Microsoftでアカウントエグゼクティブを務めるMartin Butler氏はビジネス向けソーシャルサイトLinkedIn上の投稿で「2017年、Excelは仮想通貨ビットコインでの数字を認識、フォーマット、計算、分析することが可能になる。」と述べている。
この変更はWindowsデスクトップ、Windowsウェブ、Android、そしてWindowsプラットフォーム全般で行われる。

仮想通貨ビットコインを公式サポートするまでの考察

While self-evident to Bitcoin users and enthusiasts, large-scale corporations, government agencies and financial institutions have avoided the term “currency” in describing Bitcoin over the past few years.

Bitcoinのユーザーや愛好家には自明ではありますが、大企業、政府機関、金融機関は過去数年間Bitcoinを記述する際に「通貨」という用語を避けています。

As such, most mainstream investors and users referred to Bitcoin as an asset, in spite of the usage of Bitcoin in various regions across the world as the global digital currency.

このように、世界のデジタル通貨として世界中のさまざまな地域でBitcoinを使用していたにもかかわらず、ほとんどの主流の投資家とユーザーは、Bitcoinを資産と呼んでいました。

しかし、昨年は特に界的な経済不安の年でした。
世界の財政が悪化し、主流の通貨が変動を重ねていました。

そして、ご存じの通り、インド、中国、ベネズエラなど、
特定の銀行券の利用停止や、陥る現金不足もあり、
また国の規制がかかり、厳しい状況が続いています。

これらの理由からも、仮想通貨ビットコインは
価値ある避難場所として選択されてきました。

投資家や一般国民は、ビットコインが通貨より安心できる場として
流通が増えた事実もあります。
「経済の不安定さを防ぐ唯一の安全な資産」となりました。

そして、結果としてすべての通貨と資産を上回り、
仮想通貨ビットコインの需要が拡大しましたね。

関連するまとめ

5社と発足「ガス代」仮想通貨ビットコインで支払い|ビットフライヤーと大手ガス会社年内…

仮想通貨取引所、ビットコイン・ブロックチェーン企業である株式会社 bitFlyer(ビットフライヤー)が、ビ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6110 view

ICO記録樹立“Braveが30秒で3500万ドル調達”|仮想通貨BAT(トークン)…

今人気とも言うべきかICOの新記録が樹立され大きな話題になっています。ブラウザ開発企業BraveはICOで「…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12251 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽