インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が普及し始めている。
何かSF的な未来のような響きさえあった2020年まであと3年。東京五輪に限らず、もう今から準備すべき現実として近づいている。
ビットコインの決済サービスを手がける「レジュプレス」(東京都渋谷区)によると、ビットコインで支払いができる店舗は、昨年12月26日時点で前年の4.6倍に当たる約4200店に上った。
国内でビットコインを支払いに使える店舗は2017年中にも現在の約5倍の2万カ所まで増える見通しだ。
海外では10万カ所以上で使えるなど急拡大しており、訪日外国人の増加に対応するために、小売店などが導入するケースが増えているようだ。

何度か取り上げておりましたが、
使えるお店は飲食店やバー、美容室、内装業。歯科、エステサロン。
そしてネットショップなどジャンルは問わないほどです。
電気代やガス代も進んでおり、生活の中で利用するサービスは
今後ほぼ揃うのではないでしょうか?

国内の仮想通貨取引所も各社インターネットショップを運営し導入していますが、
売上も好調だと伝えられています。
例えば、ビットフライヤーさんが運営するネットショップでは、▼▼▼

売り上げは半年間で10倍増と需要が高まっている。
ビットフライヤーによると同社のネットショッピング利用者の多くは20~50代の日本人男性という。

SFの世界はすでに現実化「本当の現代」

20年にはよく見ることになりそうな新しい風景の萌芽(ほうが)が、次々と現実に現れている。

たとえば、すでに現実化したことを読むと納得できますね。
下記の3件は代表で取り上げていますが、これだけではありません。

米ウーバーテクノロジーズの自動運転車はいくつかの街中を走り始めた。
米アマゾン・ドット・コムのドローン宅配も実験が進む。
VR(仮想現実)はゲームなどでビジネスとして立ち上がった。

アマゾンが始める究極の無人コンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」や
AIの弁護士だっています。

関連するまとめ

2社目! 仮想通貨Btcoin上場投資信託申請|SolidX社が保険備えウィンクルボ…

SolidX社がニューヨーク証券取引所に仮想通貨ビットコイン上場投資信託申請をしました!先に申請中である双子…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1971 view

かすみがうら市が自治体初“仮想通貨”で地方創生|信用通貨vs地域通貨「お金」の定義

茨城県かすみがうら市が初の自治体による取り組みを行います。仮想通貨で地方創生は、今回地域通貨(地域ポイント)…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8096 view

マウントゴックス(MtGox)社破綻時よりビットコイン5倍|債権者へコイン配当検討

MtGox社の債権者から、債権の買い集めに動いていた話もありましたが、仮想通貨が高騰し満額配当になるか、事例…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6128 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽