フィンテック(Fintech、Finance×Technology)の進歩とモバイルマネーの普及で世界の注目を集めるアフリカだが、なかでもナイジェリアはアフリカにおけるフィンテック・イノベーションのリーダー的な存在となりえるポテンシャルがある。

アフリカの中でも牽引する条件が揃っている様子が“ナイジェリア”
それは諸事情のみならずナイジェリアの国にすむ人々の気質もあるのでしょうか?
今後の仮想通貨とフィンテック市場の注目株をご紹介します。

ナイジェリアの禁止条件

2016年1月1日より、ナイジェリアの通貨であるナイラ建てのクレジットカードおよびデビットカードの国際的な使用ができなくなった。
ナイジェリアの中央銀行によるこの決定は外国為替の流動性の減少の中、外国為替の同国からの流出を遅くする狙いの中で行われた。
クレジットカードとデビットカードの海外利用の禁止とナイジェリアの輸入業者がすでに直面している障害は、ビットコイン(Bitcoin)への道を後押しする可能性があるかもしれない。すでにビットコインはナイジェリアの人々が海外から送金をするために便利な方法として浸透している。ビットコインはその他の方向への資金の流れも促進できるようになるだろう。

2016年の1月に報道されましたが、その後どのような状況かは
ハッキリ伝えられていません。
しかし、その後も仮想通貨の取引は急速に数字を伸ばしており、
国の制限にかわりはないとも思われます。

当サイトでも以前ご紹介した中に
ナイジェリアの仮想通貨取引量の伸びをお伝えしています。

「ナイジェリア通貨とビットコインが取引されており、
1269ドル相当の値を付けている。」▼▼▼

南アフリカ、ケニア、ナイジェリアの一部の人々は、ビットコインを投資先として考えているようだ。

関連記事↓↓↓よろしければ後でご覧くださいね。

モバイルマネーのトランザクション

ナイジェリアにおけるモバイルマネーのトランザクションは、2011年には月平均500万ドルだったところから2016年には月平均1億4280万ドルへと成長した。
加えて、2300万台以上のスマートフォンが普及し、1億5000万以上のアクティブなデジタル回線加入が示すように、モバイルの普及率と利用率は極めて高い。

国の状況「増え続ける人口」「起業家精神」

グローバル・アントレプレナーシップ・モニターによって行われたアンケート調査では、ナイジェリア人の85%は自分が暮らす地域には起業する良い機会があると考えており、87%はビジネスを始めるために必要な技術と知識を持ち合わせていると考えていることが明らかにされている。
ほかにもナイジェリアが有望視される原因は、人口の増加(国連の予測ではナイジェリアの人口は2050年までにアメリカを追い抜くと見られている)と、強い起業家精神を持った優秀な労働力を持つことだ。

フィンテック業界の成長

アフリカのフィンテックに焦点を当てたベンチャーキャピタルであるIrrational Innovationsは、ナイジェリアにおける成長著しいフィンテック・エコシステムの分析を行った。これらは、過去2年間で2億ドルを超える投資を受けた50社以上の企業によって成り立っている。
ナイジェリアのスタートアップのうち約37%は決済・送金のカテゴリーに分類され、32%は貸与・融資サービスを提供している。残りの31%のスタートアップは2015年以前には存在しなかった新サービスに分類される。
また、ナイジェリアではすでに数百万ドル規模のフィンテック企業が一般的になってきている。同国のフィンテック業界が成長し投資額が成長するにつれて、ナイジェリアはアフリカのみならずグローバルリーダーの一国として潜在能力を発揮するようになるかもしれない。

まとめに…

海外へのお金の移動を止めてはいますが、
仮想通貨を公的に禁止している話は聞こえてきません。
むしろ、先日取り上げた内容には、
ナイジェリア通貨と仮想通貨ビットコインの交換取引量の増加があります。

以前、あるこんな発言が取り上げられていました。それは…、

ナイジェリア国内で仮想通貨を取り扱うために、
「必要な基盤を固める狙いがみられる」というものです。そして▼▼▼

”それはもはや常識となっています。ビットコインがアフリカを救うのです!”

銀行が普及していないだけではありません。
すでにこれだけのたくさんのフィンテックスタートアップ企業が増えているのは、
国としても“必要”としていることを無言の容認ともとれます。

お金がデジタル化し、自由に送受信でき、グローバルに利用可能になるという兆候は確実ですね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

パソコンでご覧の方は、
スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

三菱東京UFJが6銀行と連携で国際送金を開始|仮想通貨の技術ブロックチェーン活用

三菱東京UFJ銀行は2018年から、仮想通貨技術といわれるブロックチェーンを利用した「国際送金サービス」を始…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9486 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽