに

まずは、現行の法定通貨の目をそむけてきた「問題点」があります。↓↓↓

「国家の後ろ盾がある法定通貨」は、じつは完全無欠ではない。
為替リスクを抑え、送金手数料も安い暗号通貨は、
「欠点だらけの現行通貨」を革新する可能性を秘めている。

仮想通貨(技術)は、法定通貨(日本なら円)の、欠点を補充できるのです。

先進国においても、国家間で資金を移動する際は手数料がもったいないので、ビットコインのようなシステムを銀行が独自につくれば、コストの削減という別のメリットがもたらされる」
ビットコインは中央銀行のような統制・管理の機関を置かず、個々のコンピュータのネットワーク上に分散したかたちで、これまでより著しく低コストで決済や発行などのシステムを効率的に構築できる。
金融機関のシステムのコスト削減だけではなく、いろいろな分野に転用できる技術で、各国で研究が進んでいるところです。

日本でIT(情報技術)と金融を融合したフィンテックに注目が集中▼▼▼

だがフィンテックの真の価値はもっと別のところにある。それは新たな技術革新が促す金融のシステム費用の低減だ。
れが実現すれば顧客が支払う手数料の引き下げにつながり、日本の金融の活性化に寄与するはずだ。

金融システム「日本の特異性」

日本が特異なのは、数社の大手ITシステム会社が金融の基盤システム開発を独占していることだ。
明確な競争原理が働いているようには見えず、結果として金融機関が支払うシステム関連費用が高止まりしている。ある国内の証券会社ではシステムにかかる費用が人件費を上回っているケースもあるほどだ。

人件費の割合というのは、売上に対して何パーセントが人件費としてあてられているか、
業種ごとにある程度の数字があります。
例えば、コールセンターであれば、当然人が対応する職種であり、
経費として多くが人件費になるのがわかりますね。
この数値が乱れると、おかしい処理なのか妥当な経費ではないということになります。

飲食業界の人件費率は平均して25%程度です。一方で、私が以前勤務していた外資系証券会社では、業界平均で売上高の約45%~50%が人件費に充てられていました。

飲食業も主にお酒を扱うところは人件費割合は半分以上になります。
ここで注目するのは、外資とはいえ、売上の半分が人件費という高い数値です。
金融機関が払うシステム費用が、仮に人件費を上回るというのであれば、
少なくみても売り上げの半分以上になるという巨額な費用だと予測されます。

しかし、仮想通貨の技術はメスを入れる

巨額なコストや設置場所の費用額など、
以前別記事でご紹介しておりますが驚く数字です。
この無駄な費用を仮想通貨ビットコインなど仮想通貨に使われる技術である
ブロックチェーンを使えば▼▼▼

この分散型のシステムを使えば、特定の基盤システムに依存する必要がなく、株式取引の清算コストが大幅に下がることになるだろう。
近年、フィンテック(IT技術を駆使した新たな金融サービス)のポテンシャルがおおいに注目されていますが、金融機関は現実のお金を仮想通貨に置き換えることで効率化を目指しているのです」
三菱東京UFJ銀行など、国内メガバンクはブロックチェーンの研究に乗り出しているという。また、世界では金融機関や企業だけでなく、政府までがこの先端技術を利用したサービスの実証実験を行っている。

仮想通貨を取り入れる金融「わたしたちへの恩恵」

システム費用の合理化が進めば投資家やサービス利用者にも恩恵が及ぶ。
日本は投資信託の信託報酬が高いことで知られるが、これが引き下げられたら「貯蓄から資産形成」を後押しするだろう。
銀行のATM手数料が割安になったりクレジットカード加盟店料が引き下げられたりする効果も見込めるかもしれない。
金融庁は金融機関にもっと顧客目線に立ったサービスを提供するように求めている。そのために必要なのは手数料の引き下げだ。フィンテックという技術革新で、今こそ日本の金融を変革すべきだ。

憶単位で動くコストが軽減されることを想像してみてください。
自分の生活に置き換えて、
収入のうちの半分以上を占めていた費用(例えば、仮に食費や家賃などでもいいですね)が、さらに半分以上(それ以上)になるとするなら?
収入30万円、食費15万円だったと仮定し、安く済む購入店があり食費が7万円になれば、どうでしょうか?
大きなインパクトになりますね。
逆に仮想通貨を逃すわけにはいかないわけです。

未来の金融は、さらに背後に潜むことが、明るみになっていないだけですね。進化という言葉しか思いつきませんが、物事には登場した意味が必ずあると考えられますね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

パソコンでご覧の方は、
スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

クレジットカードと銀行への脅威を警告| 仮想通貨の普及は長期戦だと認める

仮想通貨がただの流行りものだと思っていると大変なことになるかもしれません。“仮想通貨の存在は長期的な普及”だ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5857 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽